瞬間英作文とFXの勉強の仕方と小さな習慣と部屋とYシャツと私とオカンとボクと時々オトン

個人的に勉強している「瞬間英作文」、キツいねぇ。 以前は「教科書の英文をただ速く読めばいい」だけだったので楽だったが 瞬間英作文はキツい。 たどたどしくしか読めない。 日本語訳通りの英文が口から出てこない。 または、複数形なのにaを付ける、三単現のsを付けない、be動詞がなぜか2回

あなたはどこを見てトレードをしているのですか? 2

アピールしたり自分に酔って無意味な行動を始めたら、それは「死亡フラグ」なので気をつけたほうがいい。 って、僕も過去にやったんだよ。 所属していた僕のFXの先生のSNSで、自分のトレード技術向上よりも 参加している仲間の前で面白いこと言ったりとか、変わったことして 毎日日記を書くことに一生

FXブローカー選びに見る「負け組トレーダーの思考」

僕のFX勉強会ではXMを勧めている。 いろいろ理由はあるのだが、 同じ手法を共有するのなら、同じ価格データ(同じローソク足の形状)のチャートでないと解説の際に誤解が生まれるし 分析するチャート(MT4)と実際に注文を入れるチャート(MT4)は同一のほうがやりやすいし 安定して動くブローカ

FXトレーダーとしての能力を大幅に飛躍させられる聖杯「小さな習慣」

以前に「小さな習慣」を紹介した。 FXトレーダーが絶対に読むべき本『小さな習慣』 「小さな習慣」をナヨナヨと読む人は、その時点で覚悟が足りないんじゃないかなぁ、という話。 僕がやっているFX勉強会には「自習室」があって まあ、いわばオンライン自習室MyroomNeoのパクリなんだけど

トレードで「1000pipsを取ること」と「資金を2倍にすること」とは違う。

僕のやっているFX勉強会では、 デモトレードで資金を2倍にすること というのが推奨されている。 FX口座に10万円の資金を入れて、1枚(1万通貨)でトレードし だいたい1000pipsほど取るとその目標が達成される。 「1回の損失は資金の2%まで」というのを本か何かで読んだ

FXで勝てるようになるためのキーワード「諦めない」「前向き」「明るい」「変態的な検証・練習」

この方、先日からFXを休んで海外で放浪の旅に出ているとのこと。 まあ、他人のことには興味ないので自由にすればいいと思うんだけど 今日書きたいテーマというのが FXで勝てる人は前向きで明るい ということ。 上記の方が僕の勉強会に来たのが2014年の10月のこと。なので4年前。

FX手法の過去チャートでの検証ってどれくらいの期間やればいいの?

趣味でやっているプログラミングのブログがある。 整理しないまま日々アウトプット(学習)目的で書いていたので 書いてることがわけわかんない所が多いし、ブログ全体がちらかってきた。 自分の勉強のために書いているブログなので、まあいいんだけど そのうち、プログラミングを学んでいる人が「検索

FX勉強会参加者のトレード成績、チャートに張り付く人、自惚れずに、謙虚に、あとC

9月の北海道の地震・停電のときに、メールくださった方々に 大丈夫ですか!? ってメールいらねーんだよ 大丈夫、ってオマエが何とかしてくれんのか? オウ スマホの電池の無駄だから送ってくんな 感動ポルノはエセチャリティーだけで十分 みたいなことを大々的に言っちゃったので、心なしか最近

だから私は、iPad Pro 12.9インチ。(エクスペリアのCM風に) ~外出先でFXトレードにどう取り組むか

自宅以外でどうやってFXに取り組むか、というのは 特に会社員にとっては大事な問題かもしれない。 僕も昔は東京のある企業に勤めていた。 毎朝、大泉学園の自宅から渋谷の職場まで電車で通っていて、その頃は FXで大金持ちになってやる! 会社なんか辞めてやる! みたいな、中二病と

「小さな習慣」をナヨナヨと読むFXトレーダーは、その時点で覚悟が足りないんじゃないかなぁ、という話。

FXトレーダーが絶対に読むべき本『小さな習慣』 という記事を以前に書いた。 「小さな習慣」という本があり、僕もこの本に助けられたし、この本に助けれたという人も僕は多く知っている。 でね、この本の最初には この本を毎日最低2ページずつ、最後まで読み続けてください。

FXトレーダーが「勝つ」ためのルールや考え方。メンタルは必要ないけどね 2

前回の続き。 「○○しないようにしよう」は、脳にはあまり効き目は無いようだ。(少なくともある一部の人にとっては) なら、どうするか。 こう考えたときに僕の頭の中にパッと思い浮かんだのは、パリス昼豚さんだった。 この方はほぼ勝率100%の素晴らしいトレーダーなのだが トレ