読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

なぜFXだけ違うと思った? ~FX勉強会参加者のお便り紹介

  2018/09/17     

予約投稿で書き溜めていたブログ記事がようやく途切れたので、ここらでお便り紹介をする。
「8月のトレード結果」

お世話になっております。フィボトレードを習得中の***と申します。

フィボトレードを開始して1年3か月が経ちましたので、近況を報告させていただきます。

8月は29トレード(22勝7敗)で+221.9pipsでした。

8月は相場も分かりやすいところが多かったように感じます。そのため、落ち着いて利益を積み重ねられました。ただ、シナリオどおりなのにチャートが見られない状態で相場が動いてしまいがっくりというパターンが多かったようにも思います。

勉強会の皆様の報告を見て、悔しがったりもあるにはありますが、やはりそこでエントリーできるんだとか、やはりそう動くんだという確認ができ、獲得pipsというより相場の見方の自信を深められていると感じられ、落ち着いていられるようになりました。

エントリーをした場合も、近視的に右往左往することが少なくなりました。とは言え、全くないわけではなく、後から考えるとエントリーの根拠が薄い時にビビってしまうことがありました。

ただこれもエントリーの精度をもっと向上していけば解決できると考えています。独学であれば、トレードの振り返りが変な方向に暴走することもありえますが、勉強会では毎週答えあわせがあるので、矯正できます。これも毎週先生が動画を作成してくださるからです。ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いいたします。



221.9pipsが多いか少ないかというのは人それぞれではある。
月に何百トレードもしなければ気が済まない人で、1000pips以上取らなければ気が済まないようなアホトレーダーだったら

なんだこんなもん
クソ手法だな


と言うだろうね。
もしくは、小さな枚数でスイングトレードをしているんだったら、もっと取れなきゃいけないし
そもそもpipsで計算するものではないかもしれない。

うちの勉強会で推奨しているのは5分足トレードで、枚数は10万円で1枚(1万通貨)。
未熟で自信のない時期はもっと枚数を下げて良いが
月間プラスの成績が何ヶ月・何年も続いて自信をつけてきて、資金が増えたのならもっと大きな枚数でやればいい。

薄利多売はしないほうがいい。
月々何十・何百トレードもしてようやく数百pipsとか、そんなのはつまらない人生なので
上達してきたらトレード回数は少なく、チャートに縛られる時間も少なく
効率のいいトレードスタイルに移行していったらいい。
そういう「わかってる」トレーダーだったら

素晴らしい!
専業14年目のしがないFXトレーダーよりすごいですね!


と、今日紹介した人の結果を見て言うだろうね。


FX勉強会に入会して1週間とか半月とか数ヶ月で「チャートを見てもよくわかりません」とか言う人がいる。

いやいやいやいや、それはアンタ、当然だよね。
アンタの今やっている仕事を思い出してご覧よ。主婦だったら家事とかパートを思い出してもいい。

働き始めて1週間で、周りの先輩方より満足に働くことができますか?っての。
とにかくわけわかんないから周りの人たちに聞くよね。
「これで大丈夫かなぁ」と不安になりながら日々働くよね。
で、人によっても違うとは思うが半年とか1年くらい経ってようやく「慣れてきた」ってなるよね。

なぜFXだけ違うと思った?

アホなのか?
という人が多いんだよね。
FXだって仕事なんですが。ワタシ、FXトレーダーという「仕事」をしているのですが。

ナメてんのか、と。


まあ、そういうアホウが多い中
今回お便りを紹介した人は、1年3ヶ月頑張っている。

もう1年も前になるが

-773.6pipsでした~

なんて成績の時期もあった。
そういう間違いは成長の過程であるのは当然で、徐々に徐々に成長し、安定した成績になってきている。

ロクに努力もしないで1ヶ月とか数ヶ月で結果が出ないと嫌、という根性なしの奴らは
即、勉強会から出ていくか首吊って死んでほしいね。






登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
   
  -  お便り紹介, オススメ記事

「FXで勝てません、辛いです」の人の思考回路と処方箋、あと、この世の全ての不幸の元凶

  2018/09/14     

FXで勝てません、辛いです

って言ってる人間には主に2つの原因がある。

1つは素人の独り善がり手法でやっていること。
こういう人は「しがない」のように専業14年ですとか言っていても、地獄のような毎日を送っていたりする。
年数だけ立派でも実力が無けりゃどうしようもない。
素直にプロに弟子入りして学ぶしかない。(学ぶしがない、なんつって。)

もう1つは「目先の勝ちしか見てない」という人。
もうね、

勝ちたい勝ちたい勝ちたい勝ちたい
どうしても勝ちたい
ルール違反してもズルしても何でもいいから、とりあえず勝ちたい!


みたいに、まるで子供。幼稚園児。

そういう人ってね、例えば月々プラマイゼロとか、数pipsの微益で終わったとしても
感謝とか喜びをそこに見出すことはできない。(実力不足のくせに)
月々何百pipsも勝たないと満足できない。気が済まない。(実力不足のくせに)
努力を一歩一歩積み重ねていくことができない。(実力不足のくせに)

これも僕がいつも言う「素直さの欠如」の一つだと思うんだけど、ほんと、目先の勝ち負けしか見ていない。

FXに限らず、この世の全ての不幸の元凶というのは「すぐに○○にならないと嫌だ」という気持ちだと僕は思う。
例えば、僕が趣味でやっている英語とかプログラミングの学習。
これらを勉強し始めたとき、もう1年とか1年半前になると思うんだけど、あまり進歩しなかった。

すぐに上達したいと思って効率のいい方法(自己流)を探したり
この教材はダメだとすぐに他のものに乗り換えたり
すぐに上達したい! としか考えていないから、とにかく面白くないし長続きしない。
努力すること自体をすぐにやめたり、勉強に身が入らなくなる。

とにかく目先のことしか見えてなかったんだよね。
ブログでいつも偉そうなことを言っている僕でも、しますよ、そういうミスは。いっぱい。たくさん。

で、自習室に出会って、しばらく続けてみて、今ではFX勉強会内で自習室を自作してそこで活動したりして
「1日30分を続けなさい!とか小さな習慣と出会って「継続による成長の複利」の考え方に触れた。
あと、英語とかプログラミングの良い先生と出会えたことが良かった。
そこから急激に学習の仕方や理解が変化した。

素直じゃない、目先のことしか見えていない、というんだったら無理だよ。いつまで経っても成長はしない。

最初はそれでも仕方ない。にんげんだもの。
でも、試行錯誤して、いろんなもの・人・考え方と出会って
で、反省して工夫して自分を変化させていくのが大事なんでしょうに。



例えば

FXでメンタルトレーニングは必要ないけど、自分と向き合うことは必要。


この人。

うちの勉強会に入れば効果的な勉強法や、効果的な手法は教えてもらえる。
でも入会時の「ブログに感銘を受けました!」って言葉に上っ面の情熱しか感じない。

その後の取り組み方を見ても能動的に参加しないし、まるで僕の昔のコレクション時代を見ているようだ。

恥ずかしいね。それじゃあ「口だけ人間」だよ。






登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
   
  -  FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

PAGE TOP