読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

「 トレード手法など 」 一覧

水平線の意味

  2014/03/01     

2014-03-01_062012


水平線の勉強会をしています。

その中で、質問があったので記事として書きます。
水平線の意味、つまり「なぜその水平線が効くのか」についてです。


先日から書いているとおり、
うほっ、シンプルないいルール! ~波と水平線、ダウ理論①
うほっ、シンプルないいルール! ~波と水平線、ダウ理論②
うほっ、シンプルないいルール! ~波と水平線、ダウ理論③
うほっ、シンプルないいルール! ~波と水平線、ダウ理論④ パリス昼豚さんの手法と同義


まず、ルールとして

2014-03-01_062521
こういうところに線を引きます。
ローソク足が集まって凹んだ部分です。


ここを虫眼鏡でじっと見つめると、

2014-03-01_062556


さらに顕微鏡で見ると、

2014-03-01_062630

ネックラインになっていることが分かります。

短い時間軸での波がたくさんできている部分です。




ラインの引き方には、一般的に水平線の他にトレンドライン・チャネルラインもあると思います。

しかし、斜めの線というのはいろいろなところに引けてしまいます。
引く人によって角度が数度ズレてしまうと、まったく異なる線になる可能性があります。

なので、個人的にはトレンドラインは水平線より習得が難しいと考えます。




登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
   
  -  トレード手法など

ポンドはお嫌いですか?

  2014/02/28     

専業トレーダーになって1年以上経ちました。

何年も、何十年も相場に関わっている方に比べたらまだまだヒヨッコですが、
それでも自分なりのスタイルは固まってきたように思えます。

数ヶ月前までは、1日30pipsも50pipsも100pipsも、取れるだけ取らないと気が済みませんでした。

最近は1日10~20pips取ったらそれでOK。
それなりの枚数を掛けて、短時間で仕事を終わらせるようになりました。
トレード以外のことに多くの時間を使っています。

以前は「トレードを極めよう」みたいな気持ちがありました。

でも今は、トレードは仕事であり、お金を稼ぐための手段でしかないと思うようになりました。


で、今回話したいのはこんなことではありません。
単に昨日のチャートについてです。

昼間は全然相場が動かなかったのですが、GBPUSDでチャンスがあったので仕事を終わらせました^^

2014-02-27_211709

きっちり5分足2本分で、約20pipsです。

しかも気持ちいいくらい「止まるべきところ」で止まっています。

昨日、ツイッターで「ブログで読んだ水平線でピッタリ止まりました」というコメントをいただきました。
なんか嬉しいですね^^


その後は外出し、お酒を飲み(笑)
帰宅すると円絡みの通貨ペアが下げているところでした。

仕事はもう終わっていますし、お酒が入っているのでチャートを見ているだけでしたが
同時にツイッターを眺めていて気づいたことがあります。

*ドル円、まだ下に行くのか?
*EURUSDショート。
*ユーロドルとユーロ円利確。
*ドル円TP刺さりました。
*AUDJPYが…



あ、あれっ、ポンドは? みんな、ポンドはやらないの??

複数時間軸で通貨の強弱を見ていると、
明らかに円がもっとも強く、ポンドがもっとも弱いと出ていました。

パワーバランスが最強のGBPJPYショートをなぜやらない? とPCの前で勝手にブツクサ言っていました^^;

EURJPYとGBPJPYのチャートを比べてみると、

(EURJPY)
2014-02-27_205504

(GBPJPY)
2014-02-27_205453

微妙な差かもしれませんが、GBPJPYのほうが直前で明確に上値を抑えられています(赤線)。
「止まるべきところ(=ターゲット)」の根拠も若干明確なように見えます(青線)。

これは4時間足なので、足1本分+ヒゲが取れてオイシイところですね。



「ポン様をもっと愛してあげて」キャンペーン実施中です。






ちなみに、僕の好きな通貨ペアはGBPCHFです^^







登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
   
  -  トレード手法など

PAGE TOP