【重要】FXのエリオット波動で最も再現性のある手法はコレ【簡単】

FXトレーダーにとってエリオット波動を学ぶことは必須。

僕が教えるルールを覚えれば再現性が得られる。

難しいことは一切言わない。簡単。

FX勉強会で教えている、多くの人に結果が出ているやり方。

FX初心者でも覚えられるルールなので、トレードで手軽に使える。

だから今回教えるエリオット波動、安心して相場の中で使おう。

【超シンプル】FXで再現性のあるエリオット波動

超簡単な基本中の基本

チャートの中にこの形があったらエリオット波動。

手軽に簡単に使える手法だと再現性が生まれる。

難しいこと考えない。

まずは「難しいことを考えないで暗記して覚えてしまおう」。

番号を書く。

これも簡単。

エリオット波動は0~5までの番号をチャート(相場)の中に書く。

そして、それぞれの波を1波、2波、3波、4波、5波と呼ぶ。

ここまでがエリオット波動の基本中の基本。

超簡単な基本

3波と5波は上にグイグイと伸びていきやすい。

だから、買うんだったら3波か5波がお勧め。

もし5波で買うなら、決済は3波の高値にしよう。

5波から上は「伸びていくかわからないから」。

危ないから、基本的には3波の高値で決済する。

あと、エリオット波動で覚えることは1つだけ。

4波の安値は1波の高値で止まることが多々ある。

以上。

これだけ知っていれば、今回僕が教える「再現性のあるエリオット波動」の話は全て理解できる。

再現性のあるエリオット波動を実際のFX相場で試す1

今回のエリオット波動、全景

これが実際のチャートの中でのエリオット波動。

この形が相場の至る所に出てくる。

1時間足でも4時間足でも5分足でも、至る所に。

だから、この形を覚えておくと再現性を得られる。

まずは「1波」の部分から見ていく。

1波

まずは1波の部分に注目する。

上の画像の0番が、下の画像のようにチャートの右側に来る。

リアルタイムでは↑こんな感じで1波の安値が見える。

リアルタイムでチャートを見たとき、「ここから1波が発生する」って予測できる?(笑)

無理だよね。

無理なことは悩まない。

1波の部分は、エリオット波動を使ってトレードする相場では無い。

さっき「お勧めは3波と5波での買い」と僕は言った。

エリオット1波での買いは難しい。

今回は一応、1波で買うためのチャート分析を説明しておく。(難しければ読まなくていい。)

4時間足

上昇か・下降かの2択なら、まあ上昇相場と言える。

しかも現在値の直前で「買いやすいように」値下げしてくれている。

しかも、最安値・最高値でフィボナッチ・リトレースメントを当ててみる。

50%がピッタリまで落ちてきている。

しかも、僕がこの相場をリアルタイムで見ていたときトレンドラインを引いていた。

ちなみに、トレンドラインの引き方については僕のyoutube動画を見るとわかりやすい。

5分足

4時間足では「様々な根拠」が重なるポイントまでレートが落ちてきていた。

そこから5分足がビヨ~ンって一直線に急上昇した。

急上昇の根っこで買うことができるだろうか?

無理だよね。

無理なことは悩まない。

上昇したら、その戻し(下げ)から「乗っていけばいい」。

上昇の押し目買いのタイミングは、エリオット波動的な考え方で掴める。

5番まで数える。

下降しないのを確かめたら買えばいい。

僕のFX勉強会参加者のトレード報告を貼っておく。

エリオット波動的な考え方を使って再現性のあるトレードができる。

サッサと20pips抜いて終了する。

デイトレーダーは1日20pips安定的に取れれば専業になれる。

僕の説明、結構カンタンでしょ?

2波

次は2波。

リアルタイムのチャートで見ると↓こんな感じに見える。

リアルタイムでチャートを見たとき、「ここが2波です」「次に3波が発生します」って予測できる?(笑)

無理だよね。

だって1時間足だけ見ていたら、ここは単なる下降トレンドだよね。

1波と同様に、2波もエリオット波動関係なしで売るシナリオを考えてみる。

1時間足

先程、1波で買った。

20pipsゲットした後、上昇した。(0番~1番)

1波がドコまで上昇するのかは誰にもわからない。未来のことだから。

だから、当てずっぽうで売りをするのは危険。

よって、FXの基本中の基本「戻り売り」を行う。

相場が実際に下げたのを確認して、その戻しから売ってやる。

これが一番簡単。一番安全。

5分足

1時間足で見た「下降の戻し」を5分足で見てみる。

大きく下降して、戻した(上昇した)。

戻しから売りたいんだけど、値動きがグチャグチャで売るべきポイントがよくわからない。

これが実は、エリオット波動2波の特徴。

「チャートがグチャグチャ」。

上に行ったり下に行ったり落ち着きが無い。

そういう所で、トレーダー自身も落ち着き無く手を出してしまうと大損する。

値動きをしばらく見ていると、チャンスは必ず訪れる。

5分足で大きめの下降が発生した。

そこから戻した(上昇した)。

しかし、直前高値を超えられない。

ここでいつもの「3度目の正直」の形が出た。

そして、5分足200MAで止められて下降。

3度目の正直に関しては↓この動画を見ればいい。

使ったのはエリオット波動ではないけれど、再現性のあるポイントから売れる。

20pips取れれば十分。

再現性のあるエリオット波動を実際のFX相場で試す2

3波

エリオット波動は3波以降が「本番」。

ここから、エリオット波動による再現性のある手法が得られる。

2波と3波の境目を5分足で見てみる。

2波は横ばい・ジグザグ。2波の特徴が出ている。

そこから3波が垂直にバイーン!

ここでFX初心者は次のように思う。

  • 3波買えなかった…
  • トレードチャンス逃した…
  • FXって難しい…

しかし、さっき僕は言った。

「上昇の根っこで買わなくていい」

「上昇したら、その戻し(下げ)から乗っていけばいい」

上昇したら、その押し目から買うチャンスをワクワクしながら待っていればいい。

押し目には複数のパターンがある。

さっき紹介したように、エリオット波動的なカウントをするもの。

しかし、今回はこのパターンでは無いようだ。

今回は「3度目の正直」を使う。

3回、相場が「下に行けません」という形が出たら買う。

20pipsを抜く。

もしここで買えなかったとしても大丈夫。

同じ押し目買いを、この先の相場でもすればいい。

高値抜けたのを確認する。

エリオット波動的な押し目を確認する。

そして買う。20pips取る。終了。

あの有名なエリオット波動さん!?

今トレードしたのはエリオット波動の3波の部分。

1波と2波は「よくわからなかった」。

でも、3波でグイグイと伸びてくる相場になると、みんな「気づく」。

アナタはもしかしてあの有名なエリオット波動さんですか!?

マジパネェっす、サインください!

今いるのはエリオット波動内で最も美味しい3波。

先程説明したのと同様に、グイグイと伸びてくるタイミングで押し目買いを繰り返せば利益になる。

それと同時に。

現在3波なのだから、そのうち4波がやってくることも予測できる。

エリオット波動は3波以降が簡単。

再現性がある。トレードしやすい。

4波

4波の部分を拡大して見てみる。

3波上昇から、少し大きめに下げた。

そして上昇したんだけど高値超えられない。

ここで気づく。

「あれ?エリオット波動4波なのでは?」

4波の特徴は2波と同じ。「ジグザグで落ち着きのない動きをする」

だから4波では手当たりしだいにテキトーにトレードしないこと。

一番安全なのは4波はやり過ごして5波の上昇を狙うトレード。

しかし4波でも一応トレードはできる。

現状、1時間足はこのような値動き。

ここからのシナリオ(未来予想)は容易に立てられる。

小さな下降の5番(5)で買うのが最も再現性ありそうだ。

が、その前に4番(4)で売れそうじゃないか?

(4)を5分足で見てみる。

5分足で大きめに下げた。

そして戻した(上昇した)。

しかし直前高値を上に超えられない。

そこから再度落ちてきた所で、FXの基本中の基本「戻り売り」をすればいい。

値動きをちゃんと見ることで、エリオット波動手法の再現性が得られる。

5波

今回のメイン、5波。

エリオット波動の5波はFX初心者でも取りやすい。再現性がある。

4波が(0)~(5)のような動きをするのでは?

しかも、僕は最初に説明した。

「4波の安値は1波の高値で止まることが多々ある」。

今まさに、そのような状況になっている。

ということは、ドコから上昇5波が来るのか、だいたい予測はつく。

では(5)の部分を5分足で見てみる。

これまで僕が教えた「基本のやり方」でトレードすれば良い。

5分足で1・2・3と3回落ちないのを確認して買う。

超絶簡単。

もしくは、その後の1時間足の相場。

4波のジグザグ(0)~(5)が予測以上に長く続いた。

で、その後の局面。

上昇の根っこから買えたのなら僥倖。

しかし先程、上昇した先で買う方法も紹介した。

エリオット波動的に押し目をカウントして買う。

エリオット波動を理解して、その中でFXの基本中の基本「押し目買い・戻り売り」をやる。

そうすると再現性のあるやり方が得られる。