【FXで勝てない理由をズバリ!教える】大事な「2つの経験値」のお話。

ぶっちゃけ言う。

僕からFX習って「すぐに勝てるようになる人」もいれば「すぐに勝てない人」もいる。

↑これ、スゴいでしょ?(笑)

初心者でFX始めて最初の1~2数ヶ月は月間50pipsとか100pipsの成績だった。

で、その後は月間500pips、1000pips取れるようになっている。

一方で1年勉強しても勝てません、って人もいる。(可愛そうだから画像は載せないけど)

なぜ、FXで勝てる人と勝てない人が出てくるのか?

僕が気づいちゃったことがあるので今回は教えるね。

【大前提】を踏まえないとFXは一生勝てない

イ●フォトップから足を洗いなさい

まず、大前提。

インフォ●ップとかのFX商材はいくら買っても勝てるようにはなれません。

インフ●カートでもゴ●ジャンでも同じです。目くそ鼻くそです。

僕も昔、FXの修行時代にはFX商材をたくさん購入した。

が、あんなものは買う価値が1円もない。ただのクソだ。

FXで勝てない人は、勝ててる専業トレーダーを探して「教えてください」と弟子入りしよう。

それをしないことにはアンタ、どーしよーもない。

まずは「ちゃんと勝てるFX手法(武器)を持つこと」だよ。

FX学習は「数」と「時間」が命

先日、

↑ここでも書いたけどさ。

FXで勝てない勝てない言ってる学習者ってのはサラリーマンが圧倒的に多いわけだ。

サラリーマンってのは社畜なわけだ。

人にこき使われて「疲れた疲れた」言いながら毎日帰宅する。

で、帰宅後にFXの勉強を毎日するか、といえば、ほとんどの人が「しない」んだよ。

今日は疲れた、明日も疲れた。

平日は疲れてるからサボろう。

土日は休みだから何時間か多めにやろう。

これじゃダメ。

FX学習も、中学生高校生がやってる受験勉強も同じです。

1時間しかやってない人と100時間勉強している人では、そりゃ100時間やった人のほうが「強い」に決まってる。

だから、FXで勝てない勝てない言ってる人は、まずは毎日コツコツと努力することから始めよう。

アンタこのままでは一生負け組でミジメな思いをするんだよ?

今日から「最低1日1時間」「毎日」FXの過去チャート検証をしよう。

とにかく、勉強した分だけトレードで勝てるようになる。

過去チャートでの検証を100時間したら100時間分「勝てるようになる」。

過去チャートでの検証を10000回したら10000回分「勝てるようになる」。

それ以外の魔法のような上達法は無い。

努力したくなければ、大損して手痛い目に遭わないうちにFXは諦めるべきだ。

そのほうが「そこそこ」楽しい人生が送れるはず。貧乏でカネが無くても。

逆に、もしこのブログを読んでいるアナタが毎日コツコツとFXの勉強を続けているなら、いつか必ず芽が吹き花が咲くと思うよ?

まあ頑張ってくれ。

【重大発表】頑張ってるけどFXで勝てない人

FXで勝てる人・勝てない人

上記前提条件はクリアしてるんだけど

3ヶ月で勝てました!

1年経ってもFXで勝てない!

が出てくる場合が多々ある。

例えば以前にyoutubeで紹介した

こういう人たちとかね。

初心者でFX学び始めて、なんかスンナリ勝てちゃった。(本人たち、努力はしてるんだよ?)

一方でなかなか芽が出ない人がいる。

これ、どうしてなんだろう?って僕はずっと理由を考えていたんだけど、2つ、わかったことがある。

実は素直じゃ無い

僕は2013年のFX勉強会立ち上げ以来、ずーーーーーーーーーーっと言ってきた。

「FXは手法も大事だけど、学び方も大事」だと。

FXを学ぶ人ってアレンジが好きなんだよ。

FX学習者の9割は何らかのアレンジをする。

いわゆるメシマズ嫁ですよ。

何にでも自分のアレンジを加えないと気が済まない人。

例えば、自宅で美味いメシ食いたかったら、今流行りのクックパッドを見ながら料理を作ればいい。

書かれてる分量と時間を正確に守れば誰でも美味いメシが作れる。

でも、メシマズ嫁というのは「アレンジしないと死んじゃう病」なので「余計なこと」を必ずする。

濃い味が好きだからと、塩と醤油を3倍量入れちゃう。

だからマズいメシになるんだよね。

FX界隈はお料理業界よりさらに酷い。

みんな自分のことを天才カリスマトレーダーか何かだと思ってるんだから。

5年10年負け続けてるクソトレーダーのくせに。

で、例えば僕からトレード手法をAを教わったとして、自分なりのアレンジを加えてA’を相場で実行する。

あるいはさらにアレンジを加えて、全く異なる手法Bを作り出してトレードする。

僕が「Aをやれば勝てますよ」って言ってんのにわざわざ勝てないA’とかBをやりたがる。

何にでも個性を発揮して自分独自のことをやるのが正しい、って思い込んじゃってるんだろうね。

で、余計な移動平均線入れました、ダウ理論で相場見てるんです、ラウンドナンバーインジケーター入れました、つって年中勝手に「勝てません勝てません」で苦しんでる。

専業トレーダーの僕から見るとアホとしか思えないような人が、なんとFX学習者の9割ですよ。

まずは先生から教わった通りのことをやりなさい、っての。

アレンジを加えずに。

もしくは一見素直に学んでいそうな性格の人でも、頑なに何年も自分なりのやり方に拘ってる人がいる。(誰とは言わんけど)

それじゃあFXで勝てないでしょう。

もしくは、勝てるようになるまでに時間がかかる。

「学習の準備」の経験値が貯まってない

僕が最近気づいたことがね、「学習の準備」の経験値、という考え方。

僕は、何年か前に出会った英語の先生の影響で瞬間英作文ってのを毎日やっていた。

1200の例文を覚えるのに通常なら半年くらいなのに、僕は2年かかった。

単にやる気が無かったんだよね。

アタシTOEIC980点よ!英語ペラペラよ!みたいな、英語だけ喋れてもアタマ悪そうな女、よくyoutubeにいるじゃん。

英語が喋れても偉くも何とも無い。

そもそも日本人には英語は必要ないと僕は考えているので。

英語ペラペラでもアタマカラッポで貧乏で可愛そうな帰国子女みたいな奴はゴマンといる。

僕にとって英会話は「10年後に習得できたら面白いな」という単なる趣味なわけだ。

で、2年、学習を細々と続けると、ある日突然変化が訪れる。

毎日200個近くの例文を学習しても全く嫌にならない。

それを何ヶ月続けても嫌にならない。毎日続けられる。

効率のいい自分に合った学習の進め方がわかってくる。

そこから、なんだよね。僕の快進撃は。

これまでの2年間でモタモタ行っていた学習を、今では30倍速くらいで毎日進めている。

さっき僕は「FX学習は”数”と”時間”が大事ですよー」と言った。

学習はやったらやった分だけ上達する。

でもね、人間には2つのゲージがある。

最初に貯まるのは「学習の準備」のほう。

で、「毎日続ける」とか「勉強のやり方がわかってくる」。

そうやって学習するための準備が一定量整うと

ようやく本命の「英語上達」のゲージに経験値が貯まってくる。

ここからが「上達」なわけだ。

僕はもともと学習の仕方が非常にヘタクソな人間。凡人オブ凡人。凡人オブザイヤー。

英語だけじゃ無い。

10年以上前のFXの修行時代にも、周囲の仲間は1年で卒業していくのに僕だけ3年近くかかった。

何にでもこの法則が当てはまるわけだ。

「FX上達スピードが異常な人」の正体~勝てない人がすぐ勝てる

僕のFX勉強会で学んでいる人を見ていて、トレードスキルの上達スピードが異常な人を見かける。

え?3ヶ月でもう月間数百pips取れてるの?みたいな。

ビックリを通り越して、ちょっとした嫉妬の感情が生まれるよね(笑)

そういう人の正体は何なのか?って僕は長年疑問を抱えていた。

で、

↑コレ、なんだよね。

僕みたいな要領が良くない人ってのは、「学習の準備」ゲージがゼロの状態から始まる。

しかも学び方が悪いもんだから、なかなか100%貯まらない。

サボって毎日勉強しない、余計なアレンジはする、すぐ他人と比べる、素直に学べない、意固地。

だからトレードスキルが上達するまで嫌になって諦めちゃう人も出てくる。

そりゃあ、FXでお金稼ぐなんて一生ムリですよ。

過去の僕と同じように

こうなんだから。

FXのトレードスキルが上達する以前の段階。

で、ようやく学習の準備が整ったとき

アナタの快進撃がようやく始まるわけだ。

トレードをすればするほと、過去チャートの検証をやればやるほど、上達していく。

逆にね、最初から勝てちゃう人って

この状態からFXの学習が始まってるんだと思う。

すごくいい人生の歩み方を、これまでしてきたんだろうと思う。

素直に人の言うことが聞けるとか、粘り強く毎日勉強が続けられるとか、物事を深く考察できるとか。

FX学習の準備がすでに出来ている状態の人。

じゃあ、僕が「勝てる」手法を与えたら

グングン伸びていくのはアタリマエだよね。

僕は今回「2つのゲージ」で説明した。

でも、人によっては別の説明をする人もいる。

努力の壺と言う人もいれば、先日の僕みたいに成長曲線と表現する人もいる。

表面上は異なる表現でも、根っこでは全て同じことを言ってるんだと思うよ?

一言で言えば「四の五の言わずに素直に努力し続けなさい」って超絶ツマンナイ言葉になるけど。