【痛快】FXフィボ61.8だけで専業トレーダーに ~勝てなくて苦しい人へ

FXで勝てなくて苦しんでる人は簡単なやり方「だけ」やればいい。

フィボナッチリトレースメント61.8%だけを使う。

それで専業トレーダーになれる。

FX勝てない!苦しい!の人【フィボ61.8「だけ」使えばいい】

【簡単】相場全体を眺めよう

まずはチャートの環境認識から行う。

セックスするなら前戯から、告白するならお友達から。

ちゃんと段階を踏まないとFXトレーダーも失敗する。

チャート分析に苦手意識を持っている人は多いと思う。

大丈夫、簡単で楽なこと「だけ」するから。

ポンド円1時間足。

誰がどう見ても上昇トレンド。

当てずっぽうで売っちゃダメ。

上昇トレンドなんだから売り場より買い場のほうが多いに決まってる。

例えば、買いのポイントが30個あるとしたら売りのポイントは3個くらい。

じゃあ、買いと売り、どっちが勝つ確率が高いですか?って言われたら、そんなの小学生でも答えられるよね。

だから当てずっぽうで売っちゃダメ。高確率で負けるから。

4時間足を見る。

例えば、「ここ」。

相場には「前回落ちた所は次回も落ちやすい」という性質がある。

他にもあるでしょ?

だから、そろそろ落ちるのかなぁ?って考える。(必ず落ちるわけじゃないけどね。)

【超大事】波を見よう

1時間足に戻る。

上昇トレンド。

上昇トレンド!ってだけじゃなくて、もっと値動きを細かく見ていく。

そうすると、FXでお金を儲けるためのヒントが見つかる。

急に落ちたのが急にグイッと上昇して戻された。

つまり、上昇の力が強い、ってのがわかるよね。

その直後に少し下げたんだけど、同じように急激に上昇した。

さらにその後。

最安値からの上昇に比べて戻し(下げ)が極端に少ない。

これらのことから、この相場は上昇の力が「とても強い」ってことがわかる。

だから「売っちゃダメ」なんだよ。

さらに、チャートに1本の線を引く。

それを平行にズラす。

次の上昇も同じ角度で上昇しているのがわかる。

つまりここの相場も上昇が強いんだよね。

問題はその後だ。

角度が浅くなってきた。

しかもここ、「例のアレ」があるんだよ。

1・2・3の「3度目の正直」。

「もうこれ以上上に行けませんよ~」の形。

しかもしかも、さっきの4時間足を思い出して!

相場のこの局面は

前回落ちた所。

次回(つまり今回)も落ちる可能性が高い。

さあ、フィボ61.8の出番

今の相場を1時間足で見よう。

小さい下降にフィボを当てる。

A:一時的に61.8%を上抜けたが、B:その後露骨に61.8%で抑えられた。

この部分をさらに5分足で見てみよう。

ここにも「例のアレ」がある。

1・2・3の3度目の正直。

じゃあここで売っちゃえばいいじゃん。

うちのFX勉強会の人、エントリーポイントが3人とも全く同じ。

(利確はどーでもいい。勝てばいいので。)

追撃!

ここの売り、「難しいなぁ…」と思う人もいる。

というのは、

山のテッペンからの売りになってしまうから。

まだ下げてない所で初動を掴むのは難しいし、けっこう勇気がいるんだよね(笑)

でも全然大丈夫。

FXの基本は「押し目買い・戻り売り」なので。

実際に下げたのを確認してから戻しを待って売ればいいと思わない?

そのほうが簡単だよね。

しかもこの局面というのは

思いっきり61.8%が効いている。

じゃあ、そこで売ればいい。

「億」トレーダーになる「簡単な」流れ

ここまでチャート分析をしてきた。

FXで勝てなくて苦しいなぁ…と思ってる人は、今教えた通りの流れでやってごらんよ。

まずは環境認識。

4時間足とか1時間足の値動きを見る。

「上昇が強いのかなぁ」「下降が強いのかなぁ」と考えてみる。

買いか売りかが決まったら、あとは5分足を見てフィボナッチ61.8%を使う。

特に難しいことを考えなくていい。

毎回この流れでやればいい。

簡単でしょ?

FX、絶対勝てない!勝てるわけがない!の人【裏技】

裏技!

今回は大サービス。

この後の相場も解説するんだけど、裏技を教えちゃう。

ここがさっき売ったポイント。

で、その直後の値動き。

下降に対して61.8%に達してないんだよね。

「なんだよこの手法全然使えねーじゃねーか」と思うかもしれない。

さっきから説明してるように、エントリーポイントというのは1時間足だけで決めているわけじゃなかったよね?

最終的には5分足を見て細かく、的確なポイントで売っていた。

じゃあ5分足を見てみればいいじゃん。

5分足のこの付近で一番目立つ山はドコか?

ここだよね。

じゃあ、この山をどうやって使うんでしょうか?

って言ったら、僕のブログとか動画を見て勉強してる人だったらもうわかるよね。

フィボナッチエクスパンションを使う。

161.8%がピッタリ効いている。

しかも!

例の、あの伝説の、あの形が出ている。

じゃあここで売ればいいじゃん。

なんとカンタンなんだろうか!

ちなみに、エクスパンションを使う山について

こっちじゃダメなの?

って不安になる人もいるでしょ。

大丈夫。

何ら問題にはならない。

追撃!

さらにトレードは続く。

さっきと全く同じことをする。

ここの売り、「難しいなぁ…」と思う人もいる。

というのは、

1時間足の61.8%との間に隙間が空いちゃってるから。

売るのに躊躇する人は出てくると思う。

でも全然大丈夫。

FXの基本は「押し目買い・戻り売り」なので。

実際に下げたのを確認してから戻しを待って売ればいいと思わない?

そのほうが簡単だよね。

しかもこの局面というのは

思いっきり61.8%が効いている。

じゃあ、そこで売ればいい。

考え方はいつも同じ。

いつも同じにやればいいから簡単。

簡単だから誰でもトレードで勝てる。

【総復習】フィボ61.8%窓埋め手法からの

別の相場を使って今回の内容の総復習をしよう。

さっき売ったポイントからだいぶ下げてきた。

お待ちかねのフィボナッチ61.8%。

ちなみにここ、気づいたかな?

「前回上昇した所は次回も上昇しやすい」の法則に当てはまっている。

では5分足で買えるかどうか確認してみる。

これはちょっと早い(笑)

61.8%タッチですぐ買い。

ここは週明けすぐの所なので相場が安定しない。スプレッドが広いとかいう問題もあるだろう。

窓埋め手法ってのがあって、「空いた窓はいつか必ず埋まる」みたいな。

61.8%も何も見ずに素人が窓埋め手法をやってしまうと危ない場面。

「いつか埋まる」って言っても、埋まるのが1年後だったら話にならんから。

じゃあどうするかといえば、その後61.8%に「ちゃんと乗っかってきました」と。

しかも1・2・3のおめでたい形が出ています、と。

そこまで確認してようやく買えば、安全なトレードができる。

こんな感じで。

もしくは、買いのチャンス逃した!の人はその後で押し目買いをすればいいんだったよね?

こう。

苦し紛れにあれこれ余計なものを使わなくていい。

フィボナッチ61.8さえあれば、FXで大金を稼ぐことができる。

物事はシンプルに考えよう。