【公開処刑】FX専業トレーダーが初心者に愛のチャート添削をしてみた

安定して勝てない初心者のFXトレーダーはプロ(ちゃんと稼げてる専業トレーダー)の指導を受けるのが一番。

今回、ツイッターで募集して3名のチャート分析を添削した。

チャート分析というのは、僕がお勧めしているCS(ケーススタディ)というトレード練習法。

3人とも、僕がいつも教えている基礎基本から「かなり」ズレてたのでヤバい!

ものすごく細かく添削しといたから何度も見て勉強しよう。

FXってのは地道にマジメに学んでいれば・・・

僕のFX勉強会に所属しているSさんのように、1年前は超恥ずかしい負けトレードをしていても

1年後には月間600pips勝てました!

と笑って言えるようになるはず。

専業FXトレーダーが初心者のチャート分析を無料添削してみた1

この方のCS

ポンド円2019年6月26日。

日足:直近上昇のフィボナッチ78.6%まで落ちてきた。

4時間足:下降トレンド。下降の先っぽなので売りは危険。日足の78.6%で買えるかも。

1時間足:レンジっぽいのでレンジ下限78.6%で買いたい。トレンドライン引ける、フィボナッチエクスパンション161.8%も効いているように見える。

5分足:200MAに乗っかって何度か止まった所で買い。利確はフィボナッチエクスパンション161.8%。

添削:CS以前

CS(つまりチャート分析)をやる以前に、改善したほうがいいこと・間違っていることがいくつかある。

まずよくある勘違いが「なぜ日足を見るのか」ってこと。

基本的にはFXってのは4時間足・1時間足・5分足を見てりゃ勝てる。

じゃあ今回なぜ日足を見たか?ってことなんだよ。

できれば時間足を複数あれこれと見たくないわけだ。

例えば月足見ます、週足見ます、日足見ます、4時間足見ます・・・だと情報量が多すぎる。

実際のトレードのときに迷いが生じる。

だから、できるだけ4時間足以下の3つの時間足だけでチャート分析がしたいわけだよ。

で、今回は4時間足は下降トレンドだった。

チャートの左側に最高値があるんじゃないか?

だからより大きい視点である日足で全体像を見てみよう、という思考回路になるわけだ。

もしくは僕がよくやるのは、日足を見るのが好きじゃないから4時間足のローソクを細めてやって

こんな感じで全体像を見ることはよくある。

添削:日足~4時間足

以前僕は言ったでしょ。

フィボナッチの78.6%というのは「あまり使い物にならない」。

直近の上昇が78.6%まで戻しちゃったらそれは「下降の力が強い」ってことだから。

買うのには適してないよ。

僕は↓このような分析をした。

相場はあまりにも下のほうになりすぎて、フィボナッチリトレースメントやエクスパンションは使い物にならない。

注目すべきは直前のAの下降。

相場全体的には下降がとても強いのに、安値を下抜けてからほとんど落ちない。

しかもそこから3回止まったように見える。

日足を見てもフィボ61.8%すらとっくに割っていて下げがかなり強い。

よって、安易に買いとか売りを考えたくない。「よくわからない状況になってきている」。

添削:1時間足

レンジには見えない。下降の戻しに見える。

売るならできるだけ上、フィボ61.8%+トレンドライン+青カッコの上昇エリオット的な動き5波で売りたい。

そのポイントまで買いたいなら直前の小さなエリオットっぽい下降を数えればいい。

添削:5分足

逆張り&買いにはそれほど適していないポイント。

買うなら値動きを見て「できるだけチャートの右側で買いたい」。

直前下降の値動きを見て買うタイミングをはかる。

何十pipsもアホみたいに保有する相場ではない。直前高値を目安に伸びた先っぽで利食いをする。

専業FXトレーダーが初心者のチャート分析を無料添削してみた2

この方のCS

ポンド円2020年1月2日。

4時間足:日足で以前落ちた所から今回も落ちた。その下降でエリオット波動をカウントできて、現在は下降4波か。直近下降フィボ50%。

1時間足:下降4波の部分に上昇エリオットの動きが見られ、現在上昇5波完了。トレンドライン引ける。直前上昇のエクスパンション161.8達してないが売りたい。

5分足:直近下降フィボ50&からの下降、トレンドライン引ける、下降の小さい戻しで200MAからの売り。利確は1時間足エクスパンション161.8。

器用にトレンドラインやフィボ等の数値は使えているように見える。

が、全体的に「今は買い売りどっちの流れなの?」とハッキリしない分析。

添削:CS以前

独学の人に非常にありがちなこと。

「学んでいる先生がいたら、その人と同じチャート設定にしましょう」ってこと。

僕はトレンドラインはMT4の最大の太さに設定していたはず。

過去にブログとか動画で散々言っていたと思うんだけど、トレンドラインは1本の太い帯(ゾーン)なので。

手法の根底にそのような思想が流れていて、だから僕はトレンドラインを太くしてある。

さらにトレンドラインはローソク足の背後に表示されるように僕は設定しているはず。

そういう細かい所を全く見ていない。

チャートの中の重要度はローソク足>>>トレンドライン、なので。

とっても大事なローソク足が全面にハッキリ見えるようでないとおかしい。

多くの人が勝てているフィボトレードという手法です!

って、手法の上辺だけ真似しても中身は全くのニセモノですよ。

添削:4時間足

全体の流れを見るために4時間足のローソク足を細くしてみる。

エリオット的には上昇5波なのか?

エクスパンションは261.8を超えているので使い物にならない。

この人が言っていたように過去に大きく落ちた所から今回も大きく落ちている。

上昇トレンドなので200MAから今すぐに下げるというのは考えにくい。

が、これまでのように何も考えずに買いだけやれば儲かる相場は終わったように見える。

添削:1時間足

下降の戻し=戻り売り=FXの基本中の基本。

現在のレートが下降のフィボ38%付近であることと、下降してから十分な時間が経っているのが売りに適している。

例えば赤矢印のように急な戻しであれば「売るにはまだ早い」となる。

トレンドラインやエリオットも見ると売りに適していることがよくわかる。

添削:5分足

(※クリスマスや年末年始を挟むためローソク足が途中抜けている。)

売れるとは思う。

少なくとも、伸びた先っぽの相場なので買う場面ではない。

4時間足的によくわからない転換点みたいな局面なので、利を伸ばす所ではない。

20~30pips取って終わりにすればいい。

専業FXトレーダーが初心者のチャート分析を無料添削してみた3

この方のCS

ポンド円2019年10月28日。

4時間足:上昇エリオット5波完了か。落ちたら戻り売りしたい。

1時間足:4時間足で見た売りがまだ先っぽい。落ちそうもないので買いを考える。黒ラインが壁?

5分足:なんかそろそろ買えそう。200MA付近で小さな下降エリオット的なものをカウントして買い。利確はエクスパンション161.8。

添削:CS以前

チャート設定に僕へのリスペクトが全く感じられないよね。

最初の応募のときは「よろしくお願いします!」みたいな礼儀正しい感じだった。

しかしフタをあけたらこんな感じよ。

僕が学習者だったら、とりあえず学んでいる先生と同じブローカーの口座を開く。

MT4の設定も全然違うでしょ。

僕は過去のブログや動画で

こういうチャート設定をしていたはず。

チャートの上下をできるだけ広くして正しく値動きを見るために、こうしてるんだよ。

トレンドラインの色とか太さも全く違うし。

しかも、以前に僕はCSのやり方を解説したよね?何度も。

チャートの右側をこんなに広く空けていないはずだよ?

トレードで重要なのはチャートの左側の過去の値動き。

チャート1枚に入っている過去の値動きの情報量が少なすぎる。

添削:4時間足

ひと目で上昇の力が極めて強い相場であることがわかる。

上昇エリオットっぽい動きが5波になったからといって安易に売れない。

1時間足以下で戻したら(下げたら)買えそう。

添削:1時間足

4時間足で見たシナリオどおりに押し目買いのタイミングが非常に取りやすい形。

添削:5分足

まず、この5分足チャートの中で最も重要なのがチャート右側のV字。

上位足で買いのシナリオを立てていて、5分足のこの形を見て買い確定。

その後は買いのタイミングを探す作業。

200MAに乗ってきた、直前の急上昇の押し目、エリオット的な下降5波。

よって買いを入れる。

利食いはアホみたいに伸ばさない。

直前高値を目安に、伸びてくるなら陽線が5本連続したあたりのヒゲ先で決済する。

これは以前にも説明したよね?

蛇足:珍プレー好プレー

うちのFX勉強会にseitenさんっていう、ブログ書いてもらっている人がいる。

ちょうど1年前ですよ。

この超絶買いに適した場面で、この人絶妙なタイミングで売りをしちゃっている。

これは無様だねぇ。

で、1年経って月間600pips。

最近は毎月安定して勝てるようになっている。

こんなもんですよ。

今回添削した3名のように、僕の教えていることを正しくトレースできていない人は多くいる。

正しく素直に学び続けるとね、結果はちゃんと出るわけだ。

逆に、独学で自分勝手な勉強ばかりしていると結果は出ない。(当然だけど)

だから今回のような、プロに添削をしてもらうって機会はホント重要なんだよ。

何度も復習して自分のモノにしようね。

専業FXトレーダーによる初心者のチャート分析、無料添削(実物)

1人目の方

こんにちは、milkです。

CS添削の結果をお返しします。
このメールへの返信は特にしなくて結構です。
11/6のyoutube動画も楽しみにしていてください。

—————————————————–

CS以前:
■↓ここにも書いたが
https://www.youtube.com/post/UgyT73yVGlGm11DzsoZ4AaABCQ
失礼な態度は全て自分に返ってくると心得ること。
次に何か添削やオンライン指導的なものがあった場合はたぶん選ばないと思う。
■画面の解像度が低い。
https://11235813213455.net/2020/09/04/post-29228/#toc_3

全体的に:
「なぜ日足を見るのか」の意味を考える。
通常日足は見なくて良い。(見なくても勝てる)
日足を見るときは、その必要性があるとき。それはどのような場合か?
FR78.6はあまり意味をなさない。
https://11235813213455.net/2020/09/07/post-29445/#toc_1
日足や見たり78.6など、人より多くの時間足・数字を見れば有利なのかといえば、そんなことは全く無い。
ちなみに、以上に書いたことはFX勉強会参加者であれば初心者から上級者まで全員ほぼ全てクリアしている。

4h:
FR・FEは使い物にならない値動き。
注目するのは直前のAの下降。
全体的に下降がものすごく強いのに、安値を下抜けてほとんど落ちない。
そこから3回止まったように見える。
日足を見てもFR61.8すらとっくに割っていて下げがかなり強い。
安易に買いを考えたくない局面。

1h:
レンジには見えない。下降の戻しに見える。
売るならできるだけFR61.8+トレンドライン+エリオット的な動きの5波で売りたい。(できるだけ上でということ)
そのポイントまで買いたいなら直前の小さなエリオットっぽい下降を数える。

5m:
逆張り&買いにはそれほど適していないポイントなので
買うなら当然「できるだけチャートの右側で」。
直前の下降の値動きを見てタイミングを取る。
買うのは矢印の位置。
何十pipsも保有するべき所ではないので伸びた先っぽで利食い。

※11/6の動画投稿時は違う分析内容(もっと詳しい分析)になっている可能性があります。
※誤字脱字確認してません。

2人目の方

こんにちは、milkです。

CS添削の結果をお返しします。
このメールへの返信は特にしなくて結構です。
11/6のyoutube動画も楽しみにしていてください。

—————————————————–

CS以前:
自分が学んでいる先生がいたら、チャート設定はその人と全く同じにすること。
MT4の設定はだいたいが合っているが、例えばトレンドラインの設定が微妙におかしい。
僕はトレンドラインの太さは最大にしているはず。
それは「トレンドライン(だけじゃないけど)は帯(ゾーン)である」という思想が手法の根底にあるから。
しかも重要度はローソク足>>>トレンドラインなので、当然トレンドラインを右クリックしてプロパティを開いて「背景として表示」にチェックを入れなければいけない。トレンドラインがローソク足の前に表示されるのはおかしい。
また、上位時間足の長いトレンドラインは基本的に下位に表示させても意味がない。
っていうか1時間足のトレンドラインは2点なので(3点目がないので)意味がない。
あと、CSというのは一応自分がやったものは保存しておいたほうが良いので、後から「あのとき自分はどんなCSやったんだっけ?」と調べるときのために画像内にはハッキリといろいろな情報を書いておいたほうがいい。
例えば何時間足なのか、例えば何年何月何日なのか、とか。

全体的に:
CS全体的に「今は上下どっちの流れなの?」という視点が不足しているように思える。

4h:
全体の流れを見るためにローソク足を補足してみる。
エリオット的には上昇5波なのか?
FEは使い物にならない。
現在は日足で前回落ちた位置に達していて、しかもそこから4hが実際に大きく落ちている。
上昇トレンドで200MA付近から今すぐに下げるというのは考えにくいが、何も考えずに買いだけやれば儲かる相場は終わったか?

1h:
下降の戻しの「いい感じの位置」に来ている。
いい感じというのは①下降の38.2%~61.8%付近であること、②十分な時間(横軸)が経っていること。
例えば赤矢印のような戻しであれば「まだ早い」ということになる。
しばらく揉み合うかさらに上昇する確率が高くなる。
トレンドラインも引けてエリオット的な動きも5波まで達しているようなので売れそう。
少なくとも買う場面ではない。

5m:
ちょっとクリスマスや年末年始を挟むのでローソク足が抜けていて詳細不明。
売れるとは思う。伸びた先っぽなので少なくとも買う場面ではない。
全体的に相場はよくわからない転換点?のような場面なので利益を伸ばす所ではない。
20~30pips取って適当に利食う。

※11/6の動画投稿時は違う分析内容(もっと詳しい分析)になっている可能性があります。
※誤字脱字確認してません。

3人目の方

こんにちは、milkです。

CS添削の結果をお返しします。
このメールへの返信は特にしなくて結構です。
11/6のyoutube動画も楽しみにしていてください。

—————————————————–

CS以前:
チャート設定にリスペクトが全く感じられない。
応募時のメールでは「よろしくお願いします!」という礼儀正しい感じに見えたが、結局は口だけという感じ。
例えば僕がXMのチャートを使っていたら、僕だったら学んでいる相手のブローカーの口座を絶対に開く。
MT4のチャート設定もかなりおかしい。
MT4の上の方にツールバーが3段場所を取っている。
僕はそのようなチャート設定にはしていないはずだ。
https://11235813213455.net/2020/10/09/post-29963/#toc_2
プロが行っていることの1つ1つには理由がある。
チャートをできるだけ広くして、できるだけ見やすくするための工夫なわけだ。
その初歩の初歩の初歩の時点からすでに出遅れている。
また、例えばトレンドラインの設定が微妙におかしい。
僕はトレンドラインの太さは最大にしているはず。
それは「トレンドライン(だけじゃないけど)は帯(ゾーン)である」という思想が手法の根底にあるから。
しかも重要度はローソク足>>>トレンドラインなので、当然トレンドラインを右クリックしてプロパティを開いて「背景として表示」にチェックを入れなければいけない。トレンドラインがローソク足の前に表示されるのはおかしい。
また、上位時間足の長いトレンドラインは基本的に下位に表示させても意味がない。
あと、CSというのは一応自分がやったものは保存しておいたほうが良いので、後から「あのとき自分はどんなCSやったんだっけ?」と調べるときのために画像内にはハッキリと大きな文字でいろいろな情報を書いておいたほうがいい。
例えば何時間足なのか、例えば何年何月何日なのか、とか。
画像のファイル名も同様。
さらに、僕はブログや動画でこのようにCSを行っていただろうか?
チャートの左側の赤いラインがあまりにも右に来すぎている。
トレードのときに重要なのは右側の過去の値動き。
それをないがしろにしているようではトレーダーとしては失格。

全体的に:
買いたいのか売りたいのか明確にしていない。
既に十分に勝てているトレーダーであればそれでも大丈夫だが、素人レベルの人がそういうチャート分析・シナリオ立てをすると高確率でリアルタイムで余計なことをやらかす。

4h:
上昇の力が極めて強い相場。
エリオットっぽい動きが5波になったからといって安易に売れない。
1h~5mレベルで戻したら買えそう。

1h:
シナリオ通りの「上昇の戻し(押し目)」のタイミングが取りやすい形になっている。

5m:
まず5mのチャートの中で最も重要なのは、チャート右側のV字。
ここで買い確定であとは買いのポイントを探す作業。
200MAに乗ってきた&直前の急上昇の押し目=エリオット的な下降5波
を数えて買えばいい。
利食いはアホみたいに伸ばさない。
直前高値を目安に、伸びてくるなら陽線が5本連続したあたりのヒゲ先で決済。

※11/6の動画投稿時は違う分析内容(もっと詳しい分析)になっている可能性があります。
※誤字脱字確認してません。