【重要FX手法】「1日1万円稼ぐ!」より簡単に儲かるやり方があるよ

僕は8年ほどFX勉強会でトレード手法を教えている。

だから「わかる」んだよね。

大体いつも、こんな人がFXで勝てていない。

  • 1日1回トレードしよう
  • 1日○pips取ろう
  • 1日○万円儲けよう

こういう考え方の人。

もしアナタこのどれかに当てはまる人なら、気をつけたほうがいいよ。

「FXで1日1万円稼ぎます」はNG。もっと簡単に儲かるやり方を提唱する

FXで勝てない人の典型パターン

  • 1日1回トレードしよう
  • 1日○pips取ろう
  • 1日○万円儲けよう

この3つに共通していることは何か?

それはね、「機械的」ってことだよ。

裁量トレードよりもシステムトレード的な考え方なんだと思う。

「毎日必ずこうしなければいけません」っていうやつ。

1日1回必ずトレードしないと気が済みません。だってそれがルールなんです!

1日20pips取らないと気が済みません。だってそれがノルマなんです!

1日1万円儲からないと困ります。だって月20万円儲からないと自分の立てた計画が狂うんです!

なんかわからんけど、自分のルールとかノルマを決めちゃう。

で、相場の都合も全く考えずに自分勝手に毎日毎日トレードする。

相場の調子がいいときは儲かる。

でも、相場がグッチャグチャのときは一気に利益を吐き出す。

毎日1万円稼ぎたい!って計画が狂い始める。

トレードするのが苦痛になる。

オススメの方法

僕もね、以前は1日のノルマを決めていた。

1日20~30pips取ると決めていた。

10個の通貨ペアを見ていた。

そして1日中チャートを見て、何が何でもトレードチャンスを掴んでいた。

それでもFXで勝ててはいた。

以前は、「こういう無茶なトレードをする時代も必要だよね」と、修行の一環のように僕は考えていた。

が、今はそうは思っていない。

無茶なトレードをして成功する人もいる。

でも、それって単なる「成功例」で、少数派なんだよね。

その裏には全く上手く行かない人が大勢いる。

どんなやり方をしてもFXで5年10年勝てません!って人がいる。

僕が現在FX勉強会でオススメしてる方法が、コレとは全く真逆。

  • 1回のトレードの利益は20~30pips
  • 1個の通貨ペア(ポンド円)のみ監視
  • チャンスのときだけトレードする

で、このやり方でFXを教えるようになってから、勝てる人が増えてきた。

ということは、このやり方が多くの人に効果的である、という証拠だよね。

専業トレーダーレベルだ

これは僕がFX勉強会内でよく言う話。

ポンド円だけで、平均してだいたい1日3回はトレードするチャンスがある。

チャンスを全て掴む必要はない。

仕事とか家事で忙しかったり、フロ入ったり寝てたりすることもある。

なので、週に2回、たった2回でいい、トレードチャンスを掴めばいい。

1回のトレードの利益が20~30pipsだとして、月に8回。

よってだいたい月200pipsの利益。

FXはレバレッジが効く。

月々500pipsも1000pipsも取る必要はない。

月間200pipsを何ヶ月も何年も継続することができれば、専業トレーダーレベルだ。

脱「FXで1日1万円稼ぎます」、具体的な手法

4時間足

じゃあ、相場のどこがチャンスでどこがチャンスではないのか。

具体的にチャートを使って明確に説明する。

ポンド円2020年9月10日朝。

4時間足はなんだかトレンド転換っぽくなってきた。

これまで長く上昇トレンドだったのが、最高値からガックシ落ちてる。

この状況でやるべきことは唯一つ。

「フィボナッチリトレースメントを使う」ってこと。

4時間足の直近安値からの上昇にフィボを当てる。

すると、50%でレートが落ち着いちゃってるのがわかるよね。

50%はよく意識される値。

「ああ、50%が意識されてるんだなぁ」と必ずチェックしておくこと。

フィボナッチは50%だけではない。

他に重要なのが38.2%と61.8%。

っていうか、50パーよりもコッチのほうが重要。

必ずこの2つもチェックしておく。(僕は赤の水平線をいつも引いておく)

1時間足

とっても面白い値動きをしているよ。

ドコが面白いかわかる?

さっき引いた38.2%が、一見全く効いていないように見える。

でも、よーく見るとヒゲでちゃんと意識されてるんだよね。

38.2%が効いて、でも下降の勢いが強くて下抜けて、今度は50%で止まった。

50%から結構勢いよく急上昇してるよね。150pipsくらい。

こうなると、ちょっと相場状況が難しくなる。

これまでは単純に売っていればいくらでも利益が取れた。

僕もここでは1発200pips取ったし、僕以上に250pips取れた人も先日紹介した。

小刻みに数十pipsの利益を何度も取る人もいた。勿論それでもいい。

が、「フィボ50%で反発しちゃった」。

そうすると、ちょっと迷いが出てくるよね。

直近の相場は強い下降なので当然「戻り売りをしたい」。

でも、「ドコまで戻すんだ?」って話になる。

A?B?C?あるいはもっと上?

だからさっき言ったみたいに「1日1回何が何でもトレードしたい!」じゃダメなんだよ。

じっと様子を見て余計な所、よくわからない所では手を出さない。

チャンスがあれば手を出す。トレードする。

5分足

この日の5分足の動きは、このようになった。

午前中から昼にかけては当然「様子見」だよね。

相場が横ばいでウロウロしている。

ここで買います!売ります!なんて判断はできない。

上下どっち行くかわかんないんだもの。怖くてトレードなんかできないよ。

で、様子を見ていると、5分足で見慣れた形が出てくる。

そこで初めて手を出せばいい。

↓こんな感じで。

もしくは、テッペンからようやく下げたのを確認する。

フィボ50%のラインで再度反発したのを確認する。

反発したのも虚しく、上昇分が全て戻されて50%を割っていく所で売り。

↓こんな感じで。

利確はいつものように20~30pips取ってオシマイ、でもいい。

もしくは、いつものように伸びた先っぽで決済。

もしくはさっき引いておいたフィボ61.8%のラインでの利確でもいいよね。

手を出さない日

2020年9月11日の朝。

昨日はとてもオイシイ相場だった。

今日はどういうシナリオが立てられるのか?

僕はね、この日は「捨てていた」。

なぜかと言うと、「目的地に着いちゃった」んだよね。

相場というのはね、目的地がある。

今回はフィボ38.2%を抜けて、50%も抜けて、最終的に一気に61.8%までレートが落ちてきた。

これが目的地。

もしくは、先日であれば日足でトレンドラインを引いていた。

で、そこまで何ヶ月もかけてたどり着いた、

これが目的地。

で、そこから一気に急落した。

他にも直近高値とか、何かの数値とか、相場の「目的地」ってのは普段いろいろ見かけることがある。

でね、相場というのは目的地に到達すると、落ち着いちゃうんだよ。

目的地に到達すると「次は上下どっちに行こうかなぁ」って相場が迷う。

横ばいでフラフラすることもあれば、乱高下することもある。

じゃあ、そういうときに我々トレーダーには何ができるのか?

たった一つだけ、「様子見をする」しかできないよ。

まあ、この後フィボ61.8%で止まったのが確認できれば買おうとも思っていたが。

でも↓コレじゃあ、どーしよーもない(笑)

この相場に果敢に挑んだ猛者(笑)もいた。

利益がちょっとだけ出た人もいた。

でも、危険なトレードだったと思うよ?

プロのトレーダーだったら、こんな所では手を出さない。

アマチュアだから実験的に・気軽に手を出せたんじゃないのかな。

もう一度言う。

トレードは毎日必ずしなきゃいけないものではない。

週に2回、チャンスを掴めばいい。

そして月間200pipsをコンスタントに取ればいい。

それが続けられれば、専業トレーダーレベルだ。

もう一生お金に困ることは無い。