誰でも即勝てるFXスクール爆誕!もうメンタルに左右されない!!!

FX界の進○ゼミ!誰でも即勝てる手法を教えるFXスクール!

進○ゼミ(200MA)

例えばこれね。

上昇トレンド。

1時間足200MAタッチで押し目買い。

簡単に20pipsを抜くことができる。

僕のFX勉強会の中では「進研ゼミ」と呼ばれてるやつ。

「あ!これ先生から教わったやつだ!俺でも勝てる!」

特に高度な難しい環境認識もせずに誰でもFXで勝てる。

上昇トレンドであれば押し目買い。

下降トレンドであれば戻り売り。

これね、FXの基本中の基本中の基本だから。

200MAを使って、基本中の基本のエントリータイミングを簡単に見つけることができる。

もうね、難しいチャート分析は関係なし!

「誰でもFXで勝てます」ってのが、このやり方のいい所。

FXはメンタルが必要!みたいな言う人がよくいる。

でもね、これだけ簡単なトレードルールだったらメンタルが入るこむ余地は無いよね。

私のFX勉強会(FXスクール)ではこんな素晴らしい手法を教えています!

・・・なんて感じで以前からブログとかyoutubeで手法を紹介している。

なかなか好評だ。

進○ゼミ(フィボ38.2%)

最近の相場で、こんなのもあるよ。

4時間足上昇にフィボナッチリトレースメントを当てる。

で、38.2%戻しの所で買う。

そして20pipsの利益を抜き取る。

めっちゃ簡単でしょ。

これも特に難しい環境認識とか必要ないよね。

直近の相場で上昇している部分を見つけて、そこにフィボナッチを当ててやる。

あとは38.2%まで落ちてくるのを待って買えばいい。

僕なら前もって指値注文(予約注文)を入れておく。

エントリーから決済まで自動で行う。

【重要】コレ注意して

人の話をちゃんと聞けない人がいるんだよ。

子供だったらまだ許されるけど、大人はダメでしょ。

僕は「1時間足の」200MAと言ったんだよ、さっき。

それをね、こんな勘違いをする人がいる。

結構いる。

これ、4時間足でしょ。

4時間足の200MAを使ってトレードします、なんて誰も教えていないよ。

今回、4時間足の200MAで買いを入れたらどうなるか?

大損失だよね、これ(笑)

だから人の話をちゃんと聞きなさい、って僕はいつも言ってるの。

アレンジせずに、教わったことを素直に相場の中で「そっくりそのまま」使ってみなさい、と。

そうすればアナタはFXで勝てる。

余計なことをすると相場で爆死する可能性は高くなるよ。

【重要】コレにも注意して

こないだね、うちのFX勉強会でこんな間違いをしている人がいた。

「フィボナッチリトレースメント61.8%で買いました、進研ゼミのトレードです」

いやいやいや、それは違うでしょ。

61.8%で買いなさい、なんて誰も言ってないでしょ。

確かにこの相場では61.8%で買って利益が出た。

でもね、ここの相場で61.8%で買ったらどうだった?

大損失だよね。

フィボナッチ38.2%ってのは「反応」することが多いんだよ。

押し目で上昇しなくても、少し反応して20pipsくらいなら利益が抜ける可能性が高い。

だからフィボ38.2%タッチでのトレードを僕はオススメしている。

FXスクールで教えている「誰で即勝てる手法」のセットアップ

セットアップ

今回教えたFX手法のやり方は簡単だ。

まず、1時間足以上で上昇トレンドを探す。

で、上昇のフィボナッチ38.2%までレートが落ちてきたら買いエントリー。

もしくは1時間足の200MAまでレートが落ちてきたら買いエントリー。

そこからどれだけ上昇するかわからない。

よって、安全に20pipsだけ抜く。

20pips上昇したら決済(利確)する。

注意点その1

ただし、この「お手軽簡単FX手法」、2つの注意点がある。

1つ目。

1回目のタッチだけ有効、ってこと。

よく「ファーストタッチ」って言ったりする。

つまり、レートが落ちてきてフィボ38.2%に1回目タッチしたそのとき「だけ」有効。

その後、2回目3回目タッチしても買ってはいけない。

新鮮なのは1回目で、その後は賞味期限が切れちゃうから負ける可能性が高くなる。

ファーストタッチは38.2%でも200MAでも同様。

注意点その2

注意点の2つ目。

この手法だけでは専業トレーダーレベルのトレードスキルは獲得できない。

こないだね、こんな場面があった。

ずっと上昇トレンドだったのがトレンド転換で大きく下げた。

僕はここで売って200pipsの利益を出した。

他にも僕以上の利益を出した人とか、何十pipsも取れた人は勉強会の中に多くいた。

でもね、こういう大きい利益が出るタイミングで売れない人っているんだよ。

チャンス逃して、最後の最後に苦し紛れに「進研ゼミで20pips取りました」っていう人。

これ、違うでしょ。

この場面では売りをしなきゃいけない。

売りをするためには、マルチタイムフレームでチャート分析をしなきゃいけない。

しっかりと環境認識をしてシナリオを立てなきゃいけない。

だから大きな利益が取れる。

一方で、今回教えている「進研ゼミ」というやり方。

これは「誰でも勝てるお手軽手法」だ。

チャンスが相場の中に出現する頻度はそれほど高くない。

しっかりと環境認識できないと負けることもたまにある。

だからね、何がいいたいのかと言うと。

「お手軽なことばかりやってないで、チャート分析をまずしっかりとやりなさい」ってことなんだよ。

このお手軽手法は僕もよく使う。

ほぼ100%の確率で勝てるポイントで、サッ!と20pips抜くことはよくある。

でも、それは単なるオマケだから。

メインは売りなので売りでガッツリ利益を取る。でもオマケで20pipsの逆張りもする。

そういうトレードならOK。

お手軽なことばかりやっていると、いつまで経っても相場観が身につかない。

相場観って大事だよ。

これを身に着けたら一生お金に困らない。

簡単でお手軽なFXばかりやってほしくない。

このブログ読んでる皆さんには、もっとビッグになってもらいたいねぇ。

誰でも勝てる!超簡単!高勝率FX手法!

【具体例】簡単お手軽手法1

4時間足で大きな下降があったら、当然その戻しからの38.2%反発を狙う。

ピッタリ効いてるでしょ(笑)

このトレード手法のコツは「欲張らないこと」。

今回の例では200pipsくらい一気に下げている。

でもね、ほとんど下げない場面も相場の中ではあるから。

FXは勝率が命。

今回教えた手法では、必ず毎回20pipsの利確にすること。

そして、2回目の38.2%タッチでは危険なのでもう売らない。

また、すぐに損切りしないってのも非常に大事。

38.2%タッチで売った後、10pips20pips逆行したからといってすぐに損切りしない。

それを毎回繰り返していたら損失だらけになるでしょ。

エントリーした後はゆったりと構えておくことが大事。

【具体例】簡単お手軽手法2

上昇トレンドでフィボ38.2%と1時間足200MAが重なっている所も勝ちやすい。

例えばこれ。

この場面は何度かブログとか動画でも紹介している。

エリオット波動の3波の部分。

3波は1波から5波のトレンドの中では最も上昇の勢いが強い。

その中で、直近の上昇の勢いに乗って押し目買いをするチャンスを掴める。

押し目買いのポイントはいろいろある。

その中の一つが、今回紹介しているこの「38.2%と200MAが重なっている所」。

こんな感じでね、簡単なことからでいいから、少しずつチャート分析ができるようになるといいよ。