【みんな苦手】FXトレンド転換を見極めるサイン・シグナル

みんな苦手な「トレンド転換を見極める方法」を今日は教える。

【大前提】FXでトレンド転換のサイン・シグナルを探す方法

トレンド転換

これ、苦手な人が多い。

上昇トレンドだと思って押し目からの買いを入れた。

しかしそこは押し目ではなかった。騙された。

あ~れ~ って地の底まで。大損失。

トレンド転換かどうかを見極める方法で、大前提となる考え方が1つある。

「このインジケーター(手法)でトレンド転換がわかります」

この思考を捨てることから全てが始まる。

「トレンドが転換するポイントなど、わかるわけがない」

これがFXの基本。大前提。

例えばね、

  • このFXサインツールを使うだけでお金持ちになれます
  • この仮想通貨を買うと億り人になれます

って言葉を聞くと、こう思う人がいる。

勝ち組だけが知ってる特別な手法・情報があるんだ!

で、みんなFX商材とか仮想通貨とか株とか要らないもの買う。

自分だけは騙されないぞ!って思ってる?

そういう人に限って余計なものを買うからね(笑)

過去の、FXで勝てなかった時代の僕も同じだった。

数百万円分のいろんなFX商材とか本とかを購入しまくったよ。

要らないセミナーとかにも参加しちゃうんだよ。

この記事を読んでる人の中にも、いっぱいいるでしょ?

何買ったの? FX手法?仮想通貨?不動産?高額セミナー?

でもね、そういう「特別な手法・情報は存在しないんだ」と理解してから僕はFXで勝てるようになった。

地に足がついた堅実なトレードができるようになった。

「トレンド転換を見極める明確な方法など、そもそもこの世に存在しない」

まずはソコから。

トレードは迷いながらやるものです。

迷わず楽に、みたいな手法はこの世には存在しません。詐欺に騙されないでください。

FXでトレンド転換のサイン・シグナルを探す具体的な方法

日足のトレンドライン

でね、FXってのはチャートを見て迷いながらやるもの。

毎朝起きると、僕はチャートを開いてその日のシナリオを立てる。

8月中頃、ポンド円4時間足。

  • 上昇トレンドだなぁ…
  • 高値突き抜けて上昇するのかなぁ…
  • それとも高値抜けられずに下降するのかなぁ…
  • トレンドの転換部分かもしれないからよくわからん…

僕もこんな感じで悩むんだよ。

毎日毎日、ね。

で、上に伸びていくんならどこまで伸びる? と思って(いつもは見ない)日足のチャートを見た。

トレンドが転換するかどうかを見るときに、僕は「2つの時間足」を参考にすることが多い。

まずは日足。

大きな視点でトレンドラインが引けたり、フィボの重要な数値だったりすることがある。

もしくは5分足。

細かい値動きを凝視していると、トレンド転換の前兆が現れることがよくある。

今回はまず日足で分析することにした。

こういうトレンドラインを引いた。

FX勉強会に参加している人は、週末の解説動画で僕がリアルタイムで引いていたの、わかるよね?

どのように引いたのかを一応簡単に解説する。

エロライン、陽線陰線実体、ヒゲをできるだけ通るように引いた。

トレンドラインのルールを知らないという不勉強な人は、過去の僕のブログとか動画をちゃんと「読みなよ。」

で、今後上昇するなら、とりあえずラインまでは行くのかなぁ、と考えていた。

日足のフィボナッチエクスパンション100

分かりづらい相場になると、僕はこうやって「自分のできること」からコツコツと始める。

何となくトレンドラインを引いてみる。

で、何となくフィボナッチエクスパンションも当ててみる。

そうするとね、いつもの161.8%は全然使えない。

でもね、引いたトレンドラインの所に(いつもはほとんど使わない)100%があるんだよねぇ。

しかも、このまま上昇するとトレンドラインとエクスパンション100%の所で

「前回落ちた所は次回も落ちやすい」の法則に当てはまっちゃうんだよねぇ。

朝起きてボケーっとしながら、こうやってチャート分析してるわけ。

で、わからなかったチャートが、ちょっとずつ輪郭がハッキリしてくる。

こんなこともした。

直近の波の長さを測ると、だいたい今回もトレンドライン&エクスパンション100くらいまで行くのではないか?

前回の「エクスパンション100」

ちなみに、今年の4月くらいにもエクスパンション100%が活躍した。

2000pipsの下降に対して1000pipsのけっこう強めの上昇。

フィボナッチ50%まで一気に戻している。

上昇した先っぽなので買いづらい。

売るかといえば、さらにグイグイと上昇する可能性があるのでうかつに売れない。

で、どうしたかといえば

フィボナッチエクスパンションを適用した。

状況的に161.8%までの上昇はちょっと考えづらい。(さらに500pips上昇しなきゃいけない…)

しかも、なんか200MAもあるし。

前回落ちた価格帯もあるし。

  • じゃあ、このへんは買いは控えよう
  • 買うとしても注意深く、長く保有しないことにしよう
  • ここでレートが何度も止まるようなら売りを考えよう

と考えた。

で、この後の相場がどうなったか?

ずーっとエクスパンション100%が効いてるんだよね。

その中で、こんなトレードがあった。

まあ、エントリーは早いし利確もクソなんだけど。

でも勘どころはいいね。センス無くはない。

トレンド転換は見極められたのか?

大当たり

で、今回の相場に戻る。

この相場がその後どうなったのかというと、

トレンドラインとエクスパンション100が日足レベルで効いている。

もちろん、絶対に必ず効くわけではない。

また、ここに到達するまでに何日もかかったので、ずっと売りを考えていたわけでもなかった。

でもトレンドラインから下げてきたのを取るのは簡単だった。

ガッツリ200pipsを売りで取った。

売り200pipsのチャート分析

日足

日足はもう解説することは無い。

直前までは買いを考えていた。

しかしトレンドラインから下げてくる所では余計な手出しは全くせずに「全て様子見」。

4時間足

4時間足もあまり見るべき所は無い。

ただ、前回高値を超えて相場があまりにも行き過ぎていたのが気になった。

相場が上に行けば行くほど買いにくくなる。

しかし、上昇トレンドでは順張りの買いを軸においてチャート分析をしなければいけない。

当てずっぽうの売りは身を滅ぼす。

よって、最高値を付けた後の下降はずっと様子見で手を出さなかった。

1時間足

一応、直近上昇のフィボ38.2とかで買いは入るんだけどね。

でも、ズルズルとどこまでも下降が続いた。

いつものように「61.8%からの売り!」とか単純な方法は効かない相場。

こういうのはね、残念ながら相場観を磨くしかない。

大丈夫だよ、前回教えたケーススタディを毎日一生懸命にやれば身につく。

ルール通りにフィボナッチエクスパンションが↓このように使える。

161.8%で買った人もいた。

利食いを欲張らなければ、これも正しい。

5分足

1時間足のエクスパンション161.8は絶対に見なければいけない数値。

僕はそこでの5分足のレートの動きを凝視していた。

1時間足エクスパンション161.8%の安値を5分足で下抜けた。

そこからの1・2・3をカウントして安値ズル抜けそうな所での売り。

あとはずっと放置していた。

200pipsという利食い目標については、特に大きな意味は無い。

「適当」。

思いのほか取れそうだったので、ピッタリ200pipsの所に指値を入れておいただけ。

僕はいつも「利食いは適当」と言う。

youtubeでもFX勉強会の中でも言う。

それはただ偉そうに言っているだけではない。

自分がそのやり方で上手くいっていて、それをただ正直に教えてあげているだけ。

当然自分のトレードでも実践している。

↓こんな人もいた。