【とても簡単】FXのつらい悩みが解決できるトレードノートの書き方。

僕がFXで全く勝てなかったミジメな時代の話。

専業トレーダーになりたくて会社を辞めた。

収入ゼロになった。

家賃1万円の虫の出るアパートに住んだ。

トレードで全く勝てなくて不安すぎて死にたくなった。

毎週土日になると、首を吊るのに良さそうな木を近所に探しに行くのが日課になった。

そういう非常に辛い時代に生み出したトレードノートの書き方の話。

「よく効く」「簡単な」FX悩み解決ノートの書き方

「最もできない人」用だから

まず初めに断っとく。

もうFXで勝ててる人は、この記事は読まなくていい。

過去チャート開いてCSでもしてなさい。

僕はいつも「最もできない人」を想定してFXを教える。

最もできない人、ってのはつまり「過去の僕」のことですよ。

できない・勝てないトレーダーに難しいことを言っても実践できないし、続けられない。

続けられないのなら、やる意味がない。

なので、今日僕が教えることが「簡単すぎて期待外れだなぁ」って思われても知らん。

そのへんは我慢するか自分なりにアレンジすればよろしい。

やり方

朝起きたら部屋のカーテンを開ける。

カーテンを開けたらノートに「カーテンあけた・・・5点」と書く。

ノートは何でもいい。

コンビニで売ってるのでもいいし、ちょっといいノート買ってもいい。

iPadとかスマホのやつでもいい。

とにかく深く考えずにサクッと手軽に書く。

その後はとにかくやったことをひたすら5点満点で採点していく。

  • パソコンつけた・・・3点
  • 歯みがいた・・・3点
  • 運動した・・・5点
  • 買い物行った・・・5点

点数はフィーリングでいい。

ちょっと頑張ったものは5点にするとか。

僕は以前、カーテンすら開けるのがめんどくさくて、家の中がいつも暗かった。

なので「カーテンあけた5点」は毎朝の定番だった。

こうやって1日を過ごす。

やったことはいちいちメモする。(忘れないなら後からまとめて書いても構わない)

で、1日の終わりに点数を集計する。

今日は45点でした、おやすみなさい。

これだけ。

エスカレートする

毎日続けてるとね、エスカレートしてくるんだよ。

いつも散歩は10分くらいだけど、今日は50分かけて隣町まで行ってきた、とか。

これは5点じゃ収まらん。特別に追加で10点!

  • 今日は新しいことをやってみた。
  • いつもより多くやってみた。
  • そういえば、毎日やってたのに書き忘れてたことがある。

1日の合計点が次第にどんどん増えていく。

僕の場合は数ヶ月かけて、最終的には点数が毎日3桁を維持するようになった。

自分で自分をよく観察するようになるんだよね。

  • そういえば俺ってこんなことも普段やってるんだな
  • 自分を何の価値もないゴミ人間だと思ってた
  • でも、今日は1日75点も活動してたんだ!
  • これもできる、あれもできる、もっとできる

自分のやったことを毎日ノートに書いてるだけ。

それだけで、メチャクチャ自分に自信がついてくるんだよね。

トレード成績の急激な変化

FXのトレードノートの書き方が聞きたいんだよクソ野郎!余計な話を長々としてるんじゃねーよカス

って思ってるでしょ?

あのね、僕の場合は昔、ここからやるしか無かったんだよ。

トレードは先生に弟子入りして一応教わってはいた。

でも最初のうちは全く勝てなかった。

僕は不安を人一倍感じやすい性格みたいで、もうね、不安で不安でしょうがなかった。

うつ病ではなかったんだけど、毎日なーんもやる気が起きない日が多くあった。

でね、ノートの点数が3桁をキープできるようになる頃から僕に変化が起こり始めた。

  • 毎日チャート検証をするようになった。
  • 次第にチャートに向かって勉強をする時間が長くなった。
  • デモトレードを1日3時間欠かさずするようになった。
  • 点数ノートだけじゃなくて、トレード記録をつけるようになった。
  • モノをよく考えるようになった。
  • 所属しているFX勉強会のSNSに積極的に書き込みをするようになった。
  • 全く会いたいと思わなかった勉強会の仲間に会いたいと思うようになった。
  • 名古屋のオフ会に4次会まで参加した。
  • トレードの勝率が3割から6割に上がった。
  • 自信が湧いて出てくるようになった。

悩みを解決するFXトレードノート「真の」書き方

記録するんじゃない、思考するんだ

ぶっちゃけ、トレードノートの書き方なんてどーでもいい(笑)

僕の場合もそうだった。

FXのトレードノートすら書いてなかったからね。

毎日「カーテンあけた5点」を書き続けただけ。

でも、最終的にはFXで勝てるようになった。

形式的にならないってことだけ気をつけよう。ここは絶対。

エントリー価格、決済価格、獲得pips数、保有時間・・・

自分の行ったトレードをただ記録してもしょーがないでしょ。

勝てない素人FXトレーダーがよくやってるよね?

自分のクソみたいなトレード記録をコレクションしても意味がない。

違う。

自分自身を大きく変革するためにノートを書こう。

勝てない自分から勝てる自分に変革するためには「思考すること」が絶対条件。

思考するため・自分を変革するためなら何を書いてもいい。

FXのトレードノートで参考になる動画とブログを紹介しとく。↓うちの勉強会の人のやつ。

ネット知識は大抵ウソです

「トレードノート書かなきゃ」

うん、それは正しい判断だ。

で、アンタはこれまでどうしていた?

たぶんネットで調べてたよね? 「FX トレードノート 書き方」みたいな(笑)

たいてい検索上位に表示されるサイトは「アフィリブログ」なわけ。

アフィリブログは大抵サイトの右側とかに広告貼ってるじゃん。

そういうサイトの奴らってのは、オマエがFXで勝とうが死のうがどーでもいいって思ってる最低な連中だから。

広告からカネさえ入ってくれば、どーでもいいわけ。

真実を書くのではなく、検索されそうな言葉を書く。

厳しいこと言わずに、みんなが読んでくれそうな甘い言葉を書く。

そんな所にホントのことが書いてあるわけねーよな。

FXで勝ててないクソアフィリエイターに貢ぐな。

アマゾンで売れてる流行り物の投資本を買うな。

どっかのカリスマトレーダー(笑)が言ってることを真に受けるな。

ネット知識、流行りの本には真実の情報が「ほぼ無い」。

奴らの言葉が真実だとすればなぜ世の中こんなにFXで勝てない奴が多い?

何が真実なのか、よく考えよう。

そして、自分がトレーダーとして成長できるような「思考する」トレードノートを書こう。

FXの悩みは「書くこと」で解決できる

悩みのジャグリング

カーネギーっていうアメリカの有名な実業家がいる。

その人がね、昔、悩みを抱えて自殺しようと思ったんだって。

で、自殺する前に「自分はどれくらいの悩みを抱えてるんだろう?」と、ふと考えた。

悩みリストを紙に書き出してみることにした。

死のうと考えてるんだからさぞ多くの悩みを抱えてるんだろう、と思ったんだろうね。

1000個くらいあるだろう、って。

そしたらね、結局どう頑張っても数十個しか書けなかった。

「あ、死ぬほど多くの悩みは抱えていなかったんだ」と思って自殺を思いとどまった、って話。

岡田斗司夫っていう人が書いた「スマートノート」って本がある。

この本の冒頭に「悩みのジャグリング」って話が出てくる。

数個しかない悩みを頭の中でグルグルと回し続ける。

まるで10個も100個も1000個も悩みがあるように錯覚する。

ああ、オレってダメな人間なんだ。

FXできない、わからない、勝てない、やる気が出ない。

かつての僕はそうやって自殺の一歩手前まで追い込まれていた。

いやいやいや、アナタの悩みはほんの数個ですよ~

あたかも多くあるように見えてるだけ。

まずはその数個の問題・悩みを紙に書いてみることから始めてみたらいいかもね。

意外と多くの人が「書かない」。

多くの人が、頭の中だけで漠然と現状に悩んでいることが多い。

Aさんの言葉は心に響く

現在僕はFX塾を開いて多くの人にトレードを教えている

でね、僕の言葉がなかなか伝わらない人がいて困ることがある。

僕が何度説明しても、言ってることが相手の心に響かない。

そういうときに僕がアドバイスする必殺技がある。

座談会に参加しなさい。

勝ってる先輩トレーダーからアドバイスを貰いなさい。

で、毎週土曜日夜にオンラインでやってる座談会に出席する。

僕の言葉は響かないけどAさんの言葉なら響く、ってことがよくある。

あるいはBさんの言葉、Cさんの言葉とか。

AさんもBさんもCさんも、言ってる内容は同じなんだよ。

だってみんな僕からFX習ってるんだから。

でもね、三者三様で言い方とか表現が異なる。

「Aさんからアドバイスをいただいて勝てるようになりました!」みたいなお便りをくれる人がいる。

独りで閉じ籠もってないで、人と話すってのも大事だと思う。

昔の僕もそれで救われたことが多々あるので。

僕も昔、先輩トレーダーのアドバイスを大事に自分のノートに書き留めて何度も読んでいた。