【重要】絶対に理解すべき、FXのテクニック8選【いまさら聞けない】

相場ではね、「ある決まった形」ってのがある。

お馴染みのパターン、トレードテクニックですよ。

それを知ってるFXトレーダーと知らないFXトレーダーではエラい違いが出る。

素人トレーダーは当然「知らない」。

で、知らないまま行きあたりばったりでトレードする。

相場に何百万円・何千万円って損失を支払う。

それでもなぜ自分が負けるのか、原因がわからないままFXを続ける。

怖いよねぇ。地獄だよねぇ。

今日はそういう素人トレーダーを脱するための「絶対に知っておかなければいけないトレードテクニック」を8個、教える。

FXのトレードテクニック「絶対に順張り」

最近こういう相場があった。

ポンド円の1時間足。

1000pipsくらい上昇してる。

グイグイと上昇している相場で、「当てずっぽう売り」ってのをする人がいる。

このへんから下げるだろう、このへんから下げるだろう、で売る。

上昇トレンドなのに。

で、売ったのが全部損切りになる。

もしくは損切りすらできずに、一気に数百pipsの損失を被る。

もしくは、FX勉強会で学ぶ仲間がみんな爆益を上げているのに、一人だけ売りでショボい20pipsしか取れないとか、大損失トレードをするという悔しい結果になる。

「このへんから下げるだろう」はFXでは基本的にNG。考えない。

上昇しているときは「押し目で買う」。

つまり、王道の順張りトレードをする。

僕がここ数年、勝率100%が続いているのもこれが大きな理由だ。

まあこれはトレードテクニックというよりは「相場の基本中の基本中の基本」だよね。

でも、初心者トレーダーって逆張りをしたがる。

なぜか?

逆張りは初心者でも待ち構えやすいからだよ。

後で教えるけど、例えばフィボナッチエクスパンションの161.8%がここにある。

161.8%に来たら売ろう!って、コレ、小学生にでもシナリオが立てられるよね。とっても簡単なんだよ。

でも、ロクに環境認識もできてないのにエクスパンションの数値だけ見て当てずっぽう売りをすると損失を招く。

だからそういう初心者みたいなことはやっちゃダメ。

トレードは基本的に順張りで組み立てる。

FXはここで買っちゃダメ!

順張りが基本、ってさっき言った。

でも順張りでも「買っちゃいけない所」ってのが相場にはある。

「壁」がある所なんだけどね。

例えば、一番わかりやすいのがフィボナッチエクスパンション。

4時間足を見て、今こういう波で上昇している。

だからここの山にフィボナッチエクスパンションを当てる。

すると161.8%と261.8%のラインが引ける。

ここは壁になりやすい所なので、順張りとはいえども基本的には買ってはいけない。

トレードする方法は複数あるが、例えば抜けた後の戻し(押し目)で買う。

あるいは抜ける前に壁「まで」買う。

たまにテレビとかのニュースでやるでしょ。

コンビニの前に車止めてたお爺さんが、ブレーキとアクセルを踏み間違えてコンビニに突っ込んじゃいました、みたいな。

FXでは若い人でもバカみたいに何も考えずに壁に突っ込んでいくトレードをする。

壁に突っ込んでいくのはとてもマヌケだし、リスク高いのでやめたほうがいいよ。

「第3のシナリオ」を選択できたらプロトレーダー

相場の先っぽは、やりづらい

上昇相場ってね、上に行けば行くほど買いづらくなる。

だから買うなら根っこで買うのが一番いい。リスクが低い。

上昇した先っぽで買うと、買った直後に落ちちゃうことがあるから。

でね、さっきのフィボナッチエクスパンションの261.8%がここにあるんだよ。最近の相場。

いくら上昇トレンドだからって言って、何も考えずに買いたくないじゃん。壁だし。

でも僕はさっき言ったよね?

「FXというのは基本的には順張りをしなさい」って。

「当てずっぽう売りをするとエラい目に遭いますよ」って。

だからね、上昇しきったこういう所って困るんだよ。

買えばいいのか、売ればいいのか、判断に困る。

「買いか売りか」は子供っぽい

勝てないトレーダーは、相場を「買えそうか・売れそうか」でしか見ない。

もうね、トレードすることしか考えてないんだよ。

とにかくトレードしたい、早くカネ儲けたい、しか考えてない。

それでは考え方が幼すぎる。永久にFXに勝てない。

買う・売る以外に第3の選択肢ってのがある。

それが「わからない」ってこと。

相場は上に行きそうかな?

下に行きそうかな?

上下どっちに行くのかよくわからないなぁ・・・

こういう選択肢があってもいいでしょ。

今回の相場ではソレを使うんだよ。

トレンド転換のパターンをシナリオに組み込む

相場は上の上にいます。

安易に買うのは怖いです。

エクスパンション261.8%という「壁」もあります。

でも上昇トレンドなので基本的には買いを考えたいです。

よって現状では、今後上昇するか下降するか「わからない」と見ます。

こんな相場分析を「とりあえず」する。

じゃあ、今後相場がどのような形になれば「わからない」という状態が解除されるのか。

考えるシナリオはだいたいいつも同じ。決まってる。

5分足で相場がこのような形になって「もうこれ以上上に行けませ~ん」ってなったら売ればいい。

何も考えてない初心者トレーダーはどうするか、っていうと、だいたい次の3パターンだろうね。

  • FE261.8で売りました →死にました
  • 下げた先で売りました →死にました
  • 下げパターンの後で買いました →死にました

トレンド転換の「鉄板パターン」

さて、ここまで学んだらさらに相場を細かく見ていける。

ここの相場では買いのシナリオもいろいろ考えてはいるが、話をわかりやすくするために今回は「売り」に絞る。

大まかに、このような形になれば売るんだったよね?

5分足でもっと具体的にエントリーポイントを絞ろう。

フィボナッチリトレースメントを使えばいい。

フィボ61.8%まで急角度で上昇しているので、ここでは売れない。

しかもその直後に61.8%を上抜けちゃってるし。

上昇の勢いが削がれるのをひたすら待つ。

待っていると、フィボナッチに沿って相場が形作られていくのがわかるよね。

38.2%に収束していく。

急上昇の直後では売らない、止まったのを確認してから売る。

そのためにフィボナッチを使う。

これがトレンド転換時のトレードテクニック。

使えるエントリーパターン「3度目の正直」

さらに相場を細かく見よう。

フィボ38.2%で小さく3回止まった。

早ければここで売ってもいい。

20pipsくらい取れる。

もしくは、最近の相場は強い上昇トレンドだというのをわかっていれば、ここでは売らずにもう少し様子を見ていたいよね。

様子を見ていると下向きに1・2・3と形が現れる。

キレイなエントリーパターンになってるので、こういうトコで売ると一気に落ちていくことがよくある。

相場ってのは「3」という数字が大好きだ。

昔から三尊天井とか言うでしょ。英語でいうとヘッドアンドショルダーズ。

たいてい3回数えた後で相場ってのは動く。

あるいは、僕がいつも教えているトレンドラインを引いてもいいよね。

こうすると非常にわかりやすくエントリーポイントが掴める。

みんな大好き200MA(移動平均線)

5分足に200MAなんか入れれば最高だ。

さっきの「3度目の正直」とかトレンドラインが、さらにわかりやすくなる。

移動平均線は200に限る。

ネットを検索すると、いろんな移動平均線の期間が調べられる。

5、25、75、200、あるいは21なんてのを使う人もいる。

独自のパラメータのMAを5本も10本も100本も表示させてトレードしている人も世界中にいる。

皆さんはそういうのはやめよう。200MA1本で十分。

FXでどうしても勝てなくて、でもお金持ちになって楽な人生を送りたいからこのブログ読んでるんでしょ?

だったら、チャートにアレコレと要らないものを表示させて脳を混乱させるのは今日限りでやめよう。

200MAだけを使う。

しかも、移動平均線の種類もEMAだの何だのいろいろあるが、余計な、くだらいことは考えない。

シンプルに普通のSMA(単純移動平均線)だけを使うこと。

相場格言「頭と尻尾は」は常に正しい

「頭と尻尾はくれてやれ」という相場格言がある。

これは常に正しい。

トレーダーは常にトレンドの真ん中を取るべきだ。

当てずっぽう売りをしてカッコよく天辺を狙ってはいけない。取れたときはカッコいいが、勝率が低くなるので。

最近の相場は強い上昇トレンドなのに、5分足で下げた先で売るのも良くない。

たまたま勝てるときもあるが、やはり勝率が低くなる。

相場で最もオイシイのは「トレンドの真ん中」だ。

さっきシナリオの立て方を教えたよね?

で、明確なエントリーポイントも教えた。

そこで売れば50pipsは取れる。多い人で70pipsは取れる。

これが取れたら1週間は遊んでていい。トレードしなくていい。

押し目探しはエリオット波動をまず考える

最初の話に戻る。

FXの基本は順張りだ。

1時間足を見ると、最近は強い上昇トレンドなので、大まかには「戻したら押し目で買いたい」というシナリオを立てるが当たり前。

じゃあ、その「押し目」というのは具体的にどう探すか?

それがみんなわかんないから、こういうブログを読んでるんでしょ?

複数の方法があるが、トレーダーがまず最初に考えるべきものは「エリオット波動」だろうね。

天辺でV字が出たら、とりあえずこういう形を機械的に想像する。

1・2・3・4・5と5波まで数えて買うことを考える。

もちろんこのやり方で100%勝てるわけではない。

「このやり方で100%勝てる!」と考える素人トレーダーは危険だ。

「未来はわからない」と考えるのが、プロのトレーダーだ。

その通りになるか未来はわからないが、小さなエリオット5波まで来たら買いを考えよう!

と思っていると「迷いなく」シナリオが「簡単に」立てられる。

しっかり待ち構えてトレードしたり、見送ったりすることができる。

今日教えた8個のテクニック、覚えて徹底的に練習したら誰でもFXで勝てるようになると思うよ。