【全員死亡】なぜFXトレーダーはライントレードで勝てないのか【超勝てるトレンドライン手法】

圧倒的!稼げる!トレンドラインFX完全攻略!

みたいな商材とかyoutube動画とか、買ったり見たりしたことあるでしょ?

僕もある。昔ね。

でも勝てなかったでしょ? 僕も勝てなかった。

ネットに出回ってる商材には優位性が無いから。

簡単に言うと「使えない」ってことだよ。

今日は「使える」トレンドラインをハッキリ・クッキリ教える。

  • 効果はあるの?
  • どう引くの?
  • どう使うの?
  • これだけ覚えればOK?
  • 勝てるパターンいっぱい教えて!

勝てないライントレードの商材を買うのは今日でオシマイ!

使えないライントレードのyoutube動画をあれこれ見るのは今日でオシマイ!

正しいFX手法を覚えて効率よく稼ごう!

勝てるFXトレンドライン手法、初心者トレーダーには判断不可能

どの手法が効果的でどの手法が使えないのか。

皆さんはFXで勝てなくて困ってるからこのブログ読んでるんでしょ?

だから正しい判断はできないんだよ。

「このライントレードのFX商材はすごい!」と判断して買うじゃん。何万円も出して。

で、それが今までことごとく「ハズレ」だったんだよね?

まだ勝ててないFXトレーダーに正しい判断なんてできない。

じゃあ、どうやって勝てるFX手法を手に入れるのか?(それが手元になければトレード自体できないからね)

たくさんの人が「勝ててる!」って言ってる、効果が出てるやり方を学べばいい。

これは僕のFX勉強会の2020年5月7日のトレード結果。

詳しくは後で解説するけど。

僕が「このトレンドライン手法は勝てます!」って嘘ついて言うだけじゃなくて、みんなこうやって実際に勝ててるんだよ。

だからこのやり方は学ぶに値する、ってわかるんでしょ?

相場に「効く」手法だ、ってことがわかる。

こういうものをネットで探せばいいんだよ。

youtubeでどっかの有名なトレーダーが紹介してました!だから正しいんです!

だと、またアナタは失敗するよ? 永久に死ぬまでトレードで勝てない。儲からない。

そうじゃなくて、「多くの人が実際に勝てている」という「事実」を見つけよう。

僕のFX勉強会以外にも、けっこう正しいことを教えているFX塾は世の中にあるよ。

永久保存版!勝てるトレンドラインの引き方・使い方を詳しく

トレンドラインで最も重要な「A点」

トレンドラインはどう引くの?

ではとうとう、皆さんが一番興味がある「正しいトレンドラインの引き方」をわかりやすく教える。

「山」を探そう

このチャート画像の中で「山」を探そう。

例えばこういうの。簡単でしょ?

他にも探してみよう。いっぱい探す。探した?

こんなにある。

びっくりした?

「こんなにたくさんあるんだ!」って認識することがまず大事。

山の「反対側」を見よう

例えばこの山。

拡大するとこう。

山の頂点の反対側(つまり山の内部)を見る。

2箇所に印をつける

ここの一番高い所に印をつける。(ローソク足の実体の部分)

その下のヒゲ先にも印をつける。

この2つの部分が「相場で効く」所。

これを「A点」と呼ぶことにする。

FXトレンドライン「A点」はこうやって相場に効く

例えば、こうやってトレンドラインを引いてみる。

すると、5箇所のA点をトレンドラインが通ってるのがわかるよね。

これからB点ってのも説明するんだけど、A点だけでも相場の中でこれだけ効いてるのがわかる。

ちなみにA点は「山」だけじゃないからね。

さっきは山ばかり探したけど、逆の場合もある。

山の逆、谷(V字)でも同じようにしてA点を探して使えばいい。

トレンドラインで2番目に重要な「B点」

次は「B点」。

これはすごく簡単。

山(陽線と陰線のセット)を探して、ローソク足実体とヒゲ先の部分を探せばいい。これがB点。

これもたくさんある。

例えば上の画像はB点。ローソク実体とヒゲ先までの部分。

山ばかりではない。谷も同様。

山の反対、谷の頂点(陰線と陽線のセット)を探してローソク実体とヒゲ先までの部分。

さっき引いたトレンドライン。

B点もちゃんと通ってるよね。

FXライントレードの「儲かる」「勝てる」使い方

トレンドラインルール「A点」「B点」をたくさん描く

さあ、こっからは実践だ。

「こうやってFXで勝てるようになる!」という実際の使い方を教える。

1時間足チャート。

水色の帯のあたりに「だいたいこの辺にラインを引きたい」。

そのくらいザックリとしか、今は決まっていない。

これから細かいことを考える。

水色の帯の中に、さっき説明したA点はどれくらい含まれるのか。

赤の★で示した部分が全部A点。

山の反対側一番高い所とヒゲ先。

山だけじゃなくて、逆の谷のA点も全て印をつけている。

B点も同様に印をつけてみる。

山(陽線と陰線のセット)を探して、ローソク足実体とヒゲの部分がB点となる。

青の★をつける。

トレンドラインは「2つのルール」で引く

ここまで準備ができたら、トレンドラインを「2つのルール」を守って引く。

  • できるだけ山側に引く
  • できるだけA点B点を通るように引く

例えば、このようなトレンドラインの引き方はダメ。

山(頂点)からトレンドラインが離れちゃってるでしょ。

だからもうちょっと上のほうに引きたい。

それとルール②。できるだけ多くのA点とB点を通るように引く。

A点のほうが重要なのでA点を優先で通す。

引いてみてムリだったらB点を通してもいい。

僕はリアルタイムでこのようなトレンドラインを引いていた。

FX勉強会の動画解説でもこのように解説したので嘘ではない。信用できる手法だ。

1・2・3の頂点でトレンドラインを引き、売りのポイントを予測したわけだ。

ライントレードをさらに細かく学びFXで勝てるようにする

トレンドラインだけ覚えればOK?

ここで最初のギモン。

「これだけ覚えればOK?」

「トレンドラインだけ覚えればFXで大金持ちになれるの?」

残念ながら、そんな楽な方法は無い。

が、FXはものすごく難しいものでもない。

トレンドラインともう1つ、「値動きの意味」を覚えると大金持ちになれる。

大丈夫。これから教えることはすごく簡単。

1時間のトレンドラインを5分足に追い詰める

トレンドラインで売りを予測していた部分。

そこを5分足で見てみよう。

赤丸の部分で、1時間足にトレンドラインがあることを根拠に売りのチャンスを掴む。

あなたなら、どこで売りますか?

A?B?C?D?

AとBでは売れない。

なぜかというと、ここは直前で急上昇しているからだ。

ここは「買いの力が強いですよ~」と相場が教えてくれている。

買いの力が強いのに売るバカは素人トレーダー以外にいない。

だから売ってはいけない。

Cもオススメできない。

ここだって直前で急上昇している。

100pipsの上昇の余韻がまだ残っているのに、さらに50pipsの急上昇。

ここで売るのは良くない。

最後に残ったのはD。

今日、僕から習ったトレンドラインを引いてみたらいいじゃん。

A点とB点を通るように引くんだよ。

しかも、いつも僕が言っている「3度目の正直」の形が出てるよね?

3回止まって「これ以上上には行けませんよ~」って相場が教えてくれている。

じゃあ、ここで売るしかないでしょ。

ここで売った人が最初に見せたこの人たち。

少しの誤差はあるが、だいたいこの辺から売って利益を取った。

最大で86pipsの利益を上げている。すごいよね。

勝てるライントレードのエントリーパターン

今日のA点・B点のトレンドラインさえわかれば、5分足でエントリーポイントが掴める。

おなじみのエントリーパターンを4つ紹介。

A点・B点を参考に5分足でトレンドラインを引き、買いトレード。

51pipsの利益。

当然、上位足の環境認識をした上でのトレードだよ?

次はこれ。

トレンドラインを2本引いてもいいよね。

本業が忙しくて寝不足だったらしいが、まあエントリーポイントが良ければそれでOK。

売りのパターン。

A点・B点を意識して、できるだけ「2つのルール」を守ってトレンドラインを引く。

最後。

これもとても良い売りのエントリーパターン。

売った直後からドスンと勢いよく落ちている。45.2pips。

以上、トレンドラインの話、おしまい。