【悲報】FX初心者はアタマ使いすぎて逆に勝てない【簡単・機械的環境認識して楽に儲けよう】

FXで勝ててる人がアタマの中で「ものすげぇこと」を考えているか、といえば「そうでもない」。

意外と、勝てない初心者ほど難しく考えちゃってる場合がある。

考えなくていいことを、考えてもお金が1円たりとも儲からないことを、わざわざ時間をかけて考えちゃう人はヤバい。

だから今すぐに改善するべき。危険なので。

僕なんかはもう9年くらい専業トレーダーやってるけど、基本的にアタマが弱いので(笑)

だからどうしてるかっていうと、例えばこういう場面があったとしたら

次の相場ではどうするべきなのか、って

立てるシナリオというのは機械的に、考えなくてもだいたい決まっちゃう。

今日はその簡単な楽なやり方を教える。

FX学習者の質問に答える。迷いを晴らす(動画アリ)

こないだね、僕がうちのFX勉強会の人の質問に答える会があった。

実際に「こんなことをしました」って動画をyoutubeに上げとくので見たい人は見ればいい。

いろんな質問があったんだけど、簡単に言えば「ここで買っていいんでしょうか」「ここで売っていいんでしょうか」っていう迷いに答える内容だった。

「迷い」とはいえ、やることはいつも決まってテクニカル分析しかやらない。

完全テクニカル。100%チャートだけ見て判断する。

FX簡単に儲かる「考えずにまず機械的にやること」

ポンド円1時間足で、500pipsくらいの急上昇があった。

大きな上昇があったときに、「まずやること」がある。

それは何だろうか?

Yahoo指標発表を見る? ネットニュース見る? ツイッター見ますか?

そうじゃねーだろ。

うちのFX勉強会の中にも残念ながらそういうアホウがいた。

「これはイギリスの選挙だから云々」と、僕がやめろと普段から言っているファンダメンタルズをクドクドと演説した人がうちのFX勉強会にいると、噂で聞いてるよ?

やめようね、そういうのは。

そんなのに意味はない。

そういうまやかし、オカルトを信じたい人は世の中にいる。

が、僕から教わってる以上は、勇気を持って捨てないと。使えないゴミは。

話を元に戻す。

この場面でまず真っ先にトレーダーがやるべきことがある。

「困ったときのフィボナッチリトレースメント」ですよ。

38.2%と61.8%をチェックしておく。

FX簡単に儲かる「おなじみの形」は考えなくてもわかる

今後の相場が上げるにしろ下げるにしろ、トレーダーが真っ先に考えなければならない値動きの「おなじみの形」ってのがある。

こんなものも決まってる。

暗記ですよ。考える必要がない。

すぐに高値更新していくならこうなる。

もしくは、よくある形でもうちょっと押し目が深いのならこうなる。

一度直前の高値を確かめて、V字でちょっと下げて、深い押し目からの上昇。

買うのに一番適した形がこれ。僕のブログとか動画をよく見てる人なら知ってるよね?

小さいエリオット波動で落ちていって5番で止まってからの買い。

5番の部分にフィボ61.8%なんかあったら、なおオイシイ。

今紹介した3つの場合のいずれにも共通した部分がある。

「V字の値動きが出る」って話ですよ。

じゃあ、このV字は具体的にどこから発生するか、って話にだんだん深まってくる。

それは当然、フィボ38.2%付近からの上昇ってのを最初に思いつくよね?

こんなの考えなくても楽に、機械的に判断できる。

じゃあ、38.2%付近からV字が発生したとすれば、その上昇はどこまで行くか。

こんなのもすぐにわかる。

直前の下降のフィボ38.2%付近か、61.8%付近か、直近高値付近か。

つまり、「まあだいたいこの辺まで行くでしょう」ってことになるよね。

「全部戻しちゃいました」は結果論。

この相場というのは実はこの後、「全部戻しちゃう(下降しちゃう)」。

だからといって「最初から売りを考えましょう」「買うのは間違いです」ってことにはならないよね。

全戻ししたのは単なる結果論だから。

「まずは押し目買い」でしょ? 上昇してるんだから。

それが一番簡単なシナリオ、簡単なチャート分析。

相場で、リアルタイムで、その時その時でやるべきことをやってりゃいい。

難しいことを考える必要はない。

環境認識をしてだいたいのシナリオも立てたから、あとは5分足を見ればいい。

5分足にも表示されるようにフィボの38.2に水平線を引いておく。

5分足で細かく見るときも機械的に「やるべきことを順にやっていく」

フィボナッチとかエリオットなどを使って「やるべきことを順にやっていく」。

その手順は「考える」ものではなく、お決まりのパターンがあるのだから「覚えればいい」だけのこと。

5分足ではもうちょっと相場を細かく見ていくんだけど、難しいと考えないほうがいい。

やるべきことを順にやっていく。

1時間足のフィボ38.2付近で下げ止まった。

止まったんだから当然買うよね? ここで売りのシナリオを考える奴はFXやめたほうがいい。

じゃあ、ここで買ったらどこまで保有できるか。

さっき1時間足で予測したよね? 「この辺まで行くでしょう」って。

「ここはV字の形になるだろうから」って。

それはそうと、「この辺まで行くでしょう」ってのは曖昧だよね。

この記事を読んでる人はモヤッとしていることだと思う。どこなんだよ(怒)って。

ここのパターンってのは2通りくらい、すぐに思い付ける。

例えばフィボナッチエクスパンション。

261.8%くらいまでかなぁ、と誰でも予測できる。

あるいは、今回の相場の形は違うんだけど、エリオット波動で5番まで来る形も予測しやすい。

でも、まだ皆さんモヤッとしてるよね?

具体的にどこで買うんだよ(怒)って話。

このタイミングの取り方は若干難しいといえば難しいんだが。

まあ、ここだろうね。

エリオット的な動きを5番までカウントして、時間が経っても下げないのを確認して買う。

ここで買った人は多かったが、1名紹介する。

その後

その後の値動きは思い通りのものだった。

予測した所から下げている。

思い通りの、予測通りの相場になるとFXトレーダーは気持ちよくトレードができる。

予測した所から下げて、再度フィボ38.2ピッタリで止まった。

その後はさらに小さく3回止まった。

で、そこで買った人がいる。当然だよね。

こんなにバッチリわかりやすい所で止まったんだから、ここから上昇していけばいいんだけど。

でも実際の相場は違う。

横ばいでウロウロした後に落ちていった。

この売りを取れなくてくやしい!と思う必要は全く無い。そういう思考回路はトレーダーとしておかしい。

これは1時間足で立てたシナリオでは「もっと深い押し目になるパターン」なんだから、

落ちた後の値動きをゆっくり観察して、余裕を持って売ればいいだけの話。

このときの相場の話を2本、youtubeに動画をアップしたので見てみるといい。リンクも貼っておく。