FXのプロが教える簡単に勝てるシナリオの立て方。メンタルいらない

普段のトレードで使える具体的なチャート分析の仕方を教える。

FX勉強会で実際に教えた内容の一部をブログでも公開する。

トレードをするときに「シナリオを立てる」ってのが非常に重要。

プロの、専業のFXトレーダーの仕事って、コレしかない。

逆に、シナリオも立てずにFXやってる奴は「何やってんの?」って感じ。素人丸出し。

趣味のパチンコじゃねーんだから。

テキトーに買ったり売ったりして儲かるほど、FXってのは甘くないんだよ。

今回はちゃんとしたシナリオの立て方を教えるので、今後はテキトーなトレードはしないこと。

シナリオがちゃんと立てられるようになるとFXで簡単に勝てるようになる。

よく、メンタルを重視する人がいる。

「メンタルが強くないとFXで勝てません!」みたいな人。

そういう人には騙されてついて行っちゃダメだよ?

メンタル崩壊で2億5千万円の損失を出しました、ってプロトレーダー(笑)みたいな人が最近いた。

そもそもFXはメンタルで勝負するものではないので。

間違った知識でトレードしないようにしようね。

ちなみにその人、その後は「何億円取り返しました!」みたいなことを言っているようだが。

そもそも仕返しトレードみたいなことをやっている時点でレベル低いよね。

ツイッターの返信欄で「よくやった!頑張れ!」って騒いでる取り巻き連中も気持ち悪かった。

他人様のトレードなんてオマエに関係ねーだろうが。

レベルの低い所に留まってるといつまでもFXで勝てないまま。さっさと卒業しようね。

FXを簡単にする「シナリオ」

無計画トレードはダメ、ゼッタイ。

朝、前日までの値動きを見て、その日一日のシナリオを立てる。

シナリオは何通りも立てる。

思いつきのルールは使わない。

ちゃんと相場に作用するルールを使う。

例えば、僕がいつも教えているフィボ系とかエリオット波動とか、その他いろいろあるよね。

そういうのを駆使してチャート分析をする。

で、1日のシナリオを立てる。

シナリオは必ずしも当たらなければいけないものではない。

そもそもね、「未来なんて人間には予測不可能」。

「未来なんて予測できません」FXトレーダーの出発点は、ソコ。

原点がソコにないとFXトレーダーは大変なことになる。

値動きのあてっこ遊びをするのではない。

複数の「よくある動き」を何通りも予め考えておく。

そのうち1つが当たったら、その通りにトレードすればいい。

当たらなかったらトレードしない。

ただそれだけ。

FXトレーダーのお仕事って「これだけ」なんだけど、なぜか世の中の人は勝てない勝てない言って苦しんでる。

勝てない人に事情を聞いてみる。

「シナリオにない所でつい手を出してしまってメンタル崩壊して口座破綻しました」って。

そりゃ勝てませんよ。お金減っていきますよ。

正しいFXのやり方をしていない。じゃあ、勝てるわけないでしょ。

FX専業トレーダーが教える簡単に勝てるシナリオの立て方

4時間足

ポンド円4時間足。

この日僕は「買い」で考えていた。

まあ、その後の相場は下げたんだけどね。

大きな視点では当然下降トレンドなんだけど、意味のある水平線の所で反発上昇している。(先日のブログ・youtube参照)

その上昇も、戻しがやや浅く、上昇がやや強いように見えた。

このまま上昇するなら当然、4時間足の200MAまでの上げは見込める。

ただしその確証は無いんだけどね。「なんとなく」って感じで。

まあ、その後の相場は下げたんだけどね。

これは後付けの感想なんだけど「トレーダーの思考が相場より早い」ってのはよくあること。

「上昇するだろう」と、トレーダーが思う。

すると、相場は一度下げて、下げた後で予測通りの地点まで上昇する。

相場の動きがトレーダーの思考よりワンテンポ遅れることがよくある。

今回も結果的にはそういう動きになった。

でも、結果的に、って言ってもしょーがないのでシナリオで対処するしか手はないんだけどね。

1時間足

赤の縦線が現在値。

下側に2本のトレンドラインを引いていた。

トレンドラインの引き方は過去のブログとか動画でいくらでも解説しているので、ここでは詳しくは言わない。

買いたいのなら、ここから何通りかシナリオを立てられるよね。

一番オーソドックスなのが5分足のフィボナッチエクスパンションのパターン。

下降エリオットっぽい動きで161.8%まで下降したら買うやつ。

下にある200MAとかトレンドラインで買えたら最高。

あるいは、直近下降がほとんど全部戻されちゃってる(上昇しちゃってる)。

そこからあまり下げずに高値更新、となると素早い動きになるかもしれない。

素早く対応しなきゃいけない。

あるいはもっと深い戻しからの買い。

その場合は2本引いたトレンドラインの下のライン付近で買えたらいい。

立てたシナリオに基づいてどうトレードしたか

2019年8月28日の5分足チャートはこのようになった。

結果的には「買いを狙っていたのに下げた」。

再度言うが、シナリオの当たり外れというのは「どーでもいい」。

生身の人間に未来を正確に予測する能力なんて無いんだから。

FXトレーダーの仕事は「値動きにどう対処するか」なので。

僕はどういう値動きを狙っていたのか

一番狙っていた、一番わかりやすいパターンはコレ。

これまで何度もブログとかyoutubeとかで解説してきた動き。

この相場って、2番目の高値(②)がハッキリしなかったんだよね。

だからエクスパンションも使えずに「これどこまで下がってくのかなぁ?」と思っていた。

ヘタクソな人は③の辺りでテキトーに買って爆死するんだろうけど。

でも僕はそういう事故には遭わなかった。

なぜなら「シナリオ通りにトレードしようとしていたから」。

③の下落を取れた人もいた。

が、それが必ずしも良いトレードだとは思わない。

FXというのは勝てばいい、というものじゃないので。

自分のルールに従って、4時間足とか日足とか、大きな視点で相場を見る。

で、立てたシナリオに沿って5分足などでタイミングを掴む。

でも③で売れた人って、5分足しか見てなくて「たまたま取れた感」がある人が多いように思えた。

それじゃあ意味がない。

未来の相場でお金は増えていかない。

シナリオに従った簡単エントリーポイント

じゃあ、どこでトレードするのか。

それも立てたシナリオ通りにする。

1時間足で引いたトレンドラインまで下げてきた。

垂直に一気に下げてきたのでまさかソコでは買えないが。

その後の値動きを見るのが大事。

5分足で急激に反発上昇してるよね。

「引いたトレンドラインが効いてるんじゃないか?」とトレーダーが理解する瞬間。

トレンドラインを引いたって、それが必ず効くとは限らないんだから。

その後の値動きを確認する。

ここの買い根拠は複数の解釈がある。

例えば、小さな下降エリオット的なものをカウントして買うとか。

あるいは、トレンドラインを引いてもいい。

大事なのは「これ以上下げないのを確認して買う」ってこと。

ここで買った人を3名、紹介する。

FXのプロから手法を教わって勝てるようになった人の感想文

最後に、今回紹介した3名のうち1名の方から、以前いただいたお便りを紹介する。

milk先生、お世話になっております。

ご挨拶が大変遅くなってしまい申し訳ありません。

先週より、リアルトレードに移行しましたのでご報告させていただきます。

入会以降、デモトレードとCSを中心に取り組んできました。

初めのほうはなかなか結果が出ませんでしたが、努力を続けるうちにプラスの成績が出るようになりました。

少し前に1000pipsは達成していたのですがトレードの内容に不安がありデモを続けていました。

最近になって以前よりもわかるところが増えてきたと思い、まだまだ未熟な部分は多いものの、リアルトレードを開始することにしました。

1年前に先生のブログに出会えたことはとても幸運でした。

あのまま自分一人で手探りのトレードを続けていたらさらに損を重ね、時間を無駄にしていたでしょう。

正しい、有益な情報に触れるということがとても大事だと実感しております。

継続することの大切さも学ぶことができました。

勉強会という場があり、参加者がいることで刺激を受け学習をする動機になりました。

日々書き込みがされているのを見ると、自分もやらなきゃという気持ちになります。

座談会にも参加させていただきました。

リアルトレードへの移行は通過点に過ぎず、これから先にも乗り越える壁があると思いますが、今までのコツコツ努力を続けていきます。

これからもご指導の程、よろしくお願いいたします。