FXトレーダーのメンタル神話を信じるのはいい加減にもうやめようよ

https://youtu.be/FFoBFTGdIcI

FXは「メンタル弱い人間のためのもの」である。

だから、強く生きていける人間はやらなくていい。

  • メンタル弱い
  • 会社行きたくない
  • 人生生きてるの辛い

FXってのはそういう人がやるもの。

だって、メンタル強くて快活に生きていける人は、どんな分野でも成功するでしょ。

くそめんどくさいFXとかやる必要がない。

会社の中でも社交性があって人と上手くやっていける。

友達もたくさんいて楽しくパーリーピーポーする。

でも。

アンタは違うよね? このブログ見てるアンタは。

もっとお金ほしいのに世間は評価してくれなくて、ずっと貧乏なお給料のまんまだ。

また明日会社行かなきゃいけないと思うと辛すぎる。

もう死んじゃおうか。

だいたいそんな人だよ、FXやろうと思う人って。

「FXトレーダーはメンタルが強くないとダメです!」って、FXの本とか胡散臭いアフィリサイトとか、見たことあるでしょ?

でも、そもそもFXやろうと思ってる奴らがメンタル強いわけねーじゃん、と僕なんかは思っちゃう。

無気力な、FXにしかすがれない社会のゴミなんだから。

僕もゴミメンタル人間でした

なんてこと言ってる僕も「社会のゴミ」でしたよ。

10年くらい前、FXトレーダーになる直前なんかは特にヤバかった。

会社行きたくなくて。

人に使われなくない、職場の奴らと上手くコミュニケーションが取れない、もっとお金欲しい。

毎朝、東京の大泉学園から渋谷まで満員電車に乗る。

いつ飛び込んで死んでやろうかと思ってた。

そういう人間ってのはFXしか生きる道がないんだよ。

会社勤めをこの先延々とやっててもお先真っ暗。

楽しくないし、給料も上がらないし。

じゃあ今の自分はどうかといえば、「生きてる超楽しい」「実力に見合ったお金を得ている」。

たくさん努力をしたのに月々20~30万円でこき使われるサラリーマンではない。

メンタル弱いFXトレーダーに「弱い!強くなれ!」はムダ

技術こそが大事

僕が民間企業に勤める前、20代の頃に学校の先生だったというのは先日言った。

そのときに憧れている先生がいたというのも言った。

授業のとても上手い先生だった。

その先生のセミナーがあって、わざわざ北海道から兵庫まで行った。

そのセミナーの中でこんな話があった。

弱い先生に対して「弱い!強くなれ!」って言ってもムダ。

それはその先生の生まれ育った環境なんかが関係してるから、今更どうしようもない。

力強い喋り方の先生もいれば、穏やかな雰囲気の先生もいる。

自分が今持ってる「個性」の中でやっていくしかない。

「技術を磨くこと」こそが大事なんだ、と。

効果のあるやり方を学ぶ、そして何度も練習する。

それを子どもたちの前で実際に試す。

そしたら「先生の授業を受けてわかるようになった!嬉しい!」と子どもたちの顔が変わる。

その事実こそが重要なんだ、と。

ゴミメンタルFXトレーダーはどう対処するか

今思うと、このセミナーのこの話が僕のFXトレーダーとしての原点なんだなぁ・・・と思う。

  • メンタル必要ない。
  • 効果のないファンダメンタルズとか必要ない。
  • 世間で言われてる損小利大とか、鵜呑みにせずに疑ってかかる。

で、本当に相場に効く手法のみ採用する。

練習を積み重ねてトレード技術を上げていく。

元々僕はメンタルが弱いゴミクズ人間だから。

  • ちょっと大きな枚数で取り引きすると心臓がドキドキする。
  • トレード計画に無い所でテキトーなトレードをする。
  • すぐに感情的になる。

それにどうやって対処するか?

座禅でも組みますか? メンタル鍛えますか?

違うよね。そういうのってのは意味ないんだよ。

じゃあ、どうするか。

「工夫」するんだよ。

大きい枚数で緊張するなら10分の1の枚数でやる。

損小利大とか気にしない。1日20~30pips取ったらトレードを終了する。

ずっとチャートを見てると余計なことをやらかす。

だから、3時間毎に休憩を入れる。

その日のトレードが終わったらチャートを閉じる。相場を見ない。

自分の感情を変えるのではなく、行動を変える。感情をコントロールするためのルールを作る。

メンタルゴミクズFXトレーダーが生まれ変わって自信を持つ

10年以上前の僕は、FXにおいてとにかく自信がなかった。

買った直後に「どうせ下がるやろ」とすぐ思う。

シナリオにない所で手を出して、損失出して、勝手にキレて怒ってる。

ちょっと失敗すると1週間くらい相場を見ないで休む。

その間に大きなチャンスが来て、チャンス逃して、面白くない思いをして寝込む。

利を伸ばそうとしたら建値に戻って大声で叫ぶ。

1つの手法を一途に学びきれずに商材やセミナーのジプシーになる。

こんな自分が、その後どうやって専業のFXトレーダーになれたのか。

ありきたりな言い方で悪いんだけど「諦めないこと」ですよ。

自分ができる範囲のことを長く続ける。

1日20pipsでいいから、ルール通りの勝ちトレードをまずは10回続けてみる。

その10回が20回になって、50回になって、100回になる。

成功体験を積み重ねると、最初見えてなくて絶望していたものがどんどん見えるようになる。

20pipsだったのが30pipsに伸ばせるようになる。

たまに50pipsとか取れちゃう。

ダメなゴミクズ人間って精神が幼いので、最初から素晴らしいことをやろうとする。

3回勝てないと諦める。

最初から100pips狙おうとする。で、失敗するとウジウジと機嫌悪くする。

FXにおけるメンタルなんてものは幻想。

考えて、工夫して、自分にできることをとにかく続けること。

努力を続けて成功体験を積み重ねることでしか、本当の答えは見えてこない。

このブログを読んでる人のほとんどが、人生で何もやり遂げたことのない人だと思う。

いっつも妥協する。

いっつも諦める。

FXでお金を儲けることも、妥協して諦めますか?

そろそろ「やった!俺はやり遂げた!」って経験を掴んでみてもいいんじゃないすかね。