「確実に1日10pips抜き」FXトレーダーも正解だし、その他も正解。

以前、「サクッと1日10pips抜き」の話を書いた。

じゃあ、7年ほど専業でFXトレーダーをしている僕のトレードはどうなのか、といえば実は「10pips抜き」スタイルではない。

じゃあ、僕がを言っているのかといえば、そうでもない。

FXで勝ちたくてみんな僕のブログを読んでいるんだと思うが、FX学習者に学んでもらいたいことの一つに「許容」とか「多様」ってのがある。

 

FXトレーダーは数時間後までしか予測できない

勝ててるFXトレーダーは「未来がわからない」

僕は高勝率タイプのトレーダーだ。勝率はほぼ100%。

そういうトレーダーが預言者みたいに相場の遠い未来まで予知できるのかといえば、そりゃあ、ムリだよ(笑)

こないだね、Youtubeの動画で「ここは絶対に買いです」「私の言った通りになったでしょ」みたいな胡散臭い相場解説をしているオバサンを見つけた。

ああいうのに騙されちゃう人は世の中に多くいるのは知っている。が、僕は騙されない。なぜなら「FXってのはどういうものか」という仕組みを知っているから。

原則として、トレーダーは「未来がわからない」。それが大前提。

僕も常日頃からFX勉強会の参加者には、次のように言っている。

僕が「未来は100%予測できます」みたいなことを言い始めたら、それはFXで勝てずに詐欺師になった証拠だから、その際は僕からサッサと離れていったほうがいいよ

勝ててるFXトレーダーは「連続してシナリオを立てる」

じゃあ、どうやって勝ち続けてるのか。

「シナリオ」を立てる。

1時間後とか2~3時間後までのものでいい。(大まかに言えばだけど)上昇・下降・横ばいの3つのシナリオを立てる。

で、近い未来の相場でそのうちのどれかに当てはまったらその通りにトレードするし、もし違ったら見送るか、シナリオを立て直す。

その連続で相場を見ていく。

例えば、朝にチャートを見て1日のシナリオを立てて、夜寝るまでずっとそのシナリオが有効、ってのは有り得ない

天気予報だってそうだよね。

朝にテレビで見てきた予報が夜までずっと通用するかと言えば、朝・昼・晩で確認して「傘必要かなぁ」とか悩んだりする。予報が外れたりもする。

朝1回だけチャート見てシナリオを立てて「はい、おしまい」みたいなお手軽投資法ってのは、この世の中のどこにも存在しない。

「確実に1日10pips稼ごう」は正しい。

だからね、FXトレーダーには遠い未来まで見通す目が無いから、前回僕は↓こんなことを言った。

高確率で取れる所で10pipsゲットしておけば、その後は不必要に損小利大を気取らなくていい。

10時間後・20時間後の遠い未来のことなど、予知できる人などこの世にいないんだから。

  • せっかく50pips取れてたのに逆行して建値まで戻ってしまった
  • 保有時間ばかりかかって、結局薄利で終わった。
  • 「あのとき利食っときゃ良かった」

こういう、よくある無駄とか迷いが無くなるよね。それはトレーダーとしては「良いこと」。

我慢して耐えてばかりいるトレーダーは、2流3流。

 

10pips抜きトレーダーとは別のスタイルもある

高勝率&損小利大のトレードスタイルになってきた

僕はどうかというと、例えば最近の獲得pips数はこんな感じ。

25.0, 46.2, 26.3, 32.0, 256.0, 44.3, 60.1

僕はパリス昼豚さんを尊敬しているので、「1日20~30pips取ったらオッケー」だったんだけど、現在ではちょっと変わってきている。

「取れるときに取っておく。わからない相場では一切手を出さない。」

だから最近では1ヶ月に1回しかトレードしないときがある。

また、以前は損小利小スタイルだったが、最近は損小利大のスタイルになってきた。

これは以前パリス昼豚さんもブログで仰っていたことではあるけど、トレードスキルが向上すると次第に利食いが伸ばせるようになる。

僕もたぶん、そういうトレードスタイルにシフトしてきたんじゃないだろうか。

なぜ損小利大か?

それが最も自分にとっては効率がいいんだよ。

スプレッドとか手数料を気にする必要がないし、何度もトレードしなくて良くなる。

たまに損失を出したときでも、利大で何千pipsも取っているから1回の損失は痛くない。

10pipsを月に5回とか10回取るより、数十~数百pipsを1回取ったほうが(自分にとっては)

楽なことをやって金儲けができるんだから、そっちのほうが当然いいよね。

ただし、FXはレバレッジが効く投資だから「レバレッジをかけて10pipsを1回抜く」でも、もちろん正解だと思う。

それはね、何を許容するか、ってだけなんだと思う。何が絶対的に正しいか、ではなく、多様なトレードスタイルから自分が許容できるものを選んでいくということ。

 

トレードスキル習得には順序がある

FXにおける「成功体験」

このブログで僕は1京回くらい言っているが、「勝てる手法」を持っているのが大前提

勝てないそんじょそこらの詐欺商材とか、最も最悪なのは素人トレーダーが手法を自作するとか、そういうのはナシ

だからFXで勝ててない人は僕のFX勉強会にサッサと参加して勉強すればいいんだけど、

今はそういう話は置いといて。

FX学習者はまずは「正しい」「勝てる」手法で20~30pips抜きを徹底的にやるべき。

目先の勝ち負けはどうでもいいので、カッコつけて建値決済とかしない損切りも広く取っていい。(広く取ったほうがいい)

自分のトレードを評価してくれる先生(メンター)とか仲間がいれば最高だが、自分のトレードを「正しいやり方」で随時振り返る。

そうやって何度も何度も何度も何度も何度も練習を積み重ねる。

「自分は20~30pipsなら取れるんだ」という成功体験を、何度も何度も何度も何度も何度も積み重ねる。

成功体験が多くあるから、徐々に利大にも挑戦できるようになる。

また、逆にその成功体験が高確率10pips抜きスタイルに繋がる人もいる。

すぐにメンタルに逃げるFXトレーダー

そうじゃなくて、やれポジポジ病だ何だと、すぐにメンタルに逃げるトレーダーがいる。

FXで勝てるようになるには、正しい方法で何度も練習してトレードスキルを向上させるしか方法は無い。お手軽な道は無い。

メンタル本だの、その他の余計な方法だの、横道それてばかりで余計なことしかしないトレーダーは、いつまで経ってもトレードスキルは向上しないし成功体験も得られない。

成功体験が得られないから、いつまで経ってもエントリーするのが怖い、ポジポジする、儲からない。悪循環

僕の言うことを素直に聞いて、早く「FXの真理」に気づくべきだよ。

でないと、アンタの眼の前にはいつまでも地獄(苦しみ)が続く。