専業7年目のトレーダーが教える「FX初心者がすべきこと」2

僕は何の根拠もなくブログでいつも偉そうなことを言っているわけではない。

もう1つのFXブログでも書いたが、そこには僕の「やらかしてきた」経験がある。それを元に「そういうことをやってたらFXで勝てませんよ」とアドバイスしている。

その辺は、ちゃんと聞くべきなんじゃないのかなぁ。

ちなみに前回の記事は↓こちら。

 

素直に学ぼう ~かつて僕のFX勉強会にいた「あの人」の例

「5万円FX」パリス昼豚さんのブログから

メシマズ嫁って知ってるだろうか?

僕の尊敬するFXトレーダー、パリス昼豚さんのブログから引用。

最近、ネットで知ったメシマズ嫁。知ってます?
既婚者の男性が、嫁さんの作るメシがいかにマズいかを語り合ってるらしいんですが、
まとめサイトとかで爆笑しながら読んでみました。・・・が、途中であまりに気持ち悪くなってきて、
段々と笑えない(ワロエナイ…)状態になりました。
オリーブオイル or 酢 or ヨーグルト or メープルシロップなどを何にでもかけるとか・・・なぜなの?
お米を洗剤で洗った人は昔聞いたことがあって仰天したけど、オロナミンCとかアクエリアスとかで米を炊くのはなぜ?
鮭が半生の生臭いクリーム煮で旦那さんと子供が寄生虫にあたったとか、なんでそうなる?
ハツカ揚げって・・・ハツカ大根の揚げ物かなぁ?なんて思いながら読み進めた私がバカだった。
隠し味が隠れない。 ←いや、意味がちょっと分からない
目分量がすげぇ量。 ←味見したら分かるでしょうに
火加減がいい加減。 ←常識的に、何回か作れば適度な加減は分かるはずじゃ??
いや、もう、なんで?なんで?なんで?なぜそうなるの??と頭をグルグルしてました。
私は家事の中で一番料理が好きじゃないので(台所が汚れるから)えらそうなことは言えませんが、
それでも料理するときはレシピ本の通りに作ったり、常識の範囲内でのやり方で作れば
普通の味のご飯(フツメシと呼ぶそうです)になりますけど・・・なぜ?

僕がこれを読んだときに、すんなり理解できた。

「ああ、あの人ね」と、僕のFX勉強会にかつて在籍していたある人が明確に思い出された。

あの人

とにかくね、僕がモノを教えても、いちいちアレンジするんだよ。

  • チャートは白の背景にしなさい →黒くする
  • MAは赤にしなさい →緑にする
  • ラインは一番細くしときなさい →太くする
  • ローソクは最小から2番目の細さにしときなさい →一番太くする

これじゃあね、話にならない

教わってる先生と同じチャート設定にするのが説明を受けてて一番わかりやすいと思うんだが、なぜアレンジするのか?

それは「素直じゃない」からだよね。

僕の勉強会に来る人というのは、何年も10年も「FXで勝てません、苦しいです」と失敗して、ようやくネット辺境の地(=僕のブログ)にたどり着いて、そして正しいトレード手法を教わっている方々。

だから僕のことを信頼してくれているはずなんだけど、たまにいるんだよ。

これまで学んでいたトレード手法では、って言っちゃう人。

アンタがこれまで学んでいた手法ってのは、何年も10年も勝てなかったんだよね? なんで今さらそれに拘るの? 忘れればいいじゃん、俺が新しい「勝てる手法」を教えてるんだからよ。

って僕が言っても、とにかく聞かない。過去の自分のやり方に拘る。プライドが高い。

そういう人はどうなるか。

  • 僕が教えているのと逆をやるから、手法の解説が理解できなくなる。学習についていけなくなる。
  • 僕が「売りなさい」って言ってるのに買う →大損失で口座破綻

こうなるのは目に見えてるよね。

でも、こういうメシマズ嫁(この人は男性だったが)は想像力が欠如しているから、どんどんどんどん自分のアレンジを加えていく。で、破綻する。

当然この人は「自分で勝手にやらかして」相場からも勉強会からも退場していった。

FXを学ぶときは「素直さ」がまず第一。

自動車教習所で、助手席に乗ってる教官の言うことって聞くでしょ。

だって俺、危険な運転して死にたくねーもん。もうちょっと長生きして人生を楽しんでいたい。

FX界隈ではその理屈が通用しないことが多々ある。「アンタ、相場で死にたくないでしょ?」って。

相場で死なないように僕が正しいことを教えてんのに、なぜか勝手にアレンジして、そして勝手に死んでいくんだよ。そういうのはナシにしなきゃ。

 

「デモトレードは意味がない」の人

「デモトレード 意味ない」でググるじゃん。

そしたら、↓こういうサイトが検索のトップに出てくるんだよ。

こういうのを見ると僕はアチャ~って思っちゃう。

FXで勝てない初心者トレーダーが「あ、デモトレードって意味ないんだ」と勘違いする。

で、どうなるか。「現金かけてリアルでトレードしないと本気になれないよな」と言って、現ナマかけてトレードを始める。

で、初心者はトレードスキルなど皆無なのだから、100%の確率で相場に殺される。

そもそも、お金の大切さを知らない人はトレーダーに向いてない。

少額だからリアルトレードして失っても大丈夫でしょ、みたいな人はダメなんだよ。「トレーダーは大事なお金を扱う仕事」なんだから。

デモトレードだと真剣になれません

知らんがな。

FXの学習というのは、真剣に取り組まないと意味がない。デモだと真剣になれませ~ん、って人は、根本的な部分から考え直したほうがいい。

FXトレーダーの大切な仕事の一つに「自分と向き合う」というのがある。

以前↑ここにも書いた。

  • トレード中の自分の癖は何か
  • どういうときに自分は「やらかす」んだろうか
  • 教わった手法を自分は正しく学べているんだろうか

こういったことを内省しながら、毎日の自分のトレードをしなきゃいけない。

デモだと真剣になれませ~んの人って、たぶん根本的にやる気が無いんだと思う。「FXなんて何とかすれば上達するやろ」といい加減に考えてるんだろう。

デモでもリアルでも真剣にやらなきゃいけないと思うんだけども、僕は。

お勧めは「デモで資金を2倍にする」という修行法

以前の記事で書いた。

適正な枚数でデモトレードをする。僕の勉強会の手法では「10万円で1枚(10000通貨)」だが、手法によって、もしくはトレードスタンスによって異なると思う。

で、資金を2倍に出来たら「仮免卒業」。いよいよリアルトレードに入る。

仮免卒業までには様々な課題に直面する。

  • またルール違反しちゃいました。
  • 本業とトレードとが両立できません。
  • 損切りできずに口座破綻しました。
  • 諦めそうになりました。

そういう課題を1つずつ自分で解決していかないと、デモでやろうがリアルでやろうが、勝てるトレーダーには一生なれない。

課題に直面する度に試行錯誤すると思う。

  • トレードノートを見返してみる
  • 過去の負けトレード集(うちの勉強会ではDieジェストと呼ぶらしいが)を見返してみる
  • 毎週の座談会でトレーダー仲間と話してみる
  • 僕の毎週の相場解説動画を確認する

出来ることは多くある。そういう試行錯誤が経験値となり蓄積されていく。

それが大事なんだよね。デモがいいのかリアルがいいのかってのは、結構どーでもいい。要は「やるべきことをアンタはやったんですか?」で勝てるトレーダーになれるかどうかが決まる。

デモがいいのかリアルがいいのかとか、ググって変なサイトに騙されるとか余計なことしてるヒマがあったら、アンタには今やるべきことがあるんじゃないの?

と、僕は言いたい。