フィボナッチリトレースメント38.2での鉄板トレード~FX勉強会

鉄板というのはつまり、以前紹介した進研ゼミのようなもので

待ってました!

って感じのエントリーポイント。

うちのFX勉強会でもトレードしていた参加者がいるので紹介する。
逆張りなのでpips数が小さめではあるが、再現性は素晴らしい。





基本的に勉強会内の手法についてはブログでは公開しない。

でもまあどうせ、真似しても勉強会の外の人には再現不可能だと思うので今回のは載せる。
今回の買いの仕組みは、超大まかに言うと



フィボナッチリトレースメントの38.2%からの買い。

とはいえ、ラインだけ、フィボナッチだけ、みたいな単純なもので手法を組み立てているわけではない。それは素人のやり方だ。
プロが選んだ効果的なツール・方法で相場分析をした上で、トレード判断をする。

よく

プロはシンプルな方法でトレードしている

と言う素人トレーダーとかアフィリエイターがいるが、それは誤解だ。
プロは勝つために、素人が考えもしないようなことを何通りも想定してチャートを見ている。
プロとアマとの違いは「役に立つ効果的な方法を使うか、ガラクタを使うか」ということだと思う。

先程も言ったように、プロは効果的なツール・方法を使って的確な相場分析をする。
効果のない、意味のないことはしない。

素人は「あれやこれや」、意味のないインジケータや手法を思考停止状態で山ほど用いたり
Ku-chartみたいなオカルトを未だに信じていたり
頭の中がグチャグチャな状態でトレードに臨む。当然、勝てるわけがない。

そういう意味では、プロの頭の中は常にシンプルに動いているとは思う。