トレードで「1000pipsを取ること」と「資金を2倍にすること」とは違う。

僕のやっているFX勉強会では、

デモトレードで資金を2倍にすること

というのが推奨されている。

FX口座に10万円の資金を入れて、1枚(1万通貨)でトレードし
だいたい1000pipsほど取るとその目標が達成される。

「1回の損失は資金の2%まで」というのを本か何かで読んだことがあるかもしれない。
でもそういうのはクソくらえ、だ。

よく「家賃は収入の30%が目安です」とか世間では言うじゃない。
でも、んなことドコのダレが決めたんだよ。
どんな部屋に住もうが勝手だよね。
犬飼いたい、趣味に興じたい、会社から近いほうがいい、それぞれ個人の事情に応じて考えて決めたらいい。

損失が2%だろうが5%だろうが10%だろうが
ヘボいトレーダーは口座破綻するだろうし、上手い奴は資金をバンバン増やせる。ただそれだけ。


推奨の枚数でトレードを行い、デモトレードで資金を2倍にする。
「現ナマかけないと真剣になれない」とかアホがよくいるけど、そういうのはそもそも練習でも本番でも真剣に取り組めない人間。
なので、FX自体やめたほうがいい。
職業としてのFXトレーダーを甘く見すぎている。

デモで2倍に出来たら仮免卒業。
今度は、いよいよリアルトレードで資金2倍に挑戦する。

最初のうちはドキドキするかもしれない。
でも、メンタル本に逃げちゃダメだよね。
FX界隈でよく言われる「FXではメンタルが云々」はゴミ知識なので、捨てたほうがいい。

自動車学校と同じだよ。
仮免取って初めて車道に出るときはドキドキする。
そのとき、隣に乗ってる教官からメンタル本なんか勧められるか?
そんな所は怪しすぎるからサッサとやめて他の教習所行ったほうがいい。

「練習と同じように正しく安全な運転をしなさい」
「たくさん練習して慣れなさい」
だよ。ただそれだけ。
FX界隈だけ「メンタル本を読めばFXが上手くなる」というオカルトがまかり通っている。これはおかしい。
本の著者と出版社とアフィリエイターにカネ貢いでるだけだから。

リアルトレードで何か余計なことをやらかす人ってのは、たいてい

「これまでのメンタル信仰の思い込みが捨てられない」
「そもそも素人の独り善がり手法でトレードしている。プロから教わってない」
「デモトレードで十分な練習をしてきていない」
「単にリアルトレードやり始めたばかりで慣れてない」
「異常な枚数でトレードしている」

のどれかだ。
特に最後のは枚数を減らすことで解決することができる

カイジの世界じゃねーんだから。



しょっぱなから何十億かけてトレードするかい?
負けたら自分の臓器を売ったり鉄板の上で焼かれたりするのかい?

んなドキドキするようなことに毎日取り組んでられないよ。そりゃ無理ってもんだ。
トレードはほぼ毎日しなきゃならない仕事だ。
だったら、今のアンタに合ってる枚数でやればいい。



でね。
ここまで来て「今日の本題」。

よく間違う人がいる。

「1000pipsを取ること」と「資金を2倍にすること」は違う。

僕もいい加減にただブログを書いているわけではない。
ちゃんとモノ考えて書いている。

「1000pips取ること」というのは、単なる目先の勝ち負けしか見ていない。
とにかく勝てばいい。たくさんpips取ってやるウェーイ、の世界。
それでは、いつまでも一人前のトレーダーにはなれない。

「資金を2倍にすること」という目標はちゃんとした意味があるから僕が推奨している。
そこを考えないと。

結局ね、一言で言えば
「安定的に資金を2倍にできる力があれば、アンタの人生はどうとでもなるんだよ」
ってこと。

最初の資金が10万円だろうが5万円だろうが1万円だろうが
10万を20万に、20万を40万に、40万を80万に、80万を160万に・・・
いつでもやることは同じ。
相場を見ながら自分のやるべきことを淡々と行う。
資金を2倍にできる実力がつけば、お金は勝手に2次関数で増えていく。

そのための練習に全力を注ぎなさい、と僕は言っている。