FX手法の過去チャートでの検証ってどれくらいの期間やればいいの?

趣味でやっているプログラミングのブログがある。

整理しないまま日々アウトプット(学習)目的で書いていたので
書いてることがわけわかんない所が多いし、ブログ全体がちらかってきた。

自分の勉強のために書いているブログなので、まあいいんだけど
そのうち、プログラミングを学んでいる人が「検索から来ますた」って参考にしてくれるかもしれない。
なので、過去に書いたものを整理しようと考えた。

今なら、以前よりちょっとマトモな内容が書けるだろうし
忘れている部分があったのなら、それは復習になるので良いことだろうし。

でね、

効果は抜群だった。

自分が過去に書いた記事を読んで確認したり、書き直したり
新しくコードを書いて練習していたりすると、もうね、酷いんだよ。
間違いだらけだったり、あたかも理解したかのように難しい部分に注釈も付けずに放置していたり。

当時は今よりレベルが低すぎて、何も意味がわかってなかったというか
「そこが間違ってる」「そこが大事」ってこと自体、認識すら出来てなかったんだろう。

で、成長した今、見てみると「わかる」。

これがなかなか嬉しい。
しかも、過去にやったのをもう一度書いて復習すると理解が深まる。

これ、FXの学習でも同じ。
僕は

過去チャートの検証なんて何十年分もやるな

と言っている。
ブログにも過去に書いているし、FX勉強会の中でもそう言っている。

僕の教えているFX手法は「相場によく効く」。
なので、本当に利益が出るかどうか、みたいなレベルの低い検証はしなくていい。

話が横道にそれるけど、ポチポチおじさんこと内田博史氏のブログでよくあるでしょ
検証しろ、検証しろって話。

自分の考えた手法が相場に作用するかどうか、何年分もの過去チャートで徹底的に検証しなさい、みたいな。
ああいうのは真に受けちゃダメだよ。
そもそも論として、素人が手法作ってもほぼ100%上手くいくわけがないんだから。

でね、バイザウェイの閑話休題で

例えばうちのFX勉強会に入った人だったら、勝てる手法が与えられたわけだから
直近数年、もしくは習いたてだったら、直近数ヶ月分のチャートで練習してみたらいい。
っていうか1年分でいい。

で、自信をつけたり理解を深めたりしたら、もう一度同じ相場でやってみる。
すると、前やったときと考え方が違ったり、前やったときの間違いを見つけたりすると思う。
これが

成長

なんだよ。

その練習と並行して、サッサとデモトレードをやってみたらいい。
デモトレードをやって、勉強会内で披露してみて、周りの人たちのと見比べて恥かいてみて、僕に怒られたりしてみて
たまには座談会に参加してリアルタイムでトレーダー仲間と話して理解を深めたりアイデアを貰ったりして

そういう学習のほうが、独りでシコシコと何十年分の過去チャートで「検証(ごっこ)」しているより
何倍・何十倍もトレーダーとして成長できる

と、最近わかったので僕はみんなに広めている。