FXトレーダーが「勝つ」ためのルールや考え方。メンタルは必要ないけどね 1

「脳は否定形を理解できない」

という言葉を聞いた。

で、これを聞いた瞬間に僕の頭の中でいろんなことが繋がったんだけど
今回はそれを書いてみようと思う。
とても大事な話。

ダメな人ってのは「○○するとダメ」って自分に喝を入れたり自分を責めたりする。
すると、どんどん泥沼にハマってますますダメになる。

僕が以前紹介した「小さな習慣」にも、そういえば同じようなことが書かれていた。

小さな習慣は、よいことに向かっていく行動だけを対象にします。

例えば、ダイエットのために「あれ食べちゃダメ」「これ食べちゃダメ」
には使えないということだ。

小さな習慣には否定形が無いので、例えば「腹筋1回」という目標を立てると
今日も1回できた
今日もできた
今日もできた
今日はなんと10回もできた
今日は+1回に挑戦してみようか。なんと11回もできた
・・・
・・・

と、気持ち良さしかない。
だから心理的抵抗がゼロで長く続けられるし、長く続けたことによる「成長の複利」の恩恵を受けやすい。
「毎日1回」から始めたものが、ある時期から爆発的に成長し始める。

うちのFX勉強会の参加者には2種類の人間がいる。
独りよがりのルール無視のクソトレードをやらかした人に

ルール守れ
クソ死ね

と、僕が少し強めの指導をしたとする。

強い人、やる気のある人(だいたいがこのタイプだが)は十分に反省して
気を強く持って、またルール通りの良いトレードをし始める。

逆に、弱い人もいる。
ちょっと怒られるとウジウジウジウジウジウジ・・・とウジウジ虫が発症
これまで20pips・30pips取れていたのが、5pipsとか建値決済とかゴミみたいなトレードしかしなくなる。
消極的。

だからって僕は言うことは一切変えないんだけどね。
クソには「お前はクソだ」と言い続けるのだが。

しかし、たぶんこの「弱い人」ってのは「脳は否定形を理解できない」の原理が働いてるんだろう。
ちょっと強く言われるとすぐ頭の中がパニックになってワーーってなって
何とかしなきゃ、すぐに何とかしなきゃ、わー、何とかしなきゃ
で、ネガティブな考え方で自分を縛ろうとする。

○○しないようにしよう
○○しないようにしよう
○○しないようにしよう
○○しないようにしよう
○○しないようにしよう

部屋中に「○○しないようにしよう」の紙を貼りまくる。
で、結果はどうかというと、立てた目標とは真逆のことをやり続ける。
クソpipsで決済しないようにしよう、と思うと結果的にクソpips決済を連発する。

これって、どういうことなんだろうか。

続く。