ナンピンで口座破綻するFXトレーダーへ ~「FXサークル」じゃダメだけどね。

相場では「生き残ること」が最優先事項となる。

コツコツと勝ちを重ねればお金は増えていく。
トレード回数が少なくても、勝率が高ければ複利が効きやすくなる。

少しの損失というのは毎度あることだし
大きめの損失もたまに起こること。
必要経費。

ただ、口座破綻で資金がゼロ円になるのは避けたい。
プロのトレーダーであれば、絶対にあってはならないこと。
口座破綻というのは、これまでコツコツとトレードしてきた努力が全て無駄になるということだし
資金がゼロになって再起不能(もうトレーダーとして活動できない)になるということなので。

だから「当てずっぽうのトレードはやめましょう」と
僕はブログとか、僕のやっているFX勉強会の中で度々言っている。

グイグイと上げている相場で「もうこの辺で止まるだろう」と安易に売り、とかやらない。
やるんだったら明確な根拠を持ってやる。
独り善がりなどーでもいい根拠じゃなくて。

まあ、これだけ言ってもいい加減なエントリーをするバカは出てくる。

練習の段階で口座破綻をしてみるといいよ。
デモ口座であれば、リアルに深刻な事態にはならないから。

デモトレードして、資金を2倍に増やしたらリアル移行の修行に取り組めばいい。
コレ、結構大変。
コツコツとトレードして「あと数トレードで資金2倍!」って所でヘタをして口座破綻。
脱力感。数日は何もするきが起こらなくなる。

僕が昔習ったFXの先生は

海より深く反省します

が口癖だったけど、海より深く反省すればいい。
まあ、こういうことを言う人のほとんどが「口だけアピール」ではあるのだが
僕の先生は本気で反省する偉大な人だった。

僕が今やっているFX勉強会で、たまに「馴れ合い」が出てくる。

「先日口座破綻しちゃったんですよ~」
「そうなんですか? いや~、僕もなんですよ~」
「お互い頑張りましょうね~」

お互い頑張りましょうねは「しがない」の口癖なので嫌いなのだが、まあ、こういう感じ。

一時的に励まし合うのは別に構わないし、極度にストレスを感じるのは良くないので
そういうときは勉強会の仲間を使えばいい。
せっかく勉強会に入って貴重な手法とか仲間を得ているんだから。

問題なのは

口座破綻した人が他にもいるから安心

という甘い意識なんだよね。
多い日も安心、じゃねーんだから。

口座破綻したのはなぜか。

アナタがクソだからです。

だから、クソでどーしよーもないアナタ自身を変えなければいけないのです。
元気無さすぎるので励ましてもらうのもいいし
どうしたらいいかわかんないから仲間に助言してもらうのもいいし
以前ブログに書いたように、何日もノートを書きまくって深く思考してもいいし

とにかく足掻いてどうにか改善しようとすること。

口座破綻した人が他にもいるから安心、多い日も安心
と安心している場合ではないのです。

まあ、素人が自作手法作って満足してたり
そんじょそこらのクソ商材掴まされてクソみたいなルールでトレードしているんだったら
どう足掻いたってムダなんだけどね。

うちの勉強会に参加してる人みたいに、正しい手法、正しいやり方を得ているってのが前提の話ではあるのだが。