FXトレードでメントレとかする前にもっとやることあるだろ、ね。 2

FXでエントリーするときに「負けるかも」と思ってビクビクする。
まだ何も始まっていないのに、だ。

買いとか売りのボタンをクリックしたわけでもない
ポジ持ってない
エントリーして含み損になったわけでもない
損切りに刺さったわけでもない

そういうことが、何一つ起きていないのにアホみたいにビクビクする。

しょうがないよね、にんげんだもの。
失敗したくないもの。

それは認めて受け入れていいと思う。隠したってしょうがないし。

ただ、ポチおじ(省略形)のブログ行ってメンタル本買うのはいただけない。
そうなっちゃうと単なる「逃げ」になってしまう。

要は、簡単に言うと「慣れ」なんだよね。
恐れを無くすには「慣れ」が大事。
「慣れ」以外に何か特効薬はあるのかい? 無いよね、常識的に考えて。

スポーツ選手が素振りを何千・何万回するのと同じように
まずはやるべきことをキチンとやってからでしょ、って話。メンタル本に逃げてないで。

自分にできる努力をして、分かることが徐々に増えていって
「あ、これは大丈夫なんだ」って成功体験を自分の中に積み上げていく。
だから、恐れが無くなっていくんだよね。

もう20年も前、大学生のときに僕は車の免許を取ったけど、免許取り立ての頃は運転するのが恐ろしかった。
しかも2~3月の北海道で道はツルツル滑るし、ワダチも出来てて死ぬ思いで走っていた。

それでも何十回と乗っていたら、慣れるよね。それと同じ。

もしくは、英語学習にも例えられる。

確かに慣れは大事だけど
頭カラッポの奴がネイティブの人といくら話したって英語は上達しない。
「頭カラッポのほうが夢詰め込める」とか歌ってたってしょーがない。
まずはルールを学ぶよね。単語とか文法とか。

で、その方法も「聞き流せば上手くなります」

みたいな詐欺商材だったらしょうがない。
「ちゃんと効果の出る方法」で学ばなきゃいけない。

で、ネイティブが言ってることがちょっと理解できた
ちょっと喋れるようになった
ってなって、自信とスキルを深めていくのが正式な道筋だよね。

ネイティブと話せないからといってメンタルトレーニングをする人、いるかい?
んなバカいないよね。
なぜかFX界隈では、そういうバカが許されているという不思議。

素人の独り善がり手法じゃなくて、ちゃんと効果が出る手法を学びましょう
ちゃんとした手順に従って学びましょう
コツコツ努力をして成功体験を積みましょう

だからトレードが上達する。
これ以外にトレード上達の道など無い。一切無い。

もっと具体的なアドバイスとしては

枚数を減らす

というのは有効。

FXトレードの、これまでメンタル云々の問題と言われてきたことのほとんどは
エントリーの枚数を減らすことで解決できる。

10枚持つと「やらかす」んだったら1枚にすればいい。
1枚持ってドキドキしちゃう人は1000通貨にすればいい。
早く儲けたい、もっと儲けたい、そういう欲があるからドキドキするし「やらかす」。

トレードは、自分の力量に合わせた枚数で取り組んだほうが、意外と早く億万長者になれる。(ことが多い)