【専業が教えるFX手法】シンプルトレード鉄板エントリーパターン

FXのトレードってのはシンプルに考えることが大事。

なんだけど、僕みたいなプロのトレーダーが「シンプル」って言ってるのと、全く勝ててない素人トレーダーの考える「シンプル」は、たぶん異なる。

例えば、一番わかり易いものは「移動平均線だけで勝つ方法!」みたいな。

んなもん勝てるわけねーんだよ。

でも、素人トレーダーってのは努力したくないもんだから。

頭の中であーだこーだと思考したくない。だって疲れるから。

だから「移動平均線だけのシンプルトレード!」みたいなものに騙される。

できるだけ脳に負荷をかけないように、疲れないように、楽に生きようとするのが素人。

シンプルなトレードであることと、考えないことは違う。

僕は毎日チャートを見ながらメチャクチャ考えてる。

だからお金が儲かる。

プロが考える「シンプルトレード」って何?

僕みたいな才能のない人でもFXのプロにはなれる。努力次第。

で、そのプロが考える「シンプルトレード」ってのは何か。

いろいろあるとは思うが、今思いつくだけ挙げてみる。

必要なツールを使ってチャート分析を行う

こないだ、お便りをいただいた。

東京時間・ロンドン時間・ニューヨーク時間みたいなものを研究しています、と。

東京時間の値動きはこうだ、みたいな考え方って世の中にあるじゃん。

しかし、あんまりセンスないなぁ、と僕は感じた。

チャートを見ない不真面目な人よりはマシだし、興味があるんなら研究すればいいとは思うが。

でも、普遍的じゃないよね。

ロンドンの市場がお休みの日もあるだろうし。

雇用統計を控えていて云々、みたいな相場のときもあるだろうし。

その他いろんな事情で普段とは違う相場状況のときもあるだろうし。

と、考えると、検証しなきゃいけない項目が爆発的に増えるよね。

じゃあそれを全て調べたとしても、実際のトレードで使い物になるだろうか?

労力に見合っているんだろうか。

そういうアヤフヤな、不安定なものをベースに僕はトレードしたくないなぁ。

それよりは、いつものフィボとかのツールを使って毎日同じ分析を淡々と行ってたほうが楽じゃね?

で、相場状況が悪いときにはトレードしない。

それで十分だと思うんだけどね。

相場の自然な流れに従う

大きな相場の流れを見て下降トレンドだったら売りを狙う。

それが当たり前なんだけど、その当たり前ができない人は多くいる。

「そろそろ上がるやろ」つって当てずっぽう買いをする。

で、爆死。

実は僕は最近「検証作業」ってあまり必要ないなぁと感じている。

FX界隈で昔からよく言われるよね。検証しろ検証しろ、って。

でも、相場の流れに正しく乗れていれば大きな痛手を負うことはない。

相場の流れに正しく乗れれば、初心者でもサクッと利益が取れたりする。

そういうのがさっき言った「シンプルトレード」だと思うし、自然な流れだよ。

逆に、相場の流れに逆らって「俺は上手いんだぜ!」「みんなとは違う所でカッコよく利益抜いてやろう」みたいな心理が働くとロクなことがない。

だから相場分析をちゃんとして、流れに沿ってトレードするってすごく重要なことだと僕は思う。

鉄板エントリーパターンを持つ

勝てない素人FXトレーダーってのは、よくわからないまま売買する。

テキトーにチャート見て、勝ちたい・儲けたい・トレードしたい、っていう欲だけで動いてるから。

自分の頭の中に明確な勝ちパターンを持っていなきゃいけない。

前にも言った。

コレじゃ、ダメなわけ。

こうじゃないと。

自分はここで売ってこうなったら利食いします、って明確なイメージ持ってないと。

でも、さっき言った通り、アタマ使わないとこういう鉄板エントリーパターンみたいなのは見えてこない。

素人にありがちな、MAがクロスしてRCIが70%以下で一目均衡表が・・・みたいなシステムトレードではない。

システムトレードみたいな楽な方法で一生食べていくことはできない。

実際のプロトレーダーの鉄板エントリーパターンを見せる

今回、

  • シンプルトレード
  • 鉄板エントリーパターン

とか言ってるけど、それが実際にどういうものなのか。

僕が実際にトレードした相場を見せる。

4時間足

下降トレンド。

だが、下げが次第に緩くなってるよね。

安値更新がだんだんショボくなってる。

「何かのライン」で止められているようにも見える。

実はフィボナッチリトレースメント78.6%なんていうラインも表示させていた。

重要な数値ではない。別に表示させなくても良い。

なんかそのへんでバウンドしているように見える。

が、基本的に下降トレンドなので、買いを考える場合は逆張り。

1時間足

200MAを表示させていた。

200MA付近でウロウロしている。

200MAを「上抜ける」と思って買うと「だろう買い」「当てずっぽう買い」になる。

でも、200MAにへばりついて上抜けしていくようにも見える。

だから、よくわからない相場。

だから、わかんない真ん中でエントリーするんじゃなく、売るならもっと上、買うならもっと下と考えていた。

もちろんエクスパンションとか「いつもの」様々なツールを使って分析していた。

5分足

当然、誰もが思いつく「狙うべき形」は、こう。

エリオット波動的に下降5波まで下げたら買い。

でも実際にはそういう形にはなっていない。

が、下降するのに時間がかかってるよね? 時間=横軸。

それだけ上昇の力が強い、ってこと。

どっかで買いたいと思っていたが、明確な下降エリオット波動は出ていないのでエリオットは使えない。

じゃあ、どうするか。

当然フィボナッチエクスパンションでしょう。

FE161.8まで落ちたら買う。

最後の最後で急に落ちてきちゃった。

落ちてきた=お買い得、なんだよね。

せっかく値下げしてもらったんだから有利なポイントで買える。

ただし、

  • 直前で急に下げたこと
  • 大きな視点では下降相場であること
  • 1時間足200MAでモミモミしてること

から、素早い行動が必要と考えた。

なので根っこで買ってサッと利食う。モタモタしない。

これが実際のトレード。

利確は最大でも直近高値付近。ダメだったら逃げる。

で、結果的にはピッタリ50pipsで利食った。

しかもこの買いのポイントは、1時間足のトレンドラインも実は隠されている。だから買った。

同じような所で買ってる人は勉強会の中にいた。

目の付け所は非常にいいが、少し遅い。

なので今後はもっと相場分析をして、値動きの意味を考えて勉強してみるとさらに上達する。