FXで勝ちたいならフィボナッチリトレースメントを死ぬ気で勉強する

前回はエリオット波動の「全て」を話した。

FXで勝つためには「あれこれ」覚えなきゃいけないと思っている人がいる。それが素人。

しかしそれは違う。

1つ1つのツール・手法については役に立たないマニアックな知識は要らない。

トレーダーは複数の分析ツールの「組み合わせ」で相場に対処していく。

そこが練習であり、修行のしどころだ。

そういうマトモな相場分析とか修行ができるようになるために、今回はフィボナッチリトレースメントを1つ追加する。

【超重要】フィボナッチリトレースメントとその「本当の」意味

トレーダー、負け組と勝ち組の視点

この世にフィボ使いは多い。

が、お粗末な使い方をする人が多い。お粗末な使い方をする人のほうが多い。

素人トレーダーはフィボの数値しか見ていない。

優れたトレーダーは「値動きの意味」を見ようとする。

ここが負け組と勝ち組を分ける所なので、しっかりと僕の話を聞くべきなんじゃないだろうか。

実際のチャートで例を見せる

これは前回のチャート。ポンド円2018年3月の1時間足。

チャートの左側は下降トレンドで、その戻し(上昇)が発生している。

そもそもこの局面では買うのが有利だろうか? 売るのが有利だろうか?

下降トレンドなのだから「戻り売り有利」と単純には考えられる。

が、この局面は単純ではない。

下降の「落ち始め」の所からフィボナッチリトレースメントを使う。設定する数値は38.2%と61.8%。

下降して、その下降のFR61.8まで一気に戻した。

「FR61.8のラインがあるから云々」というのは素人の見方。

値動きの意味を考える。

FR61.8まで「一気に」戻した。ということは「上昇の力が強い」ということだ。

例えばこれがFR38.2以下までの弱い戻しなら当然「上昇の力が弱い」と見る。

今回はFR61.8のラインがあるからそこで売っちゃえ!でもいいが、値動きの意味をちゃんと考えないと、ただの博打になる。

FR61.8で売るのなら短時間で決済しないと痛い目を見る可能性がある。

じゃあ、どうする?

ここで前回の内容と繋がる。

下降トレンドであるが、直前の動きから「上昇の力が強そうだ」。なので買いを狙おう、という発想になる。

じゃあどこで買うか。

当然、前回やった

これ、だよね。

エリオット波動青の5番の所で買う。すると

勝てるんだったよね。

【整理】フィボナッチリトレースメントとエリオット波動での環境認識

勝ち組FXトレーダーの思考回路

上記トレードで僕が何を言っていたのか、わかるだろうか?

「あー、こうすればFXで勝てるようになるんだー、すげー(アホヅラ)」じゃ、困る。

トレードというのは感覚でいい加減にやってはいけない。

トレードは論理立てて、順序立ててやるもの。

僕はまず環境認識をしたよね。「現在はどのような相場状況か」を分析する。

  • 下降トレンドなのでフィボナッチリトレースメントで測ってみる。
  • 全体的には下降トレンドだが、直前の値動きは買いが強そうだった。
  • 直前は上昇エリオット4波だ。
  • じゃあ、上昇4波(赤)の中の下降5波(青)まで待って買おう。

こういう思考回路になる。(簡単に言えばね)

  • もしくは追加でFR61.8ギリギリで売っても良いが、短期的には逆張りなので長く保有はできない。

ともなる。

こういう環境認識をし、シナリオを立て、どこでエントリーするのかを待ち構える。

で、最後に5分足を見て細かなエントリータイミングを掴む。

負け組FXトレーダーの思考回路

FXで勝てていない素人トレーダーは余計なこと・意味のないことばっかするでしょ?

勝てるFX手法を持ってないもんだから、怪しいネット知識でいい加減な環境認識をする。

もしくは、環境認識という言葉すら知らないクソ素人。

もしくは、5分足右側のティックがピコピコ動いてるのをガン見。(やるよね)

で、思いつきで飛び乗ってヒヤヒヤトレード、連続負け、口座破綻。

僕がいつも「素人の思いつき手法じゃ永久に勝てませんよ~」って言ってるのは、コレ。

【発展】フィボナッチとエリオットだけでも勝てる、が

フィボナッチリトレースメントとエリオット波動だけで全ての相場に対応できたら、どんなに楽だろう。(切実)

でもね、現実はそんなに甘くない。

次回はこの相場にさらに1つ、チャート分析ツールを重ね合わせる。