エビングハウスの忘却曲線とか凝った学習法は要らないと思う(特にFXに関しては)

有名な忘却曲線ってのがある。

ネットで検索してみると

アフィリエイトサイトが山ほど出て来る。
「一定間隔で復習しましょう!」と、どのサイトでも教えてくれている。(アフィリエイト料を稼ぐために)

つまり、

こんな感じで。

で、僕は「ピン」ときた。

忘却曲線って、それほど大事じゃないよね。

FXだって、そう。
素人どもが「こういう方法が儲かります!」って宣伝しているときには、たいていの場合儲かる情報は載っていない。
貧乏人どもがアフィリ料を稼ぐためにいい加減なことを書いてるに決まってる。

つまり僕は何を言いたいのかというと
例えば、覚えるものが500個あったときに(英単語とか)、アナタはいちいち小刻みに復習しますか? ってこと。

1日目、50個覚えて(これだけでも死ぬ思いをするが)
2日目、新しい50個覚えて
3日目、初日の50個を覚えなおして、さらに3日目の新しい50個覚えて
4日目、2日目の50個覚えなおして、4日目の新しい50個覚えて
5日目、3日目の50個覚えなおして、でも1日目の分も忘れてるから覚えなおして、5日目の新しい50個も覚えて

・・・ってやってたら、いつの間にか1日150個覚えることになっちゃってる。
ヒマな学生だったらいいけど、昼間働いている大人にそんな時間は無いでしょう。
ましてや、このブログ読んでる人の多くはFXの修行をしなきゃいけないはずだから。

っていうか、バッチリのタイミングで復習をするようにスケジューリングするのは大変。
そんなパズル解いてるヒマがあったら地道に500個覚えて、単純にそれを10周繰り返したほうが効率がいい。

この忘却曲線のお話で汲み取らなきゃいけない意図は
「勉強は根気強く続けましょうね、繰り返しましょうね」なのであり、「小難しい学習法に拘りましょうね」ではない。
小難しいことをやってしまい、勉強自体がイヤになったら忘却もクソもない。
何も覚えられないまま「終わってしまう」。

大丈夫だよ、1ヶ月復習をしなくても20%は覚えてるから。
徐々に覚えていることを増やしていこう。

僕がFXの修行時代にやっていたことがある。

毎週、先生のレッスンを受けるんだけど
そのレッスンの内容をレポートにまとめて毎回提出する。
でも、1回復習しただけだと習ったことを忘れてしまうので、レポートを毎日毎日声に出して読んでいた。

FXって決して暗記教科じゃないけど、正しいやり方を教わって覚えるってのも大事。
教わったら何度も復習して脳にインストールしなきゃいけない。

いい加減なインプットしていたら、当然アウトプット(自分の行うトレード)もいい加減になる。

でも、そればかりやっていられない。
その繰り返し復習はあくまで「おまけ」で、一番の課題はたくさん試行錯誤して、さくさんトレードして経験を積むこと。
だから、やっぱり忘却曲線がどうのこうのと小手先の記憶術なんてやっているヒマは無い。

だから繰り返し学習して覚えることってのは、シンプルに「毎日読む」くらいがちょうどいいんだと思う。

こないだ、僕のFX勉強会の参加者からこんな質問を受けた。
「毎週の動画の相場解説をノートにまとめています。でも、その後の効率的な活用法がわかりません。」

参考になれば。