FXを学んで大金稼ごうとしてるのに、アナタはその程度の決心しかないのですか?

FX勉強会を開いているんだけど、先日、なぜか大勢の入会希望者があった。
いつもは月に1名来るか来ないかくらいで、こないだは1日に5人くらいの申し込みがあった。

何年も勉強会を運営しているとわかるんだけど
ネット検索って「波」があって、僕のブログに誰も来ない時期もあれば
「ku-chartで検索してたどり着きました」「FX 勝てない で検索しました」とか、人が大勢流れ込んでくる時期もある。

で、その5人はどうなったかというと

4名不合格。

別にね、僕が偉そうに選別しているわけではなく
単に選考のルールに則って一生懸命な人だけを勉強会に迎えたいと思ってるだけなんだよね。

だってさ、申込者が低レベル過ぎるんだもの。

800字の作文を課してるんだけど、
挨拶文とか自分語りとか最後の「よろしくお願いします」を含めてギリギリ800字とか、ナメてるよね。
もしくは、800字に全く達していない馬鹿野郎とか。

文章800字とか、小学生でも頑張れば書けるよ。
それをなぜいい年こいたオッサンが書けねーんだよ。
(っていうか、そんなんだから万年貧乏人だという見方もできるんだが。)

あとね、800字書けばいいってもんじゃないでしょう。
「私はサラリーマンをしていて、長年FXで勝てていなくて、家族を養っていかなければいけなくて」云々を数百字書いたあとでようやく本題、
本題の内容が1000字くらいあればまだマシだが、
文章の終わりに「どうしても勉強会に入会したいですよろしくおねがいいたします」云々を数十字書いて
全文の文字数数えてみたらちょうど800文字。

あのね、そういう数合わせみたいな、子供だましみたいなことやってて恥ずかしくないのか? って思っちゃう。
誠意の欠片も無い。皆無。そんな軽薄な人間に、良い学びをしていけるわけがない。
ムダに年だけとって、はい、ご苦労様、という感じ。

能力低すぎでしょう。
能力低い人が、超難しいFXでお金稼げませんから。

変な人を勉強会に入れると、すでに入って真面目に勉強している人が困るし、僕も困るから審査するけど
誠心誠意課題と向き合って、合格して入会したんだったら
僕はちゃんと「勝てる手法」を教える。

でも、いい加減な努力しかしなくて、いつでも適当に生きてるような奴相手だったら
いくらお金貰ったって教えるのはイヤだね。