勝てるFX中級者のための「エリオット波動パターン集・実例集」2

前回の続き。「エリオット波動パターン集」。

FXは「パターン」が大事。

  • 視覚的なチャートの「形」、つまりチャートパターン
  • トレーダーの得意技としてのエントリーパターン

そういうのをわかってないと、素人の当てずっぽう・思いつきのトレードになる。

最近ビックリしたことがあって。

前回のエリオット波動パターンの動画の再生数が上がらない。

デビ夫人の鰹節を削るバカみたいな動画の再生数は上がる。

世の中どーなってんだ?って感じでしょ?

僕はいつも言う。

勝てない素人トレーダーは必要なものを見ようとしない。

FXで勝つためにはAを見なさい、と言ってるのに、全く関係ないBを有難がって見る。

福岡に行きたいって言ってるのにバカみたいに稚内を目指して歩き出す。

ここで買いたい!と思った所が高値でそこから下がる一方。

エントリーしたら毎回逆行するとか。

ことごとく逆を掴む、ってのが素人だから。

真剣に勉強して、で、FX初心者を脱して中級者になろう。

エリオット波動パターンは「エントリータイミングを掴むため」に使う

これ、こないだの動画で解説したチャート。

何をやってるのかというと「的確なエントリータイミングを掴むために待ち構えてる」んだよね。

「FXはエントリータイミングが全て」と僕はいつも言う。

エントリータイミングが的確であればお金が儲かる。

エントリータイミングが悪ければ損切りが増える。

もしくは、ムダに長くポジションを保有しなければいけない。

その結果目先の値動きでヒヤヒヤすることが多くなる。

「メンタル崩壊!」とかホザいてルール違反の自暴自棄トレードをする。

もしくは10pips程度のゴミ拾いが多くなる。

それを続けているとトレード技術は全く伸びない。

FXトレーダーとして生活していける日も永久に来ない。

でね、話を戻して。

このチャートでは○○の中の、○○の中の、○○、みたいな感じで分析している。つまり、

  • 4時間足ではこのような環境認識
  • その中で、1時間足では上昇の4波にいる
  • 1波の高値まで来た
  • もっと精密な5分足で見てみる
  • すると、わかりやすい下降5波が出てる
  • しかもFE261.8までオマケされてる

「だから、買い」なんだよね。

コレをやるためにエリオット波動を使う。

逆張りのタイミングを掴むためのエリオット波動

あるいは、これ。

1時間足では直近相場は下降トレンド。

そこからの5分足、買いができる。

どこで買うかわかるだろうか?

まさか落ちた先っぽでは買えないよね。

買ってからさらに落ちるかもしれないし、危ない。

「エリオット波動っぽいもの」を探す。

5波的な波をつけても下げない。よって「下降の勢いが弱い」と判断する。

しかもここ、何があるの?ってもうちょっと考えてみたらいい。

直前上昇のフィボナッチリトレースメント61.8ピッタリで止まっているでしょう。

じゃあやっぱ、買いだよ。

具体的なパターンとしては、このように買う。

小さなエリオット波動的なのを数えてすぐに買った人もいるし、その後で買った人もいた。

1時間足エリオット波動パターンでの順張り

4時間足、下降トレンド。

つまり単純に考えて「どっかで売りたい」んだよね?

1時間足。

もうわかるよね?

こう。

ただし、(5)番の所ですぐに売らない。

僕は前回言った。「エリオット波動はポンコツだ」と。

毎回必ずエリオットが効くとは限らない。

また、5波つけたと見せかけてグイグイと上昇していく場合だってある。

今回も5波の部分の上昇が強いよね。垂直に上がってる。

だから、その直後に売るなんてことはアリエナイ。

だから「もう上に行かないよね?」ってのを確かめる。

高値更新しないのを確かめてから売る。

FX勉強会の人の例。

テッペンで売ってそこから下げている。

が、都合よくテッペンを掴むのは難しい。

こんな人もいるので。(まあ、これでもいいんだけどね。)

なので、売ってもいい「証拠」を確認してから売るのも良い。

こんな感じ。

(重要)エリオット波動で値動きの意味を知る

細かな環境認識はさておき、この1時間足チャート。

落ちたんだけど、その後めっちゃ反発上昇してるよね。

8割くらい戻っちゃってる。

しかもその後。

エリオット波動的に戻したが、FR38.2まで「すら」戻さない。

こういう所の値動きの意味を観察するのがFXトレーダーの仕事。

ここで買った人を紹介したかったのだが、かなり前のトレードなのでFX勉強会サイト内にデータが残っていなかった。

3名の方からメールで送ってもらったのを紹介する。

こうやってFXで勝ってる人がうちの勉強会には多くいる。

僕がいくら「勝ててます!」って言っても信用ならない。

でも、勝ててる人が実際にいる、ってのは揺るぎない事実だし信用できると思う。

なので僕が教えている内容は信用してついてきていいと思うよ?