「コツコツドカンは悪」と言う悪

僕のやってるFX勉強会では毎週土曜に、その週のチャート分析を動画で配信してるんだけど
その中で話したことをこのブログにも書く。


数週間前、僕は1トレード225.6pipsという、僕にしてはかなり大きめの利益を出した。

こちらのブログには書いてないんだけど
趣味でやってるこっちのブログには詳細が書いてある。



これ。


これを見て気づくのは、上にバイーンと伸びる前に
一時的にヒゲで数十pipsの含み損が出ているということ。

僕は1トレード20~30pips程度を毎回理想としているので
今回は下ヒゲで陽線になっていたから助かったが、「もし長い陰線になっていたら」

損小利大じゃないじゃないか!
コツコツドカンは悪!
タイトな損切りを!


という、そんじょそこらによくいる「つまらないニセトレーダー」に目くじら立てて怒られるレベル。

でもね、このトレードは、これでいいんだよ。



僕はまだ売りは全然早いと思っていたし
5分足だけ見て売り買いを決めているわけではないし
(あんたらの数倍)しっかりとチャート分析した上で「買いだ」と定めて買いを保有している。

もし仮に、指標(は気にしないけど)で運悪く大陰線となったとしても
単に損切りすればいいんだよね。

損切りすればたぶん「ドカン」で100pipsくらいの損失になって
普段の平均利益からしたら「コツコツドカン」になるかもしれないけど

でもね

僕の勝率は90~100%なんだよ。
勉強会の中でもそういう手法を教えている。
90~100%勝って、数百pipsでも数千pipsでも積み上げてきて

たま~に

大きめのドカンやらかしたって、トータルでは勝ててるから問題無いんだよね。


もっと突っ込んだ話をすれば
コツコツドカン=悪 というステレオタイプの思考停止の人のほうが、よっぽど問題。

ちょっとFXかじった人が金儲け目的で、それを本に書いて出版する
アフィリで小銭儲けようとブログに書いて世に情報を撒き散らす

そうやって「コツコツドカンは悪です」というキーワードだけ独り歩きして
なーんも知らないFX初心者とか
10年勝ててないクソアマチュアトレーダーがその言葉を信じちゃう。
そいつらも思考停止で。


損小利大、という言葉も同様。
損小利大じゃないといけない、損小利大じゃないと勝てない
んなわけない。

逆に、アホみたいになーんも考えないで損小利大でトレードして
早く利確するべき所でアホみたいに保有して利益を失って
トータルで負けまくってるトレーダーは、僕はたくさん知っている。



要はね、何が大事なのかと言えば

思考停止にならずに、常識だと思っていることを疑ってよーく考えましょう
ということだし

あと、ドカンでも何でも勝って儲ければいいわけで
ご立派な大義名分を掲げてたって、勝てなくて儲かってなければダメトレーダーなんだよね。
勝ってる人(僕のことね)の言ってることが最も正しいんだよ。


そういうこと。






しょうゆうこと。