アンタにツキが回ってこないのは100%アンタの責任でしょ

ま、僕の偏見も入ってるんだろうけど、真実もかなーり入ってるよね、この話。


近所のスーパーに行くとたまに、レジ打ちの「おじさん」いるじゃん。
レジ打ちってほとんど「おばさん」だから目立つじゃん、おじさん。

で、たまに僕が買い物に行くときに、おじさんだからって避けることはないけど
おじさんのレジ打ちは明らかに「違和感」がある。
やりたくないんだよね、「男のオレが何でレジ打ちなんかしなきゃならんのだ」的な顔してやってるのがほとんどで。

想像だけど、リストラされて仕事無くて仕方なくレジ打ちやってます、みたいな人なのか
イオンに勤めてるんだけど本来レジ打ち係じゃなくて仕方なくやってるんだよ、みたいな人なのか

どっちにしたって、出世できるタイプ、仕事できるタイプじゃないよな。


なんでアンタがやりたくないレジ打ちしなきゃいけないのか、よく考えてごらんよ。
今だって目の前の仕事に一生懸命になれず、イヤイヤやってるんでしょ?

ヒゲ生やして、髪ボサボサで(ハゲはしょうがないけど)
表情暗くて、客商売なのに愛想よくしないで、何言ってんだか聞こえない声で
おまけに口は臭くて汗臭くて

そういう諸々のことを考えるのをサボって、いつまで経っても改善しないから

だからアンタに大きな仕事が舞い込んで来ないんでしょ。


目の前の仕事に常に全力出せとかシンドイことは言わないけど
なんか一つでもコダワリを持ってやってごらんよ。

バイトの男子高校生のほうが清潔感があるし、愛想はいいし、いろいろと能力高いし
よっぽどコダワリ持って働いてるよ。

こういうのは何の職業でも同じ。

FXトレーダーでも同じで、「儲けよう」「儲けたい」だけじゃダメで
「儲からない」という現時点のヘボトレーダーとしての現実があるんだから
思考をサボらず、まずは何が原因なのか、検証とか学習とかやるべきことを間違い無くできているのか
目の前のことを一生懸命に見つめて考える必要がある。





アテの無い遠い未来の、自分が札束のフロに入ってるエロ雑誌の裏表紙の広告みたいな
そんな妄想じゃなくて

今の、目の前のやらなきゃいけないことに、まずはコダワリ持たなきゃいけないんでしょう。

そこに気づかないといつまでも成功はしない。