FX「勝てない、辛い、苦しい」の前に考えてみると良いこと

難しい相場と簡単な相場は交互に来る。

簡単な相場のときに勝てるのは当たり前なんだよね。

でも、相場ってのは

  • 簡単な相場、難しい相場
  • 上昇トレンド、下降トレンド、レンジ
  • わけわかんねー値動き

これ、ぜーんぶひっくるめて「相場」なんだよ。

それら全ての「相場」の中で、トレーダーはどのように考え、立ち回ればいいんだろうかね?

 

「勝てない、辛い、苦しい」と考えてしまうFXトレーダーは

いろんな原因があって、いろんな対処法があるんだけど、例えば

「その月はたまたま苦手なレンジ相場だった。」

の場合の僕の答えは「トレードしなきゃいい」なんだよね。

なーんだクソ回答かって思うでしょ?

でも、それがFXの奥義であり真理なんだよね。僕はそうやって専業トレーダーを8年続けてきた。

これからもずっと勝ち続けていく。

あのね、FXで勝てない人の多くは「1日1回必ずトレードしないと気が済みません!」というやつなんだよ。

僕はそれを幼児姓と最近呼ぶんだけど、幼児性からは早く卒業しなきゃ。

昼間は会社勤めで忙しいです、夜の3時間しかチャート見る時間がありません、と。

そしたら、ほとんどの人がその夜の3時間の中でエントリーチャンスが来ないと機嫌悪くなる。

「なんで俺がチャート見てる時間にチャンスが来ねーんだよ」と駄々をこねる。

いやいやいやいや、相場はアンタに合わせてはくれませんから。

FXでお金稼いでる僕にだってそんなことはよくあるよ。

昼間は全くチャンスがなくて、夜中寝てるときに相場がガツンガツン動くことはある。

朝起きたら「あー」って思うんだけど、それは「仕方ないこと」「気にするべきではないこと」なんだよね。

でも、勝てないFXトレーダーって駄々をこねて自分がチャート見てる時間に「記念受験」をする。

受かりませんって、そんな入試。

チャンスがない相場で手を出して、負けて、勝手に「勝てない、辛い、苦しい」をやっている。

それはアンタ、自業自得ですよ。

FXで勝つためにやることはエントリーを乱発することではなく、「勝てる喧嘩しかしない」こと。

 

FX「勝てない、辛い、苦しい」への考え方、対処

簡単な相場ではもちろん「取る」。

簡単な相場と難しい相場は交互に来る。

なんか今月の相場はやりづらいなぁ・・・と思ったらトレードの頻度を下げる。

が、めっちゃトレンド出てる!みたいな、買ってりゃ小学生でも勝てる!みたいな相場では爆益を取る。

以前配信したyoutube動画でも言った。

FXトレーダーの正しい思考を徹底的に刷り込む

やりづらい(難しい)相場と小学生でも勝てる相場は交互にやってくる。

「だから今焦る必要はないんだよ」ということを、自分自身に徹底的に刷り込むことが大事。

刷り込むためには、まずはトレードの学習は長く続けなくちゃダメだよね。

気分屋の人で、新しい手法を学んでも1週間とか1ヶ月で飽きてやめちゃう人がいる。そりゃ勝てるようにはならないよ、一生。

毎日30分でいいから勉強を続けること。

アウトプットもしっかりすること。僕がやってるFX勉強会みたいな所で人と話したり文字でやり取りするのがいい。

ちょうどこの記事を書いてるときに、勉強会参加者の方からお便りが届いたので紹介する。

もしくは、「思考するためのFXトレードノート」を書きまくる。

書かない日があってはならない。1日1行でいいから毎日続ける。毎日思考する。

その地道な努力で勝ち組トレーダーへの道がひらけるのであって、努力を続けない者はFXであれ何であれ成功はしない。

 

結局は

相場のすべての状況を経験してこそ勝てるトレーダーになれる。

今月は不得意なレンジ相場だからダメでした、面白くないからFXやめます、みたいな気分屋で学習したってどーしよーもない。

結局、僕のブログで言うことは常に変わらない。

  • 正しい・勝てる手法で
  • 素直に正しいマインドで
  • 長く粘り強く学ぶ

FXで勝てるようになるにはコレしか方法がない。

真っ当な方法しかない。一晩で1億儲かるような、詐欺商材のようなお手軽・好都合な方法はどこにも存在しない。

 

どう? つまんなかった?

もうこのブログに来なくていいよ。