「FXレクチャーします」が永久に勝てるようにならない理由。

ツイッターをやってると、たまに良い人にも出会えるんだが、詐欺師も多いよねぇ。

今僕は専業FXトレーダーとして生活できているが、昔は詐欺師たちの「養分」だった。

過去の僕みたいに、「FXをレクチャーします♪」みたいな軽薄な謳い文句に騙される人はいるんだろうね。(いるから彼らは餌を撒いてるんだよ)

僕はFXの独学は全くお勧めしていない。

が、メンターを探すときには、騙されて養分になっちゃうと大事な時間とお金をムダにするので注意するべき。

 

FXで稼ぎたい方にはレクチャーを行います♪の人。

これ。

こういうダイレクトメッセージが僕の所に届くわけ。今でも。

コイツ誰にモノ言ってんだ? 俺が専業トレーダーだってこと知ってんのか? 頭おかしいのか?

って思っちゃうんだけど、手当たり次第にメッセージを送りまくってるんだろうね。

っていうか、本当に200人も騙されてるんだろうか。

もし本当だとすれば、ソイツラは筋金入りのアホだよね。(昔の僕もそうだったんだけど)FXで稼げない人間というのは真贋を見極める目が無い。

一瞬で「コイツはFXで稼げていない詐欺師だろ」ってのは見ればわかると思うんだが、わからない人も世の中に多くいるんだろうね。

 

僕はFX塾はやるけど、FXセミナーはやらない

「レクチャーします」はFXで勝てるようになるのに一切効果がない

僕は昔、多くの「FXをレクチャーします♪」の人に騙されたんだけど、懇切丁寧なレクチャーを受けてFXで勝てるようになったことは一度もない。

FXで勝てない人って、そもそも重要視してるポイントが間違ってるんだよ。

手取り足取り懇切丁寧に教えてもらえばトレードスキルが習得できるなんて、オマエの頭の中はお花畑か!と大声で罵りたくなる。3時間くらい。

以前

こんな記事を書いた。

例えば、数時間のセミナーに参加して胡散臭い講師からチョロっとFXを教わって、勝ち組トレーダーになれると本気で思ってる? んなわけないよね。

もしくは週1回でも定期的に個人レッスンを受けて、それで勝ち組トレーダーになれると本気で思ってる? だったらアンタは病気だよ。精神病。

違うんだよ。素人が考えてる「FXで勝てるようになるためのポイント(ツボ)」は、ソコじゃないんだよ。

FXで勝てない人が勝てるようになる勉強法

僕は、過去にFXで勝てなかったり詐欺師に騙されたりした経験を元に、今は趣味で「FX勉強会」を開いている。個人塾みたいなものだ。

勉強会の中でやっていることは、主に2つ。

  1. 勝てる手法を伝授すること
  2. ひたすらトレーニングを積ませること

そもそも論として、「勝てる」FX手法を持っていないとお話にならない。

「レクチャーします♪」の軽薄な詐欺師が教える薄っぺらいトレード手法とか、そんじょそこらのインフォトップで売ってる「使えない」FX商材とか、そんなもんで相場で稼げるわけがない。

素人が手法を自作してトレードする、なんてのはなおさらお笑いだ。吉本にでも入ったほうがいい。

プロのトレーダーから勝てる手法を教わることが、まず最初にすること。それ以外に勝てるようになる道は存在しない

で、ここからが問題なんだけど、本人がロクに努力せずに「教わってばかり」で良いトレーダーになるわけがない。

よって、本人がトレーニングを積む必要がある。

FXで勝ってるトレーダーは、皆トレーニングを積んでいる

僕がやってるFX勉強会は「ライントレーニング」という。

5年も10年も安定して勝ち続けるトレーダーになるには「トレーニング」が必要だ。

自転車の本を読んだだけで自転車に乗れるようになるだろうか?

違うよね。自分で何度も何度も失敗したり試行錯誤したりして、そしてようやく乗れるようになる。

FXだけは違う、と勘違いしているバカ 人が世の中には多い。

さっき僕が言った「レクチャー受けてます」「個人レッスン受けてます」「セミナー受けました」の人がなぜFXで勝てるようにならないのか。

それはもう明らかでしょ。本人がロクな努力をしてないからだよ。

素人トレーダーは楽に儲けようとする。苦労や努力、試行錯誤を嫌う。楽な道に逃げる。

で、

こういうクソ野郎どもに騙される。

まあ、こうやって養分にされて時間とお金をムダにするのは自業自得なんだけどね・・・。

 

FXで勝てるようになるための学び方、例えば

例えば、僕のFX勉強会では、毎週末に動画で「1週間分の全環境認識・全エントリーポイント」を解説する。

でね、勉強会参加者はそれを繰り返し見て、自分のしてみたトレードと比較する。

「ここはエントリーしてはいけなかったんだ」「ここは相場の見方が間違っていた」と試行錯誤する。

何が正しいのか、何が間違っているのかの判断基準を、徹底的に自分の中に構築していく。

もちろん、随時アップされる他のトレーダー仲間のトレードも参考にして良い。相場の中で自分が気づかなかったものが見えてくる。

ケーススタディというチャート検証・練習の仕方を僕は勧めている。

それも僕が(全員分はできないが)添削して、その添削を見て各自が学び、また自分で何度も繰り返してトレーニングする。

土曜の夜には「座談会」というのがある。同じ「勝てる」手法を共有した仲間が、オンラインで会話することができる。

座談会は平日とかにも、各自が好きな時間に開くことができる。

話す(アウトプットする)ことで手法に対して理解が深まる。

そうやってね、「自分が」「トレーニングを積む」ことが必要なんだよ。

お手軽に手取り足取りレクチャーを受けて勝ち組トレーダーになれるほど、この世の中甘くはない。

そんな幼児性とはサッサとオサラバして、FXで勝てるようになるためのトレーニングを積み、自分自身を変えていくことが何より大事。それ以外に成功する道などない。