「お手軽FX学習」してないで、勉強会に入って僕のレクチャーを受ければいいと思うんだけどね。まあ、バカには分からんさ。

FXで勝てるようになるためには、巷でよく言われる「メンタル」ってのは関係ない。しかし

  • トレーダーとして活動するための、とか
  • 勝てるようになるために学ぶ段階での、とか

「マインド」の部分はとても重要だと僕は思う。

あと、手法的に重要だと思う「波1本取る」についても最後に書く。勝てるトレーダーになりたいんだったら読んでみたらいい。

 

勉強会参加者からの感想を紹介。優れたFXトレーダーになるために結構重要な内容だと思う。

今週の解説動画、ありがとうございます。

今回の「覚悟」と「責任」のお話、考えさせられました。

今の自分には特にトレーダーとしての責任についてはよく分からないというのが今の正直な思いです。自己責任とかなら分かるのですが、師匠の仰られている責任の意味は何か違うのかな、と考えていました。

深く考えても分からないので、今はとにかく考えながら実践あるのみでやってみます。

まずは今週全てのトレードを損切りになってもいいという覚悟で臨んでみます。どうなったかのご報告をまた来週させて頂きます。

結局、なんで動画の中でその話をしたかというと、トレーダーって「ここから下がる」と思ってるから売るんだよね。(どれくらいの人が「大事な話」として認識しているのかは不明だけど)

試しに入って、ダメなら逃げる、というのもあるにはあるけど、でも、基本的にはいい加減なポジションは持たない。環境認識をした上で責任を持ってエントリーする。

いい加減なエントリーをポンポンポンポンしちゃう人(いわゆるポジポジ病)って、やっぱね、損失がかさんじゃうから。

自分が分かる相場で、しっかりと計画を立てた上での渾身の1発を入れたほうがいい。

の、はずなのに

  • 最後まで保有できずに、途中の値動きで「余計なこと」を考えて
  • まるで名人様のように勝手な裁量を入れて途中決済
  • その後は予定通り利益方向へ相場が動く

みたいな、無様なトレードをする人がいるわけです。

僕も昔覚えがあるし、今でもたまにやって「あちゃー」と思うことはある。

それでもやはり、自分で責任を持って環境認識をして「ここは下がる」と思うから売るわけで。

だから、やっぱね、責任を持って保有しなければいけない。(本当にダメだったら途中で逃げるけど。)

さっきも言ったように、僕もたまには(ほんとに、たまに)無様な決済をすることはある。

それでも、「勉強会」なので、わけのわかんねートレードをする人に対しては、ある程度厳しく言わないとその癖は直らないし、技術が身に付かない。

勉強会に入らずにブログだけ見てお手軽な学習をしている人とか、せっかく勉強会に入っても、「見てるだけ」で全く参加しない人がいる。

そういう人って、本人一見学んだ気になってるんだけど、本当に大事なものは何一つ身に付かない、ということが多い。

なので、学べるときに主体性を持って徹底的に学んだほうがいいよ。

 

勉強会の中で報告されたトレード報告を紹介。「波1本を取る」手法

なんか綺麗な感じに並んでるね(笑)

青いのが僕のお手本トレードで、それより長く保有できている人もいた。





 

うちの勉強会で教えているやる方に「波1本取る」というのがある。

みたいに2つの波にまたがって保有するんじゃなくて

こういう感じで、「波1本分」を取る。

損小利大!とか言って無理に長く保有しなくていい。

このほうがトレード時間が短くて済むし、長く保有して一時的に逆行したときに建値決済とかナンピンとかドテンとか「余計なこと」をやって自爆せずに済む。