高勝率トレーダーと損小利大トレーダーで「気をつけること」

トレードスタイルは人それぞれ。

「損小利大バカ」ってのがいて前にも書いたけど
思考停止的な考えで、損小利大だけしかこの世にあり得ないみたいにしているアホは論外として

勝率が高い人(損小利小)
勝率が低い人(損小利大)
どちらも相場で生き残れるし、生き残れない人というのはどちらのタイプ云々の問題ではなく
単にトレードが下手くそなだけなんだけど

スタイルが異なるということは、「気をつけるべき点」も異なるということ。

勝率が低いトレーダーは勝てないことに慣れているので、1回の負けにクヨクヨすることはない。
(経験によるし、ちゃんと勝てているトレーダーかどうかにもよるが。)
ただし、負けが多くなるので資金管理を徹底したり、利をできるだけ伸ばしたり、やらなきゃいけないことがいくつもある。

勝率が高いタイプ(僕だけど)は、余計なことをすると崩れやすい。
今日はもうやめておこうと思ってたのに手を出すと余計な負けを引いたり
それがきっかけで損失が拡大したり、そういうことを特に経験が少ないうちはやらかしてしまう。

そういうときに、メンタルに答えを求めていると(メンタルに逃げていると)
いつまで経ってもトレードスキルは向上しない。

なので、「余計なことをしない」ためのルール作りが必要。

例えばこんなの


僕個人としては、相場に長く滞在しない「少し取ってお終いにする」高勝率のトレードが好きだしオススメで
勉強会で教えているのもこのやり方。
これって何がいいかと言えば、ストレスが少ない的なこともあるんだけど
再現性があるのがいい。

「ここでエントリーするんですよ」と明確に教えられるのがいい。
再現性がないやり方を教える先生(メンタルが重要とか言い出しちゃう人)に教わるほど不幸なことはない。

やっぱ、ずっとFXで勝てなかった人は勉強会に入って
初めて勝てるようになりました!と言ってくれるのが嬉しいし、
勉強会なんだからそれが当たり前だと思う。

一方、損小利大の長く保有し続けるトレードとか
たくさん負けても後で大きく取り返してトータルで勝つようなトレードは教えづらい。
相場観に頼ったものになりやすい。
(もちろん、僕のやってる高勝率トレードも相場観があったほうがより勝ちやすい。)

最近、僕のトレーダー仲間に協力してもらって
僕とは異なる損小利大のトレードを実際に見せるという企画を勉強会の中で行っている。

結構好評だし、ちゃんと勝ってる専業トレーダーの実際のトレードが見学できるなんて
こんな経験は滅多にできない。
それを理解できる賢い人は企画に参加している。

僕の教えてるのとはまた違ったスタイルのトレードを見て
参加者の視野が広がったり、トレードスキルの向上に繋がったりすればいいんだけどね。