読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。   

FX メンタルブロックの外し方 とか検索して本買っちゃダメだよ

      2017/06/28

この世で「できない」ことって、そんなに多くない。

いやね、絶対できないことってのはあるよ
例えば僕がアメリカ大統領になることはたぶんできない。(ってか、なりたいとも思わないけど)

そういう非現実的なことじゃなくて
自分のやりたいこと、夢ってあるじゃない。
なんでもいいよ、お金持ちになりたいとかでもいいし、すんげぇ綺麗な女の人とセックスしたいでもいいし。

ここはFXブログだからFXの話題にするけど
FXって超難しいから自分でやってみたけどできなくて、例えば僕の所に習いに来る人がいる。

大体の人が「勝てるようになりました!」って言うんだけど
その「勝てるようになりました!」もいろんなレベルがある。
すぐに「勝てるようになりました!」なのか、ちょっと苦労してから「勝てるようになりました!」なのか。

どうせならすぐに「勝てるようになりました!」(しつこいね)がいいよね。


なんでおんなじことを教えていて、こんなに成長速度が違うんだろう、と思うことがある。

僕も昔、FXで稼げない頃は成長が遅かったほうだし
成長が遅い人のもどかしい気持ちはよく分かる。

夢が叶わない人、叶いにくい人って、自分の心に「ブロック」をかけてる場合が多々ある。

メンタルブロックとか言うらしいけど
特に本を読んで勉強したわけではないし
いつも言ってるように、本なんかいくら読んでもFXは上達しない。
本を紹介しているアフィリエイターに貢ぐだけだし、時間の無駄だから読まないほうがいい。チャートを見たほうがいい。


で、そのブロックは外れない人はなかなか外れない。

できるって思うから夢が叶うんだけど
みんな心のどこかに「できるはずない」って思ってるでしょ?
今の自分の心の中を探ってみなよ、そう思ってる部分に行き当たるだろうから。

それじゃできない。

信ずるものは救われるって言うけど、そういいうの大事だし
自分のやりたいことをちょっと始めて、ダメだったらすぐに逃げようみたいな
片足だけ突っ込んでもう片方の足は逃げるために準備してるみたいなのはダメ。全然モノにならない。

じゃあどうしたらいいのかといえば
没頭したらいいんじゃないかな。

勝つかも、負けるかも、この手法は自分に合ってるのか?、儲けたい
余計なことは一切考えずに
もしくは心に浮かんできてもまずはひとまず横に置いておいて
で、教わった通りにチャートを見てみて、例えば僕の解説動画をマネしてみてブツブツ言いながら小一時間チャートを触ってみる。

余計なことを考えてるから余計な雑念が生まれるんだよね。
余計なことを考えてるから勝つために必要のない余計なことがしたくなる。

僕が尊敬しているパリス昼豚さんも、やっぱおんなじようなことを言っている。

勝つとかなんとかという感情は、まずは横に置いておく。
自分のトレードスキルを向上させることだけに集中する。


これ。

登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
   

 - メンタル

  関連記事

サマーウォーズ

が好きで、2~3ヶ月に一回は見ます。 ネット上の で、動画を見ます。 年に何度も …

FXトレードでメントレとかする前にもっとやることあるだろ、ね。 2

世間はゴールデンウィークとか言って浮かれているんだろうか。 この時期は仕事が休み …

あなたはどこを見てトレードをしているのですか? 1

トレードノートとか印刷した過去チャートにデカデカと 気をつける! ポジポジしない …

1日に10回も20回もエントリーチャンスのあるFX手法は危険

今僕の勉強会で教えている手法は2つあって 新しいほうは、1つの通貨ペアでだいたい …

自分を見失ったときはメモが有効。

上手くいかないとき、やる気が出ないとき、当然ある。 新しい商材を買った、新しい先 …

FXにおけるセドナメソッド活用法 – トレード中の感情を変える一番シンプルな方法4

第1回 第2回 第3回 このブログを読んでセドナメソッドを初めて知った、とか セ …

FXトレーダーとしての能力を大幅に飛躍させられる聖杯「小さな習慣」

今日は札幌・定山渓の厨翠山という旅館へ泊まってくる。 札幌から近い、車での自宅か …

FXトレーダーとしての成功は、あなたの思考の外にある。 ~しがないもあるよ

こういう奴がいた。 うちのFX勉強会に入って とても良い「勝てる」手法を教えても …

Baby steps to Giant strides 2

前回の続き。 FXでは過去のデータの分析を元にルールを組み立ててトレードをするべ …

ストレス耐性が低い人は、ひょっとしたらFXの上達速度が遅いのかもしれません。

「ストレス耐性」という言葉で適切かどうかは正直不明で、 「そういった類のもの」と …


PAGE TOP