「損小利大バカ」のFX素人トレーダーに贈る「損小利大の嘘」

「FXで勝てる・勝てない」っていう話をしているのではない。

それ以前の問題で「何が正しいのかわかりません」「勝てる手法を持ってません」ってのが最もヤヴァい。

わけのわからないまま、ただお金を儲けたいからとか、トレードなんて簡単簡単、でFXを始めちゃう素人トレーダーは金をドブに捨てるようなものなので、もうちょっと考えてみたほうがいいよ。

お金は大事なので。

そういう素人の「わけわからなさ」の一つに「損小利大」問題がある。

 

FXで勝てない、でも何が正しいのかわからない、勝てる手法もない →思考停止を脱することから始めよう。

FX勉強会参加者のトレードの一部を紹介。

最近は僕のトレードもアップしているのだが、その中でも、僕と一緒のポイントでトレードしていた方、かつキワドイトレードを選んで。(僕はいつもこんなトレードしてるわけじゃないからね。)





 

何も知らない素人FXトレーダーほど「損小利大」を有難がる。

損小利大バカというのが世の中にいる。

  • ◯◯の本に書いていたから、有名ブロガーの◯◯さんが言ってたから
  • どこかで損小利大がいいと聞いたから、常識だからなんとなく

と、ステレオタイプで、無駄に利を伸ばして逆行して爆死。これ、FX素人あるある。

  • 何が正しいのか、何が間違っているのか判断できない
  • 「ただなんとなく」で思考停止して考えようとしない

そういう人間はFXやらないほうがいいです。無駄金を使うことになるので。

「ここは利を伸ばせる所」「ここはサクッと利食う所」。環境認識をした上で、今はどっちなのかを理解しないと。

その結果が上記のトレード。ちなみに金曜の朝にドカンと下げたが、僕は全く興味無かった。

それは結果論だし、木曜の勝ちで今週はトレードしないことを決めていたし、もし金曜に見ていたとしても、トレードしたいという感情は湧かなかったと思う。

ラッキーパンチで1回に何百pipsも取れるトレードとかより、通常運転でコンスタントに取れる相場だけに興味があるので。

特殊な相場でしか勝負できないんだったらFXなんてやめたほうがいい。

勉強会の中でも、なんか適当な理由をつけて売ったり買ったりして喜んでた人いるけど、ルールに合致していればOK。

ルール通りにやっていると思いこんで勝って喜んでるんだったら、いつまでも素人レベル脱出はできない。

それでいーんですか、という話。

 

僕のすんばらしいFX勉強会から生まれた勝ち組トレーダー。

さて、勉強会参加者からいただいた感想を紹介。

勝てている人からのメールを読むのは楽しい。

いつも大変お世話になっております。フィボトレードに参加している、***です。

フィボトレードの勉強会を通じて、一段成長できましたので近況を報告させていただきます。

この半年間は、勉強会を通じて相場観が徐々に培われてきた一方で、昨年8月頃に報告した「自分の弱さがトレードで出てきたときに強いショックを受けて適当なトレードを数日にわたって継続してしまう」ことの改善と、大きすぎるロットサイズが前述の欠点と相まって口座に深刻なダメージを与えることの対処が大きな課題でした。

8月以降に自作ケーススタディをひたすらやり続けた結果、昨年12月頃から相場がやたらわかるような感覚になり、平時は日々10~30pipsをコンスタントに取れるようになりました。

その一か月後に人生初めて(少額ではありますが)口座破綻となり、それ以降、数週間丁寧にトレードしては特定の状況に陥った後数日で破綻を繰り返していました。

その過程には自分に必要な学びがあるだろうとがむしゃらにやってみて(数度破綻した結果)、確かに考え方を改められたこともありましたし、そもそもそんなことをやってみる必要がなかったことにも気が付きました。

今は、以前よりもロットサイズを落とし、下手な逆張りとなった状況を復習することで半年前よりもトレードがうまくなってきました。

本業によりチャートが見れない日がありながらも、5月は+325pipsでした。またこの数ヶ月で資金は3倍となりました。

エントリーは46回、30勝16敗でした。

ただ、このうちの9敗は、欠点からきた2日に渡る連敗(-120pips)だったため、リカバリできるようにはなってきたものも、まだ目の前に大きな課題を残している状況です。

MT4から5月の資金グラフを抽出しましたので、これも合わせてご報告します。

不慣れな本業で疲れた後の夜数時間でこの成績が出せる実力を養う機会を与えていただき有難うございます。

フィボトレード参加から1年経ち、先生の勉強会に入ることができ本当に、心から良かったと日々思っています。

この1年を別の方法に費やしていたら今どのように相場に向き合っていたのか想像がつきません。確かなのは、自己規律の程度から考えても今ほどの成長はなく、その分間違った信念を強固にしていたはずです。

次の数ヶ月では、より確かな実力を養いたいです。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

個人差はあるが、口座破綻はする。

僕も過去に何度もある(今は全然ないけど)

だから僕は勉強会の中で海外口座を勧めている。(言うこと聞かないアホもいるけど)

「勝てる」「正しい」手法は教えているし、毎週ブログで書いているように、そのやり方で勝てるようになっている人は多くいるし、増えている。

でもやはり修行中なのだから、レバレッジ効かない日本の口座を使うより、少額からできる海外口座をまずは使ったほうがいい。(お金を粗末に扱うという意味で言ってるんじゃなくて。)

一度上達したら全然口座破綻しない人もいるし、アホウなトレードをやらかして口座破綻を繰り返す人もいる。

後者の場合はね、訓練するしかない。我々、機械じゃないので感情も混じるだろうし、勘違いもする。

勉強会に入って「正しい」手法を教えてもらっていない、そんじょそこらの素人トレーダーのトレードの真似事ばかりしているような奴らは、何度口座破綻しても成長は無いけど、我々は成長できる。

今の手法に取り組んでいて、半年・1年・数年後に過去を振り返ってたら、こう思うようになる。

なんで口座破綻なんかするの?アホなの?

それが慣れであり成長。

世の中の大抵の奴らは、慣れ・成長を実感する前に飽きてやめてしまう。

それまでの相場に支払った「勉強代」も回収できないし、なにもやり遂げたことが無いままの虚しい人生に終わる。

それでいーんですか、という話。