【FX訓練法】ForexTesterや裁量トレード練習君は有害

ForexTesterは僕は1万時間以上使っていたと思う。

専業FXトレーダーになる前と、なってからも使っていた。

類似ソフトも全て購入した。

裁量トレード練習君、なんてソフトもあるし他のもある。

そんな僕だから言える。「コイツラいらねー」って。

専業トレーダーでもない、FXでも勝ててもない、みたいな人の話は信用しないほうがいい。

そういう人のサイトに行くとわかる。

「ForexTesterは素晴らしいです!」で、サイトの右側にはアフィリリンクが貼られている。

信用できるわけねーじゃん。

また、僕は2013年からFX勉強会をずっと運営してきている。

勝てるトレーダーもそこからたくさん生まれている。

そこで教えているFXの練習法で、実際に効果が出ているという「証拠」がある。

「ForexTesterで練習していれば何となくFXが上手くなる」みたいな思考停止は危険。

ちゃんと効果のある、証拠のある、練習法をするべき。

そして、最短で専業トレーダーレベルのスキルを身につけることが大事。

ForexTesterとか裁量トレード練習君はムダが多い

根本論

根本論ですよ。

「FXで勝てるようになるには何が大事なのか」ってこと。

ForexTesterを使うとか裁量トレード練習君を使うとか、表面上のことじゃなくて。

「○○を買ったらFXで勝てるようになる」って考え方がそもそも危険。

この健康食品を買ったら健康になれる、みたいな。

もしくは南無阿弥陀仏と唱えたら極楽浄土へ行ける、みたいな。

違うでしょ。

「努力」を「続ける」から自分の人生が良くなるんだよ。

運動をする、食べすぎない、だから健康になれるんでしょ。

FXでも根本的なことを考えないと失敗する。

FXで勝てるようになるには何が大切なのか

僕が思うに、「パターン」が大事。

  • 相場で自分が勝てるパターン
  • 相場の自然な流れに乗っていけるパターン

それ以外をやっちゃうと「不自然」だからFXで勝てない。

例えば「逆張り」ってのがわかりやすいと思う。

以前のブログ記事で話した。

グイグイと落ちていってる相場で買う行為は「不自然」。

売ったほうが確率的に遥かに儲かる。

FXで勝てない人は「自分が勝てるパターン」を分かってない。

こうだ。

FXで勝てない人の頭の中は、こう。

一方で、僕の頭の中は、こう。

どこで何をするのかが明確に分かっている。だから勝てる。

とにかく「何度も」練習する

  • 自分の得意パターン
  • 相場の流れに従った自然なパターン

を何度も練習する。

すると、脳の中でピンボケ画像からクッキリ鮮明な画像になってくる。

勝てないFXトレーダーというのは、自分が何のパターンを待っているのかが分かっていない。

わけわからずに半分思いつきで手を出す。

いわゆる「ポジポジ病」だ。

そこから脱するための訓練をしなきゃいけない。

ForexTesterとか裁量トレード練習君では役不足だ。

もうね、使い勝手が悪すぎる。

  • 設定とか使い方を覚えるのに時間がかかりすぎる
  • 不具合が頻繁に起こる
  • いつもMT4とかで使ってるインジケーターが使えない
  • ローソク1本1本をチマチマと動かして練習するのが面倒

ForexTester・裁量トレード練習君、もっと有害なこと

何より「未来(右側)の見えないチャートでトレードの練習をする」という行為が最も有害。

練習中の勝てないFXトレーダーは、目先の勝ち負けに拘る。

勝ちたい勝ちたい勝ちたい儲けたい儲けたい儲けたい。頭の中がそればかり。欲の塊。

そういう人間が未来(右側)の見えないチャートで練習するとどうなるか。

ものすごく不安になる。

人間、不安になると余計なことをし始める。

勝つこととか未来を予測することにしか頭が回らなくなる。

「未来なんてわからないんだよ」。

これが勝てるFXトレーダーが最終的に到達するべき境地。

チャートの右側、未来の値動き、これがわかるのは神様しかいない。

じゃあ、我々FXトレーダーにできることは何か。

「自分の狙っているパターンで入ること」。

これだけ。

エリオット波動使う、フィボナッチ使う、複数時間足で環境認識する。

ルールを守る、自分のやるべきことのみを淡々と行う。

これしかできない。

僕もこれしかできない。でも10年近くFXで勝ててる。

ForexTesterとか裁量トレード練習君とか使わない正しいFXの練習

ケーススタディ

ケーススタディというトレード練習法を僕は推奨している。

とにかく毎日継続するのが大事。

継続するとどうなるか。

自分の狙うべきパターンがわかってくる。

あれもこれも狙ってムダなエントリーをすることがなくなる。

このスキルを身につけることが、FXトレーダーとして最も大事。

やり方を教える。

逆算する

FXは「相場の勝てる所だけを狙う」というのが基本。

それが僕が勝率100%な理由。(たまに負けるけどね)

5分足からスタートする。

このチャートで、トレードして勝てそうな所はどこか?

①は勢いよく落ちてきた直後なので買うのは難しそう。

落ちてきた先っぽなので売るのも難しそう。

あれ?②ってたぶんフィボ61.8%で止まってないか?

なんかここで買えそう。

じゃあ、今回はこの②のポイントでケーススタディをやってみよう、となる。

環境認識

神インジケーター「ShiftChart」を使う。

さっき5分足で見た位置は、4時間足で見るとここ。

いつもの通り、フィボナッチエクスパンションなんか使ってみる。

するとちょうど161.8%に達していることがわかる。

神インジケーターその2「LineAutoCopy」を使う。

161.8%の所に水平線を表示させると、1時間足や5分足にもコピーされる。

今回は4時間足の環境認識のみ。1時間足は省略。

5分足のエントリータイミング

FE161.8%で、5分足でキチンと止まっている。

そこから結構勢いの良い上昇。

そこから、例の「いつものパターン」が出ていることに気づく。

エリオット波動的にFR61.8%にめがけて5波までが出ている。

一旦61.8%は下抜けしているので、ワンクッションおいて買いエントリーする。

FXはエントリーポイントが全て。

利確はどーでもいいので、適当に直近高値で利食う。

そもそもこの相場は下降がものすごく強い所だから。

アホみたいに長く保有しない。

画像保存

ここまでをワンセットで行う。

ケーススタディをしたチャートは画像で残しておく。

過去1ヶ月間とか、短い期間のチャートで何度もやる。

最初はエリオット波動が見えてこなかったりする。

引くべきトレンドラインが引けてなかったりする。

買うべきポイントで売ったり、とんちんかんなことをする。

同じ短い期間のチャートで何度も繰り返し練習することで、気づくことが少しずつ出てくる。

これね、「過去10年分のチャートで練習します」みたいな人がたまにいるんだけど、やめたほうがいい。

やることだけに一生懸命になっちゃう。

1つのトレードポイントの分析について、深まっていかない。

広く浅くじゃなくて、狭く深くチャート分析をする。

すると、こう、だったのが

こうなる。

頭の中で自分の狙うべきパターンが明確になる。

勝てるトレーダーになる。