FXトレーダーとして自分の人生を良いものにしたかったら、ネガティブな環境から離れること。

FXで勝てない者同士は、勝てない者同士で群れる。

いろんなトコにいるよね、そういう人。
ネット上でよく見かけるよ。

この商材は使える、この商材は使えない、詐欺だ、グチグチグチグチと商材レビューサイトに書き込んでる人たち。
素人トレーダーが毎日「勝てない」日記をつけている、なんの意味のないブログ。
胡散臭い自称プロトレーダーのコメント欄に集まってる信者。傷を舐め合う信者。

あと、悲惨だったのが
「参加してよ」って頼まれて、暇だから参加してみた札幌のFX勉強サークルみたいなのがあって。
まー、勝てない人たちが、高尚な理論を3時間かけてあーでもないこーでもないってこねくり回してた。
勉強会が終わってから、(勝ってない)リーダーを囲んで飲み会をするんだってさ。何時間も。
あまりに苦痛だったからウソこいて僕は帰ってきた。


そういう人たちに共通しているのが

ネガティブオーラを纏っている

ということ。

カネ持ってないやつ、ツイてないやつ、いい加減に生きてるやつ
こういう奴らは見たり近づいたりすると分かる。

臭い。

ホントに臭いわけじゃないけど、雰囲気的に臭い。ムワッとする。
目が死んでいる。発言や考えが全てネガティブ。甘い。常に他力本願。
自分の努力不足を他人のせいにしている。常に世の中を恨んでいる。


その点、僕がやってるFX勉強会のメンバーは、いいオーラを纏っている。

安心感があるんだよね。
「この方法でやってると勝てるようになる」とか「すでに勝っている」とか
順調に成功体験を積める仕組みの中で、毎日学習を頑張っている。

この人たちとかこの人たちとか
あるいはその他の参加者とか


何千という、たくさんの書き込み(アウトプット)をする。



「勝てる」環境に身を置いて頑張ってる人は、ほんと、活力に満ち溢れている。
これまでの自分とは別の自分に変われる、もしくは変わろうと努力している。

そういう人は、どんどん良い物を引き寄せるよ。


自分の人生を良いものにしたかったら、ネガティブな環境から離れること。