読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

FXにはメンタルがやっぱ大事なのかもしれん

      2017/04/17

以前書いた
素人さんとか自称プロトレーダーのFXブログを見ていて感じたことという記事に関連するんだけど

全然勝ててない素人トレーダーのやりがちなことってのは

・自作の役に立たない手法の研究をブログに偉そうに書く
・毎日「今日はマイナス○○pipsです」と負けトレードばかり載せる
・今日は何食っただの関係ないことを書き始める


という感じ。(見たことあるでしょ?そういうブログ)

独り善がりで、まるで自分がプロトレーダーであるかのように自信家で
そして毎回負けているもんだから、とにかく書くことが暗い。(見たことあるでしょ?そういうブログ)

で、ずっと勝ててなかった人のブログをずっと前にたまたま読んで
その人は僕のブログもリンク集に入れてくれていて
「FXブログを読んで勉強してます」って言ってくれていたんだけど

その人どーなったかな?と思って久々にブログ読んでみたら
「いろいろ考えた結果、読むサイトを整理してみました」とか言って、僕のブログのリンクが消されていた。

まー、読む・読まないはお互いに勝手なのでいいんだけど
そこで僕はピンときた。

僕も昔、稼げない時代に同じようなことをしていたのだ。


素人の自作手法のブログ始めるじゃん。

そしたら、そんなもんで勝てるわけがないので
でも毎日正直にトレード結果を書かなきゃいけないから、負けトレード報告書くじゃん。

そしたら、そのうち(当然だけど)嫌になってくるんだよね。
自分に自信がなくなってくる。

そういうときに「嫌なことを書いてあるブログ」って読みたくないんだよ。

そんなやり方じゃ1万年経っても勝てない!
こんなトレーダーはクソだ!
死んだほうがいい!


という真実が書かれているブログから目を背けたくなるんだよね。
真実から目を背けて、自分の世界ばっかりに浸って
素人が「研究」と称して毎日毎日思いつきの自作手法ごっこを書き連ねている
そんな自分がどうしようもないダメ野郎だということに気づくのが辛くて

だから、臭いものにはフタをする。

つまり、僕のブログは見ない。

他の、歯の浮くような感動的な言葉ばかりが書かれているブログとか
自分に都合の良いことばかりが書かれているブログとか
短期間で素人でも儲かります!みたいなウソッパチブログとか

そんなのしか見なくなる。

なぜなら、そのほうが楽だから。



僕は以前から「FXをするのにメンタルは必要無い」と言い続けているが
いやいや、僕がちょっと間違っていたかもしれない。

人間として基礎的な
最低限のメンタルの強さは持ってないとダメだね。


それが無いと、FXを学ぶという行為自体が続かない。

FXに限ったことじゃないよね。
「入社して3ヶ月で辞める若者」みたいな話がよくあるけど、つまりそういうことでしょ。
何やるにしても、最低限の根性が無いと何も続かない。


だからね、
何でも楽なほうに逃げる人ってのは、もうその時点で終わってるんだよ。

FXも、人生も。


登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
   

 - オススメ記事, メンタル

  関連記事

FXにおけるセドナメソッド活用法 – トレード中の感情を変える一番シンプルな方法1

僕の一貫した言い分として FXにメンタルは必要無ぇ というのがあります。 世の中 …

「勝ち続けられるかどうか」が大事なんでしょう。 ~素人丸出し子ちゃん

最近はあまりありませんが、以前はたまにご批判(というか、ご要望ですね)もいただき …

FXの学習で大切なたった一つのこと

おまいらまずはポチしないでいいから読めよ。(するボタンも設置してないし。) 内田 …

FXにおけるセドナメソッド活用法 – トレード中の感情を変える一番シンプルな方法5

第1回 第2回 第3回 第4回 どうでしょうか、実践している方 そろそろめんどく …

ふるい

ポチポチおじさんがこのブログを気にし出したね。 もうちょっとスルースキルのある大 …

アホいっぱい

今の自分がいて、将来的に「目指す自分」がいて、努力しているとする。 つまり、 こ …

FXでも何でも、負け組は勝ち組の養分となるこの世の仕組み。妬んだら負け。

昔話。 僕のFXの修行時代 もう詳しいことは忘れちゃったけど8年くらい前? 小銭 …

今のは”心のノート”にメモっとけ(デニール・ヤング)

3~4年くらい前のことなのですが、FX手法の聖杯(笑)を求めて旅をしていた頃のお …

ルールを守る理由 ~今日の一言的なアレ8

決して、ブログを書く気が無いわけではありません。。

利を伸ばすFXトレードの考え方2 まんこ

まんこという言葉に意味は無し。 前回のあらすじとしては、一言で言えば 和尚、死ね …


PAGE TOP