トレード上達のための学習法はいろいろと考えてるんだけどね1

FXをやっていく上で、自己分析をしてみると

僕がチャートを見ているときに考えてることと
トレードで全く勝てない人が考えていることでは
たぶん、考えているが全然異なるような気がしている。

よくね、「シンプルなトレードは大事」とか言うんだけど
素人のやることは、シンプルなんじゃなくて「何も考えていない」だけなんだよね。

僕程度のトレーダーとか、もっとすごいトレーダーも個人的にたくさん知ってるけど
プロは「順序立てていろんな想定をしている」という感じ。


最近いろいろと学習法について考えるようになって。

僕がやっているFX勉強会の中でも
今年の1月から「ケーススタディ」という学習法を提案し、僕もほぼ日刊でコミュニティに手本をアップしている。



トレードを1つずつピックアップして
環境認識→5分足トレード と、チャート分析をシンプルに記していくというやりかた。
簡単な単純作業なんだけど、かなり効果がある。

個人的にはすでに数百のケーススタディをしてみていて
僕自身のトレードとか、勉強会内で発信するチャート解説の仕方に良い影響が現れている。

何人もの勉強会参加者にも良い影響を与えている。



手法がどうのこうのという話ではなく
たぶん、トレーダー自身の思考回路とか気づきとかいうレベルで変化が起こる。

なのでこの練習は毎日続けていくべきだと思う。


このケーススタディは毎日続けることに意味がある
スポーツ選手のランニングとか筋トレとか、基礎体力づくりみたいなものだ。
毎日やるのが当たり前だし、毎日やれば自分のプレイに良い影響を与える。

「毎日読んでます」という人がいるんだけど
僕が配信してるのを読んでるだけじゃ意味が無い。自分でやらないと。



でね

僕が話したいのは「ここから先」の話なんだけど
もうこんなに書いちゃったから次回に回す。


あー、話長いね。


次回