サラリーマン的思考ではトレードで勝ちづらくなるんじゃないか

サラリーマンというのはつまり
「1日○時間働いたから○円のお給料をいただけます」ということだよね。
コンビニのバイトも同じ。「時給○円」とか。

じゃあ、それをFXのトレードに当てはめて考えてみると

一生懸命に環境認識をしてシナリオ立てて
待って待って待って待って
シナリオの位置までレートが来て、予測した動きになって
いざエントリー!
そこから利食いを待って待って待って待って
ようやく決済

という流れになって
それで1日8時間働いたとして、1ヶ月でサラリーマンの平均収入を上回るかといえば
そういう人もいるし、そうでない人もいる、ということ。

FXはレバレッジが効かせられるし
もしくは、種銭が多ければ枚数が張れるし
そしたら(上手いトレーダーだったら)大金を稼げるわけで。

逆に資金10万円とかでやっているんだったら、1ヶ月数千円とか数万円しか稼げない。

もしくは、素人トレーダーの思いつきトレードでいい加減に遊んでるんだったら
1ヶ月マイナスで終わったり、口座破綻して終了、となる。

でね。

実は今回話したいのは、そういうことではなく。

○時間働いたんだから○円貰うのが当然

的な考え方をトレーダーがするとロクなことがない
という話。

シナリオ立てたんだけど、もしシナリオ通りにならなくてエントリーできなかったらどうなるか。
チャートの前で3時間待ってエントリー見送りとなったときのガッカリ感。
それでも「これだけ待ったんだから」と「エントリーしちゃう」。
そして要らない損失を出す。

3時間待ちに待って、余計なエントリーをして損失を出したときの精神的ダメージ。

もしくは、3時間待ちに待って
シナリオ通りに動いてエントリーして
エントリーポイントから利益が伸びてきたんだけど、あまり伸びなくて
でも3時間待った分くらいは稼ぎたいと思って粘ったら、結局建値で終わった、みたいな。

3時間待ちに待って、余計な利伸ばしをして建値で終わったときの精神的ダメージ。

コレ、誰しも経験あるじゃないですか。

それじゃトレーダーとしてダメだから
だから「ルールに従って淡々とトレードしましょう」なんだよね。

エントリーも決済も、待ち時間とか関係ないので全てルール通りに行う。

3時間待とうが10時間待とうが、相場にとっては、んなこと全く関係ない。
5分待ってイイトコで入れて50pips取れるときもあれば
数時間待って入ったんだけど、結局数pipsしか取れなかった、みたいなのもある。

時給換算のサラリーマン的思考では、トレードは上手く行かないことが多い。

なので、あくまでトレードはルール通りに淡々とやるのが良い。

今回は20pips取れた
今回は5pipsだった
今回は損失だった
今回はたまたま100pips一気に取れた

とにかくルールに従って淡々とやり続ける。
アホみたいに一喜一憂しない。

これ。

なんだか、まるでFXブログみたい。