読みなよ。

FXで 勝てない人 読みなよ。

FXでの一番の優位性は(正しい方向の努力を)コツコツ積み重ねること。それ以外はクソ

      2017/02/06

教育ママっているじゃない。

あれ見てると虫酸が走るし、大抵の教育ママというのは頭悪そうな顔をしてるんだけど
アンタがしなきゃいけないのは
どこに塾に入れるだとか、どこの進学校に入れるだとかじゃなくて

毎日机に向かう習慣をつけさせること

だよ。

それが子供にとっての一番の財産。
これさえあれば人生なんとかなる。

自分のことを考えてみたらよーく分かるでしょ。

成功しない人間というのは、コツコツ取り組むことができない。
何でも途中で諦める。
自分のつまんない人生を考えてごらんよ。何一つ達成できてないでしょ?

どこの先生に習わせるとか、どこの学校に入れるだとか
そんなことは些細なことだし、
カネかけて習わせたって、できない子はできない。死んでもできるようにならない。

逆に、自分でコツコツ取り組める人間は、どこまでの際限なく伸びる。


このブログ読んでる人はFXに興味があるんだろうからFXの話でいえば

一晩で100万円儲ける方法とか
負けを極力少なくする方法とか
簡単シンプルですぐに使える手法とか

そういうのに大半の人が興味を持っている。

自分の手をできるだけ汚したくないんでしょ?
できるだけ楽してお金を儲けたい。


で、トレードで大損ぶっこいたり、10年FXやって一向に上達しない自分を見て
「ああ、これじゃダメなんだな」とようやく気づいて
そして検証したり、僕のトコみたいな勉強会の門を叩いたりする。

そしたら今度は「検証しろ」「ルールは守れ」「いい加減なことはするな」「長く続けろ」と至極真っ当なことを言われる。

「なるほどね」と思うんだろうけど
どうしようもないヤツになると1週間ももたずに諦めてしまうし
3ヶ月~半年経てば、もっと多くの人が諦めるし

世の中でFXに取り組んで一つの手法を3年間やり遂げるような人は
おそらく2%くらいなんだよ。

98%の人が3年やり続けることができない。


FXでカネを儲けることに、特別なやり方なんてのは無いんだよ。
(素人が作ったクソみたいな手法はダメだけど)

一つのことをコツコツと3年とか、長い間続けられるか、ただそれだけ。

そういうことが出来ないから、アンタの人生はこれまでも、そしてこれからもずっとダメなのであって
親とか学校の先生が「コツコツ続ける」という教育を十分に施してくれなかったことは残念無念なんだけど
そんなこと言ってったってしょうがないから、
これから頑張って、できるだけコツコツ長く続けることを考えなきゃいけないでしょ。

自分がこれまでの人生で何一つ達成できなかったと反省しているのなら
これから死ぬまで、そういうものを「一つ」作ればいい。

もしくは、まーたいつもみたいに諦めて不成功者のままでいるのか。



登録するとブログ更新の通知が受け取れて超便利。メールは特典付き。(説明
   

 - FXの学習法・取り組み方・姿勢, オススメ記事

  関連記事

無駄撃ちばかりしている人からは、そういう思想が感じられない。 ~今日の一言的なアレ2

相場状況が悪かったら「やらなきゃいい」だけなのに、なぜ人はポジるのか。 世界七不 …

利を伸ばすFXトレードの考え方2 まんこ

まんこという言葉に意味は無し。 前回のあらすじとしては、一言で言えば 和尚、死ね …

カスみたいな君へ

僕のやってるFX勉強会に関して言えば。 勉強会に参加する人はいろんな人がいるから …

こういう周りの人の成長が見られるから、FX勉強会ってのはいいんじゃないでしょうかね。

いつものようにFX勉強会参加者さんのトレードをいくつか。 かなりキレイなポイント …

「10pips抜きましょう」は正しいし、最強のトレード手法だと思う

「FX 10pips抜き」とかいうキーワードで検索してみるじゃん。 そしたら、た …

FXトレーダーとして自分の人生を良いものにしたかったら、ネガティブな環境から離れること。

FXで勝てない者同士は、勝てない者同士で群れる。 いろんなトコにいるよね、そうい …

やりたいことをやれよ、まっすぐに。一度きりの人生なんでしょ? 1

習ってる将棋と英語についてはここに書いたんだけど 5月から習うものがさらに増えた …

FXトレーダーの学習法 ~その「以前やったこととの差異」ってのが「気づき」であり「理解」であり「成長」なんじゃなかろうか。

FXブログなのでFXの話をするが トレードの仕方を学ぶときに「先に進むこと」が優 …

※FX勉強会のブログです。途中で読むのやめて閉じないでね。

今週は、僕は全くトレードをしなかった。 なぜかというと、先週は1週間で350pi …

口数が多い人というのは、まず成功しない

「口数」については、これまで何度かブログで書いてきたような気がする。 こんなんと …


PAGE TOP