FXトレードノートの書き方 ~FXで勝てるようになるための1

FXトレーダーはトレードノート(記録・日記)を付けたほうがいい。

ただし、「何のためにノートを書くのか」ということを勘違いしてしまう素人トレーダーが多い。

正しくないFXノートの書き方をしてしまうと、単なる時間のムダになるし、一生FXで勝てるようにならない。

だからね、本気でFXで勝ちたいんだったら僕の言うことはちゃんと聞いたほうがいいよ。

何のためにFXのトレードノート(記録・日記)を書くのかを、まず考えたほうがいい

トレードノートってFXで勝てるようになるための「魔法」じゃないよ

恥ずかしい話。

僕は現在は専業トレーダーとして生活できているが、僕にも修行時代があった。

今からもう10年近く前だ。

「FXで勝ちたいんだったらトレードノートを書くといいよ」と、誰かから聞いたのかネットで読んだのか忘れたんだけど、アマゾンでノートを買って付け始めた。

もうね、そもそもその時点で「間違っている」。今の僕ならわかる。当時はペーペーだったのでわからなかった。

FXのトレードノートなんてのは、目的もなく書いて「書いていれば救われます」みたいな宗教じゃねーんだよ。

トレードノート書いてたら、あら不思議、ある日突然勝ち組トレーダーに大変身、みたいな魔法ではない。

このへんを結構勘違いしている素人トレーダーがいる。

僕もそうだったし、たぶんこの記事を読んでいるアナタも同じだと思う。

FXトレーダーはトレードノートを書きましょう、ってのはそもそもどこで仕入れた情報?

fx トレードノート でググるじゃん。

そしたら、なんか面白そうなサイトが上位に来る。で、リンクを開いて見てみるじゃん。そしたら、

あれあれあれぇ~? なわけ。

明らかにFXで勝ててない(勝ててると嘘こいてる)人たちが「トレードノートを書きましょう!」って言ってる。

アナタがたの収入源はアフィリとか怪しげなFXサークルに勧誘してモノを売りつけることですよねぇ、って。

そこからもう「思考停止」が始まっている。

「トレードノートを書きましょう」ってのは、どこから仕入れた情報なのですか? ネットですか? 投資本ですか? 人から聞いたんですか?

その情報を聞いた相手というのは本当に信頼できる人なのですか?

FXで勝てないからって、思考停止で藁にもすがる思いでトレードノートに手を出そうとしていませんか?

もう一度僕は言う。「トレードノートはただ書けば勝ち組トレーダーに変身できる魔法ではない」。

FXトレーダーは思考する仕事である。思考停止人間では務まらない。

FXトレーダーが思考するためのノート・記録・日記(どれでもいいが)を書く。

ノートはトレードしない。

トレードをするのは人間だ。

もっと正確に言うなら、トレードをするのは人間の「脳」だ。

だから、現状FXで勝てない人が勝てるトレーダーになりたかったら、「ちゃんと考えて」「脳を鍛える」ことだ。

毎日1行でいい。自分がFXについて思考するためのノートを書く。書き続ける。

チャート画像とか几帳面に貼らなくていい。綺麗なノートを作るのは時間のムダ。

手書きがいい。字は汚くていい。

後で読み返すためのノートではなく、書きながら「思考」するためのノートだから。

手を動かして書けば書くほど脳が動き、どんどん思考が進む。漢字がわからなくてもいいし、意味不明な文でもいいからとにかく思考のままに書く。

自分のトレードについて思考するため「だけ」のノートを、毎日書く。

毎日書くと思考が徐々に広がっていく。これについては

以前書いた記事がある。自己完結型の人間にならないこと。

FXトレードノートの書き方(具体例)

まず僕のノートを見せる

僕は(新型)iPad Proを使っている。ただ、高いので買う必要はない。コンビニに売ってる紙のノートで十分。

(iPadを使う場合はGoodNotesというアプリが使いやすい)

個人的な内容しか書かれてないのでモザイクをかけている。

基本的に改行しない。きれいな字で書かない。

思考するままにスラスラと書いていく。独りでバカみたいに喋りながら書くこともある。

何十行も書く日もあれば、1行で終わる日もある。とにかく「毎日続ける」ことが大事。

続けることに関しては以前↑こちらに書いたので省略。

FX勉強会でトレードノートを書いたことを発表する

小さな習慣を毎日続けることが大事。

人間は意志が弱いので、トレードノートを書いたら他人に発表すればいい。

内容を発表するのではなく、「今日も書きました」と発表する。

例えば僕のFX勉強会には、そういうのを発表する場があるので毎日書く。

ツイッターでもいいし、ブログでもいいし、家族に話してもいい。とにかくトレードノートを書くことを続けられる状況に自分の身を置く。

では具体的にどういう内容を書くのか?

トレード画像は保存しておかなくていいのか?

等々は、明日第2弾でまた記事を書く。お楽しみに。