FXトレーダーは「当て物」をしているわけじゃない

素人トレーダーほど「当て物」に走る。

代表的な例が

2016-11-03_153457

グイグイと上昇しているときに「ここが高値かな?」とアホみたいな顔をして頂点からの売りを狙おうとするやつ。

一応ルール通りではあったりする。
でも、ルール通りだって無理なエントリーってのはあるんだし、状況はちゃんと見なくちゃいけない。

念のため言うんだけど
順張りだからいい、逆張りだからダメとかそういう程度の低い話をしてるんじゃない。
逆張りだって安全なトレードはできるし、順張りだって危険なトレードはある。

高値なんてのは「1個」しかない。
高値に行き着くまでの小戻しが10回あったとすれば、9回がハズレでアタリの最高値は1回しかない。
その1回のアタリを取るために9回の損切りをする。

登り坂でやられまくり、頂点まできたときは資金が無くなっていたなんてのは笑い事じゃ済まされない。
トレーダーとしての最大の恥だ。
もうね、素人中の素人。

頂点を狙うなんて博打しなくたって、本当の頂点に当ってから下げてきた戻しで売れば1発で利益になる。(画像の青丸)
そこまで待つことができない。


っていうか
んな失敗なんかしねーよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


って思ってるんでしょ? 偉そうに。勝ててないくせに。

やる人は多い。
素人はチャンスを逃すことを病的なくらい嫌う。

限られた資金を効率的に増やしたい
早く貧乏生活から開放されたい
早く会社辞めたい
夜数時間の限られた時間でトレードしてるんだからチャンス逃せない

で、相場状況を見ずに「トレードしたいから」という自分の都合だけでトレードする。
確実な所まで待てばいいのに「余計な所」で手を出す。


チャートをよく見て、今の状況を確認して
自分の狙うべきパターンが過去チャートの検証から理解できていて
今の相場がそのパターンに合ってるかどうかを見定めて
待って待って待って待って待って待って
相場がそこに到達して
買うんなら下げるのを、売るんなら上げるのを「確認してから」
ようやくその戻しで入る。

戻しが無かったら入らない。
パターンにならなかったら入らない。

忍耐。我慢。

自分の儲けたい気持ち、トレードしたい気持ちではなく
全て相場状況に合わせる。

それ以前に、自分の狙いたいパターンが理解できてないのなら
リアルタイムのチャートなど見てる場合ではなく
習ってる先生の解説や過去チャートを何度も見てノートに整理する。

その全てがフツーにできるようになって、初めて一人前のトレーダーとなる。


絶望した?

でも、そんなに遠い未来じゃない。

「素直な気持ちで」「やるべきことをやっていれば」1年以内に実現できる。
僕が素直じゃなかったし不器用なので数年かかったけど。