これくらいの文章が読めない集中力と情熱の無い人はFXなんてやめたほうがいいし 大事だと思って数分の時間が割ける人は、読むと役に立つかもしれない。

本当に大事なことというのは地味なことが多く
それを言ったりブログに書いたりすると、人の心には届きにくい。

考える力が無いアホウは

寝てるだけで10億円儲ける投資手法!

という謳い文句にコロッと騙されるし

アホウではないが「フツー」のレベルの人は
ちょっと濃い目の味付けをした感動的な言葉にしか共感しない。

ネット上にはウソツキがたくさんおり、そいつらは言葉巧みに甘い言葉でカモを釣る。

非常に丁寧なおとなしい言葉で感動させる文章を書くような人が
実は詐欺師だったりする。
カモから時間とお金を搾取し続ける。


当たり前のことを当たり前に言っているのには見向きもしない。

僕がここで

私が5年間無敗だったFX手法

みたいなのを書いたとして
アクセス数は上がるかもしれないし、多くの人が興味津々で読むんだろうけど
そんなもの、読む人のためにはこれっぽっちもならない。


「手法なんて何でもいい」というトレーダーがいる。

半分正解で半分間違っていると思う。

勝てない手法は勝てない。当然。
勝てない手法を売りつけて、検証させ、多くのお金と時間を無駄にさせる商材屋やセミナー講師が多くいる。
そういうのは絶対にやってはならないし、そういうのに騙されてはならない。

しかし、手法が全てかと言われたら、僕は0.1秒で「違う」とハッキリ答える。

イイコトを教わっても、その後は素直な正しい心で本人が学べるかどうかだし
手法のつまみ食いばかりして「いいとこ取り」だと、手法全体に不整合が生じる。

FXでも何でも、世の中の多くの人は一旦「やろう」を決めた後に「諦める(飽きてやめる)」。

努力曲線、松岡修造の話、努力の壺、いろいろと似たような例え話はあるが
王様に「お前のレベルが上がるにはあと1の経験値が必要じゃ」と言われてるのに
スライム1匹倒すのも面倒で旅を諦める勇者が多すぎる。

その他、学ぶ本人の性格、思考のクセ、その他諸々の事情で
同じ「良い」手法を学んでも、すぐに結果が出る人と遅い人がいる。


僕も「遅い人」だった。
トレードセンスというのは無い。

早いか遅いかなど、どーでもいい。

結果が出るまで努力するのだから、正しく学び、諦めない気持ちが必要。


僕は適当なことは言わない。

これまで僕のFX勉強会で教えてきて、名前は出せないけど
アイツとアイツとアイツとアイツとアイツはダメだと思ったし、予想通り数ヶ月経ったら諦めてドロンするし
この人は良い努力の仕方をしてるから伸びると思ったし、予想通りちゃんと結果を出してるし

経験論として分かったことを、素直に正直にここに書いている。


勝てる手法も教えるけど、その他、勝つための大事なことも教える。

その2つが無いと稼げるトレーダーにはなれない。



これくらいの文章が読めない集中力と情熱の無い人はFXなんてやめたほうがいいし
大事だと思って数分の時間が割ける人は、読むと役に立つかもしれない。