パリス昼豚さんの「FXマイルール」②

非常に大事なことですよ。今日お話しすることは。

ただ、読んでいる全員に伝わるかといえば
前回もお話しした通り、上手く説明する自信が全く無い。

パリスさんはパリスさんの過去の失敗からマイルールを定めて
それが効果を発揮し成功を収めた。

今回お話する僕のマイルールも、過去の失敗から得たもので
じゃあそれが読んでいる人にも当てはまるかといえば、そんなことは無い。
マイルールなんてのものは自分の性格や好みによって異なってくるんだから。

トレードの修行時代、僕はいろいろと間違いをやらかしたんだけども
中でも酷かったのは「ナンピン」だった。

下手なナンピン何とかという投資格言があるが、んなことはどーでもいい。言葉知ってるからといってトレードは上手くならない。

トレードが上手くいってるときはいいんだけど
変な所でエントリーして逆行して、含み損が20pipsも30pipsもなると、もうその時点で損切りしたくなくなる。

エントリーした方向と逆に行くのは自分を否定されたことと同じだから
ムキになって勝とうとする。

数十pips逆行した所でもう一枚ナンピンをする。

それで上手く行けばいいんだけど、そういうときだけとは限らない。
買ったのにグイグイといつまでも落ちていく。
そうなるともう熱くなって「枚数」で勝ちを調整しようとする。

これは一番やってはいけないこと。

さっきまで1枚だったナンピンが1ポジ5枚になり、10枚になる。
海外口座なのでいくらでも持てちゃう。

そして一定の所まで逆行すると口座が破綻する。

暴れる。マウス投げる。キーボードを叩き壊す。
近くにあったコップを投げて割る。夜中に大声を出す。
プリンタをひっくり返す。壁に穴を空ける。そのまま朝まで不貞寝する。

それだけやったのに、まーた翌週同じこと(ナンピン)するんだぜ?バカじゃねーの?と思う。

結局ね、何も考えてなかったんだよ。

ムカツク→ナンピンする→成功する→満足
ムカツク→難平する→口座破綻する→怒る→気が晴れる

これだけで、何が自分の課題なのかを見据えて、それと向き合い、工夫して改善していくことができなかった。

僕が普段ブログで書いている「思考停止はいけませんよ~」という話へと繋がってくるんだけど・・・

じゃ、また2日後のブログ記事で。