パリス昼豚さんの「マイルール」①

「マイルール」の設定というのは大事なんだと思う。

マイルールって何かといえば

トレード技法とか形のあるものじゃなくて
僕が勉強会で教えている再現性のある手法とも違って
「メンタル」なんてものとも全然違うくて

なんとも表現しづらいものではある。

何が表現しづらいのかというと、マイルールというのは各人の失敗の中から生まれてくるものだから
例えば僕が「こういうルールを設定しなさい」と指示したところで
それが万人に合うかといえば、そんなことは絶対にない。

何言ってるか分かんないでしょ?(笑)

僕もね、上手く説明する自信が無い。全く無い。


一例を出すと、パリス昼豚さんの手法の中に「3時間ルール」というのがある。

1日3時間だけ決めた時間にチャートを見て
その中でトレードチャンスが無かったらチャートを閉じる


というもの。

3時間に満たなくても、その日20~30pips取れたらチャートを閉じる

というのもある。


じゃあ、それを実行したら誰でもFXで大金持ちになれるかといえば

んなわけねーよな。


パリスさんはパリスさんなりに失敗して考えて、その結果生まれたのがこういう「マイルール」なわけで
失敗する前からお手軽に答えだけ見て「ああ、こうすれば儲かるのね」って鼻くそほじりながらトレードしてるドシロウトと
どっちが成功者になれるのか

んなこた、小学生にでも分かりそうなものだ。


先日書いた記事でも同じようなことを言ってるんだけども
トレードしているのが人間だから

疲れたり、集中力が無くなったり
思い込みで変な所でエントリーしちゃったり
前のトレードの損失に心を引きづられたり
怠け癖が出てしまったり
ルール外のことをしてしまったり
クソむかついてイラッとしたり

いろいろと想定外のことが起こってしまう(してしまう)。

「俺ってなんて弱い人間なんだ!」と大声で言いながら頭ポカポカ叩いたって状況は良くならない。
いきなり強い人間なんかにはなれない。

じゃあどうするか。

「工夫」すればいい。



じゃ、また2日後のブログ記事で。