口数が多い人というのは、まず成功しない

「口数」については、これまで何度かブログで書いてきたような気がする。
こんなんとか。


口数の多い人というのは成功しない。

僕が適当に言っていることではない。
FX勉強会でこれまで多くの人に教えてきて経験的に理解していることであり
また、僕自身が過去に経験してきたことにも基づいている。

もう一度言う。
口数の多い人というのは成功しない。


僕が修行時代に所属していたSNSにて。

SNSって面白いんだよね。日記とか書けちゃったりする。
だから、ダラダラと毎日まるでmixiに入り浸っているヒマな主婦みたいな感覚で
あーだこーだと 超どーでもいいこと を書く。

今その日記を見ることができるとしたら、
恥ずかしすぎて顔真っ赤になって血圧急上昇して死ぬレベルだと思う。


そういう超どーでもいいことをダラダラと書き連ねていった結果
FXで儲かるようになったかというと

まー、なるわけねーよな。


ウダツの上がらないトレーダーには共通点があって
その中の一つに「とにかく口数が多い」というのがある。

黙って学べばいいのに
黙って手を動かして検証作業をすればいいのに
あーだこーだと とにかくうるさい


そういう「とにかくうるさい」「口数が多い」人間が、今やっている僕の勉強会にも過去何名かいたんだけど
例外なく、ひとり残らず辞めている。
途中で諦めちゃって今はもういない。

このように「儲かりました!」と成功トレーダーになる前に、勝手に自分で辞めていっている。

こないだなんかヒドかったよ。
辞める前に僕の所にメールを送りつけてきて
その内容が、死ねだの呪ってやるだの、逆恨みが何行にも渡って書き連ねられていた。

匿名のメールで本人、バレてないと思ってるんだろうね。

もうバレバレ。お前だろ?


学び方が悪くて勝手に諦めたのは本人。
結果が出る手法を教えていて成功している人も多くいるのに、学び方が悪くて勝手に辞めたのは本人。
全て自業自得。

ブログで何十回・何百回も僕は言っている。

手法も大事だけど「学び方」はもっと大事。

いくらイイコト教えても、学ぶ本人がアホウだとモノにはならない。


結果、口数の多い人間というのは一人の例外もなく辞めていっている。

口数の多い人間というのは病気みたいなもんなんだよ。
精神的なね。

(あ、僕のことじゃないよ。ブログで毎回口数多いですが
僕はFXでは皆さんよりずっと成功していますから。)

「FXの修行時代に」口数が多い人の特徴というのは

・一見、ものすごく努力しているように見えて実はしていない。
・注意散漫。やるべきこと(検証)をせずに、それ以外のどーでもいいことにばかり目が行く。
・とにかく自分勝手な持論ばかりペラペラ偉そうに喋る。FXで勝ててないくせに。
・思考レベルが浅い。独り善がり。
・努力が長続きしない。すぐ諦める。すぐ弱音を吐く。
・非常にメンタルが弱い。1回とか数回負けるとパニックになる。


だから、僕がどんなにイイコト教えてもモノにならない。

モノにならないから焦ってさらに独り善がりな考えになっていく。
自分勝手な理論を構築していく。

そんなんで勝てるようになるわけないので、最期にはワー!ってなって大騒ぎして辞めていく。


もうね、精神病患者そのものでしょ。



気をつけなって。

ま、無駄だとは思うけど。