伝説のKu-chart勉強会の思い出【被害者たちの叫び】

あれは2011年の初めだった。

東京の某所でku-chart(クーチャート)勉強会というのが開催された。

参加者は錚々たる顔ぶれだった。

  • ku-chartの生みの親であり伝説のスキャルピングシステム「GodSpeed」を開発したくーちゃん氏
  • Metatraderプログラマであれば必ず目を通すべき神サイト「とあるMetatraderの備忘秘録」のfai氏
  • 専業システムトレーダーでありの勉強会の主催者であるPhai氏

僕も参加した。僕はその頃は専業トレーダーではなく、東京でサラリーマンをしていた。

講師によって惜しげもなくKu-chartやKu-matrix等の様々な知識が披露・伝授され、白熱した勉強会だった。

僕は鼻息を荒くしながら「すげー」「すげー」言って参加していたのを覚えている。

 

とりあえず「Ku-chartを使うのはやめとけ。」FXトレーダーとして死ぬ。

みんなKu-chartでは勝てずに疲弊している

僕の所にもSOSのメールが届いている。

専業トレーダーである僕は2013年からFX勉強会を開いてトレード手法を教えている。

FXで3年も5年も10年も勝てない勝てないと悩んでいる人が、僕の元を訪れる。

Ku-chart研究に時間だけを搾り取られた被害者は多い。

 

Ku-chartとか通貨の強弱ってのは何なのか

Ku-chartとは、こんな感じで通貨の強弱を探るインジケータ。

FXというのはそもそも外国為替証拠金取引(Foreign eXchange)のことで、FXの世界はexchange(両替)で成り立っている。

「今はEURに資金が集まっている、だからEURが強い。一方、USDは弱くなっている」みたいな状況だとEURUSDの通貨ペアのレートが上昇してくる、という感じ。(簡単に言うと)

通貨の強弱という考え方は、使える。優位性は存在する。僕も過去に使っていた。否定はしない。

RSIを使った単純明快な通貨の強弱判別法「パワーバランス」を使って、僕は以前は月に1000pips以上稼ぐトレーダーだった。

その経緯は↓こちらの記事にも少し書いた。

正確には最高獲得pipsが月間1244pips。体感的にはもっとイケると感じた。FXは慣れれば「クリックゲー」なので。

でも、ずっとチャートに張り付くのはバカみたいだし疲れるし、FXトレーダーとしては非常に低レベルな姿だと思ったのでやめた。

確度の高いエントリーポイントを掴めば、あとはロットを上げてトレードすればいい。月間数百pipsで足りる。そのほうがトレーダーとしては格が上だ。

チャートから離れて出来た時間でもっと人生を楽しめばいい。

(楽しみがてら、趣味でFX勉強会を立ち上げてしまったが・・・。)

 

Ku-chartを使って素人がFXで勝てない理由をズバリ

FXはエントリーポイントが全てである。

稼げない素人トレーダーはエントリーポイントがわからない。(適当だ)

プロのトレーダーから見ると、とんでもない所でエントリーしている素人が多い。

「アホか、死ぬぞ?」って所でアホみたいな顔をしてノープランで何も考えずに適当に入る。そして資金を減らす。

この世には、パワーバランスとかKu-chartで通貨の強弱さえわかれば大金持ちになれると勘違いしているバカが多い。

素人トレーダーは楽をしたがる。大抵が努力しない。怠け者。

  • 裁量トレードは疲れるから、楽そうなシステムトレードをやろう
  • 通貨の強弱をはかる神インジケータがあるみたいだ
  • それを研究して俺も金持ちになろう

この流れでみんなKu-chartに騙される

その前にトレーダーとしてやらなければいけないことがある。山ほどある。

大きな時間足での環境認識、ツール(トレンドラインやフィボナッチ等)の使い方を学ぶ、過去チャートで膨大な時間をかけて検証する、リアルタイムでトレードの経験を積む、自分のトレードを見直して反省する、等々。

怠け者の素人は、このような努力を避ける。努力をしない者が金持ちになれるわけがない。小学生でも知っている。

っていうか、そもそもプロ仕様の「勝てる手法」を持っていなければいけない。が、素人が独学でそれを編み出すのはほぼ不可能だ。

僕がFXの独学を勧めない理由は↓こちらにも書いた。

通貨の強弱は「おまけ」だ。勝てるトレーダーが、自分のトレードの精度を向上させるための「ちょっとした」ツールに過ぎない。

通貨の強弱は奥義ではない。聖杯ではない。

それを「聖杯さえ手に入れればFXで勝てるようになる」と素人の浅知恵で考えた時点で、アンタ、それはね、死亡フラグなんだよ。

 

Ku-chartに殺された人たち

Ku-chartでググってみると

  • 万年「研究中です」という万年勝てないトレーダー
  • 飽きちゃってブログ更新が止まってるトレーダー
  • 「こんなに勝ててます!」と胡散臭いEA販売に精を出しているアフィリエイター

しか検索結果に出てこない。

もしくは、

2015年に「まじめに(笑)」Ku-chartの研究をしていた人が

今では流行りの機械学習に手を出して「くすぶっている」。

3年以上のムダな時間を、ちゃんと努力して裁量トレードの学習に費やしていたら、今頃脱サラして南国でのんびり暮らせていたかもしれない。

もしくは、

2017年からKu-chartの研究(笑)を始め、

早々に諦めて今ではmmbotなる、どうせ儲からない怪しげな自動売買に手を出している者。

もしくは、

4年も昔に、哀れに苦しみながら寂しく死んでいった者。

 

正しい方法で、正しい努力をしない人は報われません。

Ku-chartはこの世から根絶するべきだし、素人トレーダーは楽をせずにしっかり努力して成功者への道を進むこと。