FXトレード記録の書き方 ~FXで勝てるようになるための2

前回は「FXにおけるトレードノート(日記)の書き方」だった。

今回は「トレード記録」。意味が異なる。

専業FXトレーダーである僕は日頃から言う。

FXで勝てるようになるためには「手法も大事だけど、学び方も大事」。

なので、この2つは両輪になっている。どちらか一方だけだと機能しない。

今日はそんな話。

(↓前回)

 

FXのトレード記録って書かなくていいの?という疑問

FXの反省・学習をするために「負けトレード集」を作ってみる

前回僕は「トレードノート(日記)」を書きなさい、と言った。

丁寧な字で書かなくていいし、後から見返すために時間をかけて美しく書かなくてもいい。

書くことで思考することが大事。

感情ではなく、思考することで質の良いチャート分析やトレードができるようになる。その訓練。

じゃあ、日々のトレードの反省・分析はどうしたらいいの?という疑問。

負けトレードを収集する「Dieジェスト」というのがある。FX勉強会の中でも、この言葉を使う人が結構いる。

トレード記録・トレードノートの書き方=美しくしない

恥ずかしい話をする。

僕は日頃から「FXは学び方が大事ですよ~」って言ってるんだけど、これは僕の過去の経験から来ているもの。

僕には収集癖があった。

FXの修行時代に、所属している勉強会の専業トレーダーたちのトレード報告をせっせをコレクションしていた。

トレード報告が勉強会内にアップされると、その部分をプリントアウトしてノートに貼ったりファイリングしたり。

で、時間をかけて作った美しいノートを見てウットリしていた。

で、それが役に立ったのかというと、全く役に立たなかった。

1年半、それをやっていたが、FXで全く勝てるようにならなかった。

前回の記事で僕は言った。「ノートはトレードしない」

トレードをするのは人間だ。だから、トレード記録はノートではなく自分の「脳」に叩き込まなきゃいけない。

せっせと時間をかけて美しいトレード記録・トレードノートを作ったって、ソイツがチャート分析をしてくれるわけじゃないんだから。

 

FXにおける「負けトレードパターン集」の作り方・使い方

トレードの反省に手間を掛けない、コレクションしない

FXトレーダーにとって、負けトレードパターンの認識というのはとても大事。

「俺、いっつもここでやらかすんだよね~」というのが「何となくそう思ってる」から「明確にわかる」状態に持っていく。

過去の僕がやっていたような美しいノート作りは必要ない。時間のムダ。他人のトレードとかコレクションしない。

その日、負けトレードがありました、と。

そしたら、MT4のチャートをキャプチャして「Dieジェスト」って書いてあるフォルダにさっさと入れればいい。

形式的で面倒なことはできるだけしない。

日付、通貨ペア、保有時間、エントリー日時、決済日時、獲得pips数、ポジ保有中の感情、等々、細々としたことはできるだけ省く。

必要なことだけ書く。(日付とpips数くらいは書いといたほうがいいかもしれない。あと、ちょっとしたメモも。)

とにかく実践。

教わったルール通りに素直にトレードをしてみる。負けたらDieジェストに画像をポンポン突っ込む。

FXで勝てるようになるには「長く続ける」ことが必要。

一晩で勝ち組トレーダーにはなれない。

トレードを何ヶ月・何年もして練習・訓練して、そしてようやく一人前になる。

だから1回のトレードの反省にトテツモナイ手間を掛けるんじゃなくて、トレードそのものを「長く続けなきゃいけない」

だから僕は「綺麗なFXノートを作るな」と言っている。

それは今回教えているトレード記録だけじゃなくて、前回言ったトレード日記でも同様。

手間と時間が掛かりすぎると、手間を掛けない場合と比べて、FXを学ぶのを途中で挫折する確率が格段に上がる。それだと意味がない。

トレード記録(負けトレードパターン集)をどう使うか

事あるごとに眺める。

修行時代の僕が失敗したのは、1回のトレード記録を作るのに時間を書けすぎたことと、もう1つ原因がある。

それは「ノートを作ってオシマイ」だったこと。

時間をかけて超絶美麗トレード記録を作る。で、作った直後はウットリして眺める。

で、何度も見返すかといえば「永久にほったらかす」。また次のウットリノートを作り始める。

これではトレードスキルは永久に向上しない。

事あるごとにDieジェストフォルダを開いて、そこにあるトレード画像を眺める。

声を出すのがいい。「この負けパターンは昨日もやったなぁ・・・」

また後日、Dieジェストフォルダを開いて眺める。すると、前回とは違った気付きが生まれる。

「あれ?この負けパターン、何ヶ月か前にもやってなかったか?」

そして数ヶ月前の負けトレードを見つけ出し「やっぱりな。」で、自分の知らなかった自分のクセに気づく。

人前で発表するのもいい。

僕のFX勉強会では、トレーダー仲間がオンラインで話せる「座談会」ってのがあるから、そこで話せばいい。

「いやぁ、自分の負けパターンに気付いたんですよ~」

そしたら、さらに気づきが生まれる。メタ認知というやつだ。

「あれ?自分のこのクセは、あの日のトレードにも影響してるんじゃないか?」「やっぱりな。」

負けトレード分析というのは、長く続ければ続けるほど、トレーダーにとって有利に働く。

過去の僕が失敗したように「1回やってオシマイ」ってのは、もったいなさすぎる。